株式会社シベスピ 従業員ブログ

シベスピの社員ブログ。技術・想い・経験沢山書いていきます!

【objective-c】iOSアプリ開発超初心者講座【Xcodeインストール編】

どうも!松尾です!

日本国内でのiPhone普及率をみて、「自分もアプリ作ってみたい」と思っている人は結構多いんじゃないかと考え、復習がてら簡単なアプリを作るとこまで書いていこうかと思います。
今回はiOSアプリを作る環境を整えるところまでやっていきたいと思います。

用意するもの

Mac(空き容量が6GB以上必要)
・コーヒー

導入手順

まずは、iOSアプリを作るための開発ツール「Xcode」をインストールしてもらいます。

「AppStore」を開いてもらい「Xcode」と検索
f:id:chivsp:20180305065822p:plain
Xcode」(青いボードとトンカチのアイコンのやつ) を「入手」→「appをインストール」

f:id:chivsp:20180305065833p:plain
appleのパスワードを入力し、コーヒーを飲みながらインストールを待ちます。
f:id:chivsp:20180305065931p:plain
他のアプリ同様にLaunchpadにいますね。
f:id:chivsp:20180305070750p:plain
インストール完了まではクソ長いですが、まったり待っててください。

インストールが完了したら「Appstore」の「入手」ボタンが「起動」ボタンに変わっているのでクリックして「Xcode」を起動します。
f:id:chivsp:20180305081146p:plain

起動すると以下の規約画面が表示されると思うので「Agree」で同意します。
f:id:chivsp:20180305073700p:plain

すると、Macのユーザー認証が求められるので、パスワードを入力し「OK」ボタンをクリックします。(多分2回求められます)
f:id:chivsp:20180305081450p:plain

認証すると、必要な部品がインストールされますので、少々待ちます。
f:id:chivsp:20180305075748p:plain

インストールが終了すれば、Xcodeの初期画面が表示されます。
f:id:chivsp:20180305083539p:plain

これで「Xcode」のインストールは完了です。
すぐに「Xcode」を開きたい場合は、Dockに表示されたXcodeのアイコンを右クリックし、「オプション」→「Dockに追加」をクリックしてください。

次回からは簡単なアプリを作っていきたいと思います。
お疲れ様でした!!