株式会社シベスピ 従業員ブログ

シベスピの社員ブログ。技術・想い・経験沢山書いていきます!

大畠のプロフィール

はじめまして。
9月に未経験採用として入社しました大畠です。

未経験者向け研修期間を終え、現在は新人PGとして保守業務に従事させていただいております。
入社して間もない私が語れることと言えば、研修時の話くらいだろうと思います。
長いようで短いシベスピの研修、もとい、辛いようで やっぱり辛かった 大変意義のある研修について、読まれている方々に少しでも興味を持っていただけたら幸いです。

シベスピの研修内容について

シベスピでは、2カ月の研修の間にSQL(Oracle)、Java、ドキュメント作成などの基礎知識を学ぶ、様々な課題が用意されています。
課題を進めるスピードは研修生の間でもバラバラで、早く進む方もいれば、もちろん理解が追い付かず遅れぎみな方もいます。
全ての研修課題をこの2カ月間で終えれば良いので、分からない箇所はネットで調べるか、講師の方(先輩社員)に聞くなどして課題を解いて行きます。
しかし、この研修はただ課題を解くことが目的ではありません。
他の記事にも書いておりますが、シベスピの研修は「考える」力を身につける研修です。
分からない箇所を質問する(調べる)にも「どこが分からないのか」をきっちり自分の言葉で説明する必要があります。
これが言うは易くでして、自分の考えを言葉にするのは難しいものです。
順序を整理し、筋道を立てて説明をする。ビジネスマナーの本にも書いてあることですが、前提として「自分の分からない部分はどんな所」なのかを把握する必要があります。
何に悩んでいるかが分からないままだと、当然課題は進みません。
私の経験では、「分からない悩みについて、悩み出し、その事にさらに悩み出す……」と延々悩みの坩堝にはまり込んでいくこともありました。
そういう時は、悩みを(単語でもいいので)紙に書き出し、アウトプットするのも一つの手です。
それでも分からない場合は、思い切って講師の方に相談していました。
一時の恥ですが、「分からないことが分からない」のも一つの質問だと私は思います。(開き直りではありません!)

それに、一人で抱え込んでまま解決するのは稀なことでした。
研修に限らず、いろいろな事を先輩方に相談してみるのも面白いかもしれません。(たまに けっこう奢ってくれます)
研修にとおって入社できれば、今後一緒に働くことになるチームですので、先輩方も教える気満々です。

終わりに

研修内容は未経験者の方には厳しいものだろうと思います。
私はこれまでライターや接客業と、ITとは無関係の職種で働いてきましたが、身に付くスキルが欲しいために思い切ってこの業界に飛び込んできました。
最初はただ、自分の行っている処理が分からずつまらないなと思ったこともありました。ですが、学習を続けていくうちにコードの処理が通ったことが嬉しい、考えた通りのコードが書けて嬉しいと自分なりの楽しみを見つけることもできました。
辛そう、とか大変そうだからと尻込みするのではなく、それに挑む事こそ意義があるように私は思います。
そんな価値観を見つけられるのも、いつでもチャレンジができるシベスピの魅力だと私は思います。

最後にひと言

あ、本が好きです。

未経験からの挑戦(下)

片手で研修を受けていた船場です。
左手が治ったところから、研修の終わりまで書いていきます。

左手復活!

研修開始直前で左手を骨折してしまい、片手で研修を受けることになってしまいましたが、順調に研修を進めていました。
2週間ほどが経ち休日に医者からギプスを外す許しを得て、いよいよ左手が復活!
久々に自由になった左手ですが、肘周りの筋肉が固まっていて思うように動かず変な感覚でした。あと臭いも、、、。
しかし、これからは両手で研修作業ができる!と気分は晴れやかでした。

研修中盤から終了

休み明け、まだ左手に違和感がありながら、久しぶりにスーツの左袖に手を通し、治った左手にテンションが上がりながら出社しました。
いざ研修を進めると、初めのうちは両手で作業しているのですが、作業に集中してふと気がづくと、左手がギプスをはめていた時のポジションに移動して片手で作業していることがたびたびありました。
この変な癖(?)がなかなか治らず、気が付くと勝手に左手が移動しているので、その度に自分の腕ではないような感じがしていました。

そして、左手が治ったことで更にスムーズに進んでいくと思っていた研修ですが、、、
中々思うように進まず、研修前半で貯めていたスケージュールの前倒し分も無くなってしまい、遅れが出てはそれを取り戻すというのを繰り返しながら進めていました。
研修講師や先輩社員の方からは片手で作業してた時のほうが早かったのでは?と、、、やや焦りながら研修を受けていました。
実際にこの頃は、片手だった時のほうがキーボードー入力するスピードが速かったのを自身でも実感していましたが、研修に遅れが出てきてしまっているのは左手が邪魔をしているのではなく、研修の難易度が上がったからだと思っています!

研修前半は1つの課題に対して1つの処理を実行するプログラムを作成するなどし、次の課題で機能を追加するなど、課題の順序通り進めていけば良かったのですが、研修後半になると1つの課題に対し、複数の処理を実行するプログラムを作成する内容となりどこから手を付けていけば良いのか?から悩みが発生しました。
また、1つの課題に対しての情報量が増えたため、課題内容を単純に理解することにも苦戦しました。

研修課題の中でも特に苦戦したのは、最終課題のJavaでのWebアプリ作成でした。
この課題は設計書をもとにプログラムを作成するという業務ではほぼ当たり前に行われる、振り返ってみるととても実践的な内容だったのですが、最初は設計書に書かれている内容を理解することに苦労しました。
また、ネット検索や本を読み調べてもAの処理を実行するプログラム、Bの処理を実行するプログラムとそれぞれ部分的なものは出てくるのですが、1つのまとまったプログラムのことを記述されたものを見つけることができず、プログラム作成の一連の流れを理解できず苦戦していました。
しかし、先輩方にネット検索のコツ(検索時に入力する語彙のチョイス)や言葉で説明を受けても理解できないときに紙に図を描いていただく(自身でも書くことでの整理を促がす訓練)など、わかりやすく教えていただき何とか研修を終わらせることができました。

今回、研修時代を振り返ってみましたが自身の中で強く印象に残っているのが骨折だったので(人生初骨折だったということもあると思います)、ほとんど骨折の話になってしまいましたが、、、私が苦労した話などがこれからの後輩たちの参考になれば嬉しいです。

一言

ケガには気を付けましょう!

山田のプロフィール

自己紹介

出身地:東京都
生年月日:平成2年3月30日

経歴

学生時代

小さいころから運動より物を作ったりインドアなことが好きだった私は、高校を卒業してやりたいことも具体的にはなかったので、少し好きだったゲーム業界を目指してみようかと思いました。
専門学校のゲーム開発に進むコースに入るのですが、とてもたくさんの人が同じような志を持っており、こんなたくさんの人たちと競っていくのは大変だなと思ってしまいました。
プログラム自体は楽しかったので、競争が少なそうなIT業界に進もうと入学してすぐに決めました。専門学校の途中で専攻を情報セキュリティに変えて卒業しました。

就職

卒業後、横浜の会社に就職しました。大きな企業は上の上から言われたことをやっていくだけという印象があったので小さめの会社を選びました。
入社後は先輩にも恵まれ、社会人としての基礎やプログラマーとして考えるべきことを教わりました。その後いくつかのプロジェクトに参画しましたが、途中から調査やテストなどの業務が増えてきてコーディングをする機会が少なくなってきました。初めのうちは学ぶことも多かったので、あまり気にはなりませんでしたが、このままでよいのかと考えるようになり、転職を決意し、シベスピに入社させていただきました。

得意分野

考えてわかること(暗記物は苦手です)

一言

まだなにもないので、なにか成し遂げたいです。

上田のプロフィール

出身地

東京都 江戸川区
夜は歌舞伎町より治安が悪いといわれています。ずっと住んでるとこれが普通になってるのでよくわかりません。

生年月日

1994年2月10日
語呂合わせをするとニートの日になってしまうので、ニートにならないように頑張っています。

経歴

ゲームが昔から好きで、専門学校で学んでいたのですが、就職先が見つからずその時は別業種にとりあえず、で就職しました。そんなところが長く続くわけもなく、転職したいなと漠然と考えていた中、専門学校の同期がSEでなかなか充実した人生を歩んでいたので、自分もなりたい!と思い、専門で学んでから期間が長く空いていたので未経験からでも教えてくれるというシベスピを志望しました。

未経験者研修

未経験で入った際にはアルバイトという形で2か月間研修を受けるのですが、イメージしていた一般的な会社の研修とは違っていて、非常に驚きました。講師と受講生という形ではなく、働いてる方たちに混ざり、研修を進めていく形です。
わからないことを質問するときにも、質問する方は別の業務に就いているので長い時間をかけないように、自分の中で「なにがわからないのか」、「どうしたいのか」を整理して質問することが大変でした。
もちろん研修自体も非常に難しいのですが、頭の中で描いたとおりにプログラムが動いた時の達成感は一入です。

得意分野

C#が好きです。

一言

池袋は飯屋が豊富です。

未経験からの挑戦(中)

研修開始直前で人生初の骨折を経験した船場です。
前回の左手を骨折した続きから書いていこうと思います。

いざシベスピへ

12月30日に左手を骨折して不自由な年末年始を過ごし、研修開始日の1月5日を迎えてしまいました。
朝シベスピへ向かう道中は、「研修を断られるのではないか」、「片手だけでPCを扱うため研修についていけなくなるのでは」などと考え、不安な気持ちでいっぱいでした。
そんなマイナス思考でシベスピへ出社しましたが、特に骨折について言及されることもなく研修を開始できることになり、ホッとしていました。
また、同日に研修を開始する研修生が私の他にもう1人いたため少し心強かったです。

研修開始

研修初日にまずやったことは社内ルールの説明を受け、コンピュータ概論の座学でした。
コンピュータについて基礎的な知識を1通り学び、その後は研修用のPCを配られ環境設定です。←この時点で少し苦戦しました。。。
研修スケジュールでは初日の予定は環境設定までで終わりでしたが(初日はかなり余裕を持ったスケジュールです。)、時間が余っていたので早速実際にプログラミングを開始!
最初の課題はSQLでした。自身のほぼ初めてのプログラミングはネットで調べ(丸パクリ)、実行!!
この時は良くわからないまま実行しましたが、課題の予想結果通りの結果出て少し感動したのを覚えています。
このような感じでプログラム作成に触れて研修初日が終わり、「プログラミングって面白いな」と思いながら、同期の研修生と「明日からも頑張りましょう」とお互いを鼓舞し、帰宅しました。

しかし、、、同期の研修生はまさかの2日目でリタイア!!
同期が早々にいなくなってしまったため心細かったですが、先輩に未経験でも理解しやすいように教えていただきながら片手を駆使して研修課題を進めていき、研修進捗はまさかの前倒しとなりました。
「片手で前倒しなんて凄いじゃない」なんて先輩たちの噂話も耳に入り(結構聞こえますよ)ながら、研修を始めてから2週間、思った以上に順調に進み、そろそろ左手の骨折が治って「もっとスムーズに研修が進むのでは」と意気込んでいました。


次回、左手復活!

一言

冬、骨折した状態での寝袋生活は、、、
つらかったです。

シベスピの取締役に聞いてみた(1) どっちの人生がいいですか。

f:id:chivsp:20170706005701p:plain

鈴木のプロフィール

出身地

埼玉県 毛呂山町
山がある程度に田舎ですが、お店もそこそこあって住みやすい町です。

生年月日

1990年4月3日生まれ
平成2年生まれの平成男児

経歴

小学2年生の頃からパソコンに触れていました。(やっていた事としてはゲームばかりでしたが・・・)
幼い頃からパソコンに触れていた事もあり、一番の得意科目が情報系だった私は、迷うことなく大学も情報系に進みました。
そして、就職先も迷わずIT業界!
今になっては、朝起きてから寝るまで、ほとんどの時間をパソコンと過ごしてます。

一言

パソコンばかりしていると目が疲れてヤバイ、そんな私のような人には電子レンジでチンした濡れタオルがとてもオススメ。