株式会社シベスピ 従業員ブログ

シベスピの社員ブログ。技術・想い・経験沢山書いていきます!

自分の力はどんなもの?

久しぶりにブログを書かせてもらいます、鎌野です。

暑いですね。
この記事を書いているときは、ちょうど夏真っ盛りということもあり、
部屋ではクーラーをつけないと体がとろけそうです。
夏といえば、甲子園。
テレビをつけると高校野球が中継されており、これを見ると夏だなぁと
感じる人も多いと思います。
こんなことを思うとは、もういいおっさんですかね。

スポーツにおいて自分の実力を把握しておくことは非常に大切です。
自分の実力を把握することで、体力配分や戦略・駆け引きの判断材料と
なります。

仕事においても同じことが言えます。
自分の実力を把握することで、スケジュール調整や自分にできるかどうかなどの
判断材料となるからです。

自分の実力を把握するためには

自分の実力を把握するためには、どうすればよいでしょうか。
私の提案する方法としては、「時間を計る」です。

1つの頼まれた仕事に対して、まず自分ならどれくらいでできるか予測しましょう。
そこでの予測は、余裕を持たせた予測ではなく、ギリギリの時間で予測してください。
これは、自分の実力を計るだけなので余裕を持たせた予測は必要ありません。

次に頼まれた仕事をこなしてください。
ただし、時間を計っているからといって焦って仕事はしないでください。
いつも通りでお願いします。

仕事が終わったら、自分の予測した時間と実際に作業した時間でそれくらいの
開きがあるかを確認してください。

この方法では、下記のことがわかります。

  1. 頼まれた仕事の難易度と量であれば、自分ならどのくらいの時間でできるが把握できる。
  2. 自分が理想としている実力と現実の実力に差があるかが把握できる。

自分の作業スピードの把握

自分の作業スピードの把握をすることで、まずは自分なりの物差しとなります。
他の作業を振られたときに、その物差しを使ってどれくらいで完成できるかを予測することができます。

ただ感覚でどれくらい時間がかかるというよりも、時間を計った作業がこれくらいの時間だから
今回頼まれた作業はこれくらいかかりそうだ、と考えたほうが正確かつ理論的になります。

自分の理想と現実

1.予測した時間 > 作業時間
作業に対して、見積もりが甘くありませんか。
自分の実力が思った以上に高かったことはいいことです。
ですが、それに見合った見積もりができていません。
見積もる力をつけるようにしていきましよう。

2.予測した時間 = 作業時間
作業の時間配分や今の自分のことを把握できています。
他の違った作業の時も、どれくらいなのか計ってみるのもいいかもしれません。

3.予測した時間 < 作業時間
どうして遅くなってしまったか考えましょう。
原因があるはずです。
そもそも、最初の予測時間の見積もりが甘かったのか。
それとも、作業中に思った以上に時間がかかることがあったのか。
こうして原因を理解・分析することで、次につなげる工夫ができます。
このようにして仕事の質を高めていきましょう。

自分の振り返り

今回は私なりの一例を挙げさせてもらっただけで、
他にも自分の実力を計る方法はいくつもあると思います。

自分を知ることで、対策も立てることはできます。
自分を知っているからこそ、他のメンバーの凄さなどもわかるかもしれません。

これを機会に、今の自分の正確な実力を計ってみてはいかがでしょうか?
何か新しい発見があるかもしれません。
これを見ていただいている方の今後に生かせてもらえればうれしいです。

自己紹介+α

こんにちは。7月に入社しました、大場です。
まず軽く自己紹介をします。

1994年生まれの東京都葛飾区出身。
中学高校は女子校という外見は華、内面はおっさんの集いの中で過ごす。青春全てを勉学につぎ込んだ結果、勉学と殆ど関係がなかった情報セキュリティに興味を抱き、大学は晴れて理系(情報専攻)へ進学。
大学へ進学後初めて入った友達のグループがギャンブル、酒タバコ大好きパリピ集団だった為、影響を受けて碌に勉強をせずに大学生活を終了。徐々に性格も捻くれて変わったのはまた別のお話。
大学院入試を受け、合格したにもかかわらず結局進学せずとよく分からないことをやってました。
今思うと、大学内の貴重な講義をもっと真面目に受ければ良かった...勿体ない事をしたなと物凄く後悔しています。

そんな私も2018年5月に研修生として入社、7月に晴れて正社員になりました。


そろそろボロが出s...折角この記事を見てくださっているので少しはタメになるようなことをお話ししようと思います。

ITに関して何も業務を行った事がなかったので、未経験者として5月に研修からスタートしました。
研修内容は大まかに「SQL,java,webアプリケーション開発の3つをスケジュール内に終わらせる」といったものでした。
SQLは調べ方がたまたまよかったのか自分が想像してたペースより早く進み、スケジュールも前倒しで行えていました。
「お?これは幸先いいペースじゃん!₍₍ ᕕ(´ ω` )ᕗ⁾⁾」と内心ウキウキ&研修ライフもハレルヤと正直浮かれていました。(この時まさか崖っぷちに立つことになるとは知らずに...)

スケジュールを前倒しにしながらjavaの課題に入りました。
序盤は大学でプログラミングを少しやっていた恩恵もあり、前倒しをキープしながら進んでいました。
中盤に入ると、流石に序盤の様にやさしい(?)問題ばかりではなくなり、徐々に複雑な問題が多くなっていきました。
それに伴い徐々に雲行きが怪しくなり始めてきたものの何とか終了。

ホッとしたのもつかの間、ここから地獄を迎えました。
終盤は100問の問題を解くといったシンプル(ハード)なものでした。
java研修は課題に沿ったプログラムを制作していく形式だったので、元々プログラムを組むのが得意ではない私は、軽く心の中でショッカーの如く奇声をあげていました。
複雑な問題はそんなに多くないですが、何より量が多い...と思います。因みに私は量より複雑な問題にどっぷりと嵌り、前倒ししてた日数を全部捧げ、尚且つ遅れを発生させました。
きっとプログラム組む時に苦戦しない人はスラスラ解ける問題ばかりだったのでしょう...ぐぬぬ

java課題を終了した時には2日遅れでした。
ここは研修内で2番目に辛かった..._(┐「ε:)_


個人的に関門だったのは「webアプリケーション開発(以後鬼畜ラウンドと呼ぶ)」でした。
webアプリケーションを制作する為に必要なアプリケーションを聞いたことも触ったこともなかったので、本社に置いてある参考書を全部ひとり占めして問題に取り組んでいました。

「じぇーえすぴーって何?」「さーぶれっとって何?おいしそうな名前だなぁ」「びーん?また食べ物みたいな名前が出てきた」と最初に思うくらい知識が無い状態だったので、まずアプリケーションを動かしてみる事から始めました。
苦戦しながらも何とかアプリケーションを動かせるようになったので、「さて!課題を始めるか!」と意気込んでプログラムを制作していったら、動かない...。動いたとしても自分が想定していたのと違う動きをしている...。
自分で原因を調べても分からない事だらけの状態だったので、社員さんを沢山呼んで沢山質問をしました。(お忙しい中本当にありがとうございました...!)

鬼畜ラウンドでは、
プログラム作成→動かない→質問→プログラム再作成→動かない
の繰り返しでスケジュールもさらに遅れ始め、焦りと絶望と苦しみの3重苦に縛られてました。
一時期12日遅れをした時は「あ、もうこれ無理じゃん」と諦めモードに入りかけました。(メンタルもだいぶ削がれたのは内緒。)
けど、
「ご縁があって研修生になれたのだから、ここで諦めて正社員の道を閉ざすのは勿体ない。」
「もっと粘ればスケジュール内に終わらせられて無事に正社員になれるかも。もっとあがかないと。」
と自分に言い聞かせ、夜遅くまで残り運良く土曜日も出社できて、何とかスケジュール内に研修内容を終わらせました。


正直私みたいな完全未経験者にとってはこの研修は凄く苦しいと思います。(私だけだったらとても恥ずかしい)
もしかしたら私の様に「諦めよう」と思うことがあるかもしれません。
けど頑固なシミの様に粘れば何とかなります!
もし諦めかけた時、今苦労した分後は楽になると考えてみて下さい。
...ほら、頑張ろうという気持ちが少しでも湧きませんか?
湧いたならもう少し頑張ってみましょう( ・ㅂ・)و

締め方が分からないので無理やり終わらせます。
このブログを読んで、今後研修を行う予定の方に少しでもお役に立てられたならうれしいです!


最後に一言。
声を大きく高らかに言います。
もう二度と鬼畜ラウンドやりたくない!!

肘の痛み

こんにちは。北海道から東京に出てきて2度目の夏を迎えましたが、東京のうだるような暑さとクーラー冷えた室内の温度差で夏バテ気味の船場です。
さらに今年の夏は、夏バテの他に身体に異変が。。。
それはとある業務中にやってきた左肘の痛みです!
はじめはピリピリと痺れる感覚で、肘を長時間机についていたから腕が痺れたのかと思っていましたが、時間が経つにつれ徐々にズキズキと痛み出し、遂には机に左肘をつけられないほどの痛みに変わっていったため、応急処置で左肘の下にハンドタオルを敷き、その日は凌ぐことに。。。
左肘を机につけなければ痛みや違和感もなかったので、業務終了後は特に気にならず、明日になればまたいつも通り作業ができるだろうと思っていました。

次の日職場に着き、いつも通り業務を開始すると「思ってたとおり、肘痛くない!」と思いましたが、ものの30分程で左肘が痛み出してしまい、またハンドタオルを左肘の下に敷いて凌ぐことになってしまいました。。。

対策

帰宅後にネットで検索してみると、「肩こり」、「腰痛」、「肘の痛み」、「手首の痛み」等々パソコン仕事をされている方々の健康の悩みがヒット!
いろいろと調べてみると、どうやら私の左肘の痛みは、椅子の高さが合っていなかったことと、体からキーボードが離れすぎていたことが要因になっている可能性が高いことがわかりました。
椅子の高さは、肘を90度以上にして腕が机に乗るぐらい。キーボードは机に腕を乗せたときに自然に手が届く位置に配置されているのが良いという内容の記事が多かったため、実践してみました。

すると、肘への負担が減ったことが感じられました。1度肘の痛みを発症してしまったせいか多少痛む時はありますが、日が経つ連れ痛みの強さも弱まってきています。
今回の肘の痛みで、姿勢を正して作業することの大切さを感じました。

皆さんにも姿勢には気をつけて、健康を維持していきましょう。

須田のプロフィール

出身

群馬県

生年

1988年

経歴

ゲームが好きだった幼少期から、「ゲームを作る人になりたい!」と思っていたものの、家から通える範囲にゲーム系の専門学校もなかったため、情報系の学科を志望。
いざ受験となった時、親に「情報はダメだ」と止められ、電気系の学科に進学しました。
学生時代はperlを使って掲示板・チャットを作ったり、Flashゲームを作ったりして遊んでいました。

プログラミングで何かを作ることを諦めきれず、就職先はIT会社を選択しました。
就職後は8年間、オープン系の開発をしていました。
現場も工程も言語も様々な経験を積ませてもらいましたが、思うところあって転職を決意し、2018年7月からシベスピにお世話になっています。

趣味

舞台鑑賞(月1~2回程度)
ボルダリング(初心者ですが)
裁縫(手縫いで小物を作るのが好きです)など。

一言

興味が湧いたことは一度はやってみることにしています。

小橋のプロフィール

自己紹介

はじめまして。
6月に入社しました、小橋です。
好きなことはたくさん、誇れる特技は特になし、弟がいると言うと納得される性格です。
前職では、医療機器関連ソフトウェアの開発をしていました。
心理統計学の実習で少しかじった程度のプログラム経験でシステム開発の世界に飛び込みましたが、上司をはじめとする周りの方々のお力もあり、前職には6年間と少し在職させていただきました。
シベスピでは、同じシステム開発といえども、これまでとはだいぶ毛色が異なる領域・作業環境(特に実機が作業場にないところ!)にそわそわしながら仕事をさせていただいています。

スピーチの作戦とネタばらし(もしくは怪我の功名)

特に目を引く経歴を持ち合わせてないので、先日社内で行ったスピーチの話をしようと思います。
早々に余談に突入です。
非常に個人的な部分もありますが、ほとんどがスピーチや人前で話すときに役立つテクニックです。
なので、許してください。

人前で話をするのは元来苦手です。
緊張すると涙が出るし、どもるし、面接も面談も人前でのスピーチも嫌いです。
しかし、いつまでも苦手だと逃げているわけにもいかないので、作戦を練ってみました。

ここ半年、自分の印象について考える機会が多くあったため、今回のスピーチでは、人の印象と見た目をテーマにしました。
まず、以前受講したロジカルシンキング研修の資料を読み直し、情報のまとめかたを確認。
ピラミッド構造を意識して組み立てていくことに決めました。

主題の根拠となる資料や数字を確認して、レポート用紙にまとめます。
レポート用紙に記述する際は話す順番とスピーチ全体の構成を意識しますが、口語や文章にはしません。
口語や文章で原稿を作ってしまうとただの音読になってしまうので、話す内容をブロックごとに箇条書きにします。
ただし、最後に話す締めの部分だけはかっちり固めました。
スピーチの際にはこの締めを意識して話を収束させていくようにします。

また、今回の主題は印象と見た目の話だったので、話の内容に合わせてしぐさをつけようと考えていて、レポート用紙への記述と同時に話すときのしぐさを考え、内容としぐさを紐づけました。
これには、しぐさを付加することで、スピーチの内容をエピソード記憶にして覚えてしまおうという魂胆もあります。
最後に、レポート用紙にまとまった内容を3分におさまるように調整し、同時に話し方としぐさの練習をします。
スピーチの内容はなかなか満足できるものになりました。
ここまでが作戦。

ここからはネタばらし。
作戦と大仰な言葉を使いましたが、内容の調整までたどり着いたのが当日の昼休み。
内容には自信がありましたが、喋る練習は不十分で、人前で話すことに対する苦手意識も変わらず。
気持ちは焦るし、きっとまともに喋れないだろうなと感じていました。

本社への帰り道での同僚との会話をきっかけに、いっそのこと開き直ろうと思い立ち、スピーチや演説が得意な前職の上司の真似をすることに決めました。
以前観察した元上司のスピーチを思い出しながら、自信を持って話す、目線を下げない、早口にならない、笑顔で、仕草はやや大仰に...
真似を通り越して、いっそなりきるくらいのつもりでスピーチを始めました。

思っていたよりもすんなり話し始めることができたのですが、目線が定まらずに泳いでしまっていたので、内心焦っていました。
そこで、冒頭で程よくリアクションをしてくれた正面やや左側に立つ同僚を話し相手だと思い、彼と話しているつもりで終わりまで話し切りました。
卒業論文の口頭試験の際に教授にいただいた「僕にだけ話したらいいよ!」というアドバイスを思い出して実践してみました!)

話の根拠と締め方はしっかりと固めてあり、スピーチに目標があったこと、しぐさと合わせて内容をきちんとインプットできていたことも相まって、無事スピーチを終えることができました。
結果としては褒めていただけたのですが...怪我の功名とはこのことだと実感しています。

余談の余談

自己紹介を投げ出してスピーチの話をしましたが、ここからは更に余談です。
先日、口頭での業務報告をした際には業務報告書を目で追って読んでしまい、なかなか散々な報告になってしまいました。
原稿は用意しないことが、案外重要みたいです。

神田のプロフィール

自己紹介

出身地:福岡県福岡市
生年:1991年
趣味:筋トレ

経歴

大学時代

 大学では、情報技術を研究するサークルに入りゲームプログラマーを目指してゲーム開発を行う日々を過ごす。
 就職活動を視野に、グラフィック方面に特化することを決め、DirectX9を用いた三次元コンピューターグラフィックスのプログラムに特に力をいれる。

 サークル引退後は、サークルで身に着けたゲーム開発スキルを武器に、ゲームプログラマーの就職活動を行う。
 就職活動は驚くほど早く終わり、4年生の4月には研究室での卒業研究に没頭することになる。

 大学の研究室ではさらに一歩踏み出すためDirectX11を研究することを決め、平日は自主的に研究室で寝泊まりし、土日だけ自宅に帰る生活をする。
 卒業研究ではDirectX11の新機能を使用した開発を行い、標本分布シャドウマップ(Sample Distribution Shadow Maps)という技法を再現した。
 こうしてプログラミング漬けの大学時代を終え、新卒ではゲームプログラマーとして社会人をスタートする。

社会人

 新卒で入った会社では、主にアーケードゲームの開発を行っていた。
 プログラマーという立場だったが、エンドユーザーが求めている物を理解するべく、市場でゲームをプレイしユーザー目線の考え方を取り入れた企画提案で貢献する。

 一方で現場で使用されている技術が古く、将来的に開発中のゲームの寿命が来た時、プログラマーとしての立場に危機感を覚え、転職を決意。
 現在に至る。

【C#】YouAreAnIdiot【Windowsフォームアプリケーション入門】

御託

こんにちはIskです。
最近生まれて初めての胃腸炎をやりました。フラフラしながら吐いたのは大昔インフルエンザをやった時以来でしょうか。冷凍ささみのせいかと思いましたがそれなら食中毒だろという気もするので結局原因不明でした。

さて、このWindowsフォームアプリケーション入門では、毎回何かしらのアプリケーションを作りながらFormアプリケーションの作り方を学んでいくのが目的ですが、今回はFormの中でもよく使う(出典:Isk)けどちょっとややこしい(出典:Isk)動きをする「Timer」を使っていきます。懐かしのブラクラ「YouAreAnIdiot」モドキを作りながらやっていきましょう。

概要

Timer(System.Windows.Forms.Timer)は、一定時間ごとにイベントを繰り返し発生させるコンポーネントです。イベントにメソッドを割り付けることにより、一定時間ごとにメソッドを実行できるようになります。要は一定間隔で関数を繰り返し実行させることができます。

プログラム

おなじみプロジェクト作成後の画面になります。(デフォルトのウィンドウサイズが大きくなってましたがPCをWindows10にしたのが関係してるのでしょうか)
f:id:chivsp:20180723000918p:plain


ウィンドウサイズを調整した後、「ツールボックス」から「Label」を選択してフォームに貼り付け、下記のプロパティを設定します。

プロパティ名 設定値 概要
Name lblFace 変数名になります。
AutoSize False ラベルのサイズを手動で調整可能にします。
BackColor White 背景色を白(#FFFFFF)にします。
Dock Fill ラベルをウィンドウ全体に引き伸ばします。
Font Wingdings, 128pt 絵文字用のフォントを使用します。
ForeColor Black 文字色を黒(#000000)にします。
Text JJJ 絵文字フォントの顔に相当する文字を指定します。
TextAlign MiddleCenter 文字を中央に表示します。

f:id:chivsp:20180723000914p:plain


ツールボックス」から「Timer」を選択してフォームに貼り付けます。
f:id:chivsp:20180723000910p:plain


デザイナの下部に「timer1」と表示されるので、下記のようにプロパティを設定します。

プロパティ名 設定値 概要
Enabled true タイマーの有効にします。
Interval 1000 タイマーを実行する間隔(ms)です。


デザイナの下部の「timer1」をダブルクリックするとコードエディタに移動し「timer1_Tick」関数が追記されるので、下記のようにコードを記載します。

private void timer1_Tick(object sender, EventArgs e)
{
    // メソッドを実行するたびに顔文字の色を反転させる
    if (lblFace.BackColor == Color.Black)
    {
        lblFace.BackColor = Color.White;
        lblFace.ForeColor = Color.Black;
    }
    else
    {
        lblFace.BackColor = Color.Black;
        lblFace.ForeColor = Color.White;
    }
}


実行すると次のような感じになります。
f:id:chivsp:20180723000907g:plain

御託2

正直これだけだとTimerの利点があんまり見えないなと作ってから思いました。一定周期で最新の情報を取得したりするほうがよく使用されるでしょうか。いろいろ触ってみて便利な使い方を見つけて貰えば良いと思います。(丸投げ)
便利なTimerですが、実はこれに機能を盛り込みすぎるのも危険です。

Timerを使用する際の注意点

Windowsフォームアプリケーションは「イベントドリブン」、簡単に言うとボタンクリックなどのユーザー操作によって処理が行われる形式となっています。これによりイベント時(ボタンクリックなど)に実行される処理の時間が長いと、処理が終わるまでフォームがフリーズしてしまいます。
Timerもボタンクリックなどと同様にイベントを発生させ処理を実行しています。なのでTimerでも時間のかかる処理を行うと、その処理中はフォームがフリーズしてしまいます。

またTimerの動きは「処理が終わるたびに一定時間待機し、次の処理を実行する」のではなく、「一定間隔ごとにイベントを発生させる」です。つまりTimerで行っている処理が終わっているかどうかは関係なく、一定時間ごとにどんどん処理を実行します。これは「実行間隔 > 処理時間」の時は良いですが「実行間隔 < 処理時間」になると、処理が終了したあとすぐに次の処理が始まることとなり、フォームがフリーズし続けることになります。(スレッドを作成しているわけではないので、処理を実行中にまたその処理を実行するということにはなりません)
Timerに限った話ではないのですが、時間のかかる処理は別スレッドで実行(BackGroundWorkerやasync/await)するなど、フォームがフリーズしないように注意する必要があります。(マルチスレッド化は奥が深すぎるのでここでは触れません)

おわり

今回はTimer(System.Windows.Forms.Timer)を使用しました。便利さよりも厄介さがにじみ出る記事になっていますが、それだけドツボにはまりやすいコンポーネントということです。Windowsフォームアプリケーション初心者やプログラミング初心者は、スレッドやイベントの区別がついていなかったり、特に考えずコンポーネントを使用するのでなおさらです。
実はTimerにはいろいろな種類があり、それぞれメリットデメリットがあるのですが、それはFormアプリケーション入門以外の所でできればなと思います。

次回もFormでよく使うコンポーネントで何かしらを作っていきます。(つまり考えてない)