株式会社シベスピ 従業員ブログ

シベスピの社員ブログ。技術・想い・経験沢山書いていきます!

デスクでできる体のケア

最近一番驚いた事と言えば、母が基本情報を持っていたことです。
こんにちは、磯野です。

さて、年も明け外は寒く布団は温かく春眠暁を覚えずな朝が続いています。
寒くて体が硬いと、いろいろと体の節々に不調が出てくるものです。そんな時に役に立つのがちょっとしたストレッチやツボです。

そこで、今回はデスクで出来る体のケアをまとめてみました。全て私が数年間実践しているもので、オススメです。

ツボ

強く押しすぎずソフトタッチで徐々に力を加えていきましょう。

風池(ふうち)と天柱(てんちゅう)

効果:首のコリと目の疲れの解消。
場所:風池は首筋のやや外側、うなじの窪みにあります。
天柱は風池から親指1本分内側寄りのやや下にあります。
人にやってもらうのもお勧めです。

f:id:chivsp:20190114101450p:plain:w300
上が風池(ふうち)、下が天柱(てんちゅう)

合谷(ごうこく)

効果:首のコリだけでなく肩コリや手のしびれなどの解消。
場所:手の甲側、親指と人さし指の骨の分かれ目の柔らかいところの
やや人さし指側にあるツボ。
割と有名なツボなので、ご存知の方も多いのでは。

f:id:chivsp:20190114101613p:plain:w300
合谷(ごうこく)

迎香(げいこう)

効果:鼻の通りの改善。
場所:両サイドの小鼻のすぐ横にあるツボ。
個人的には即効性が高めな印象です。

f:id:chivsp:20190114101810p:plain:w300
迎香(げいこう)

晴明(せいめい)

効果:眼精疲労や充血、ドライアイの解消。
場所:両目の鼻との間。眼頭と呼ばれる箇所です。
親指と人差し指でつまむように押してください。

f:id:chivsp:20190114101855p:plain:w300
晴明(せいめい)

ストレッチ

「肩甲骨はがし」ストレッチ

今回取り上げた中でも、これはかなり効きます。

右手を肩の高さで前に出して手のひらを顔正面に持ってきます。
そして左手をその下から通し胸の前で腕をクロスさせます。

f:id:chivsp:20190114102005p:plain:w300
腕クロスのイメージ

クロスさせたまま伸ばしている左の手のひらを、右の手のひらに重ねるように合わせます。肩甲骨の周りの筋肉がほぐれるのを感じながら10秒キープします。

10秒経ったら両手を重ねたまま、手を上へと上げていきます。
さらに肩甲骨の周りの筋肉がほぐれるのを感じることができます。
片側を行ったら逆側も行ってください。

番外編

舌回し体操

リラックスとは別の目的ですが、小顔効果があります。
そのやり方ですが「歯茎に沿わせるように口の中で舌を回すのを左右交互に1周ずつ行う」です。左右交互で1回とした時、20回×3セットがオススメです。

お酒を飲んでむくんでしまった日や、関西圏で言う「シュッとした」感じになりたいときに私はやっています。
個人的にはよくある小顔術の中でもトップクラスに効果ありだと思っています。

普段使われていない筋肉が動くので、後頭部と首の間が痛いかも知れません。
加えて、かなり変顔なので誰もいない時やマスク着用時に行うのをお勧めします。

余談

運動部で頑張ってた時はスポーツ整体師になりたい時期もありました。

質問・相談について

あけましておめでとうございます。大墨です。

まだまだ寒く、乾燥もキツい今日この頃ですが、体調管理もしっかりしつつ頑張りましょう。

今回は「質問・相談」ということについて書いていこうと思います。私自身も指摘を受けることが多く、一部は目標、ないし備忘録的な内容になってしまいますが、ご容赦ください。

分からない事があった時

質問と相談が必要な場面としてまず思い浮かぶシチュエーションと言えば「分からない事があった時」かと思います。当然プログラミングにおいても、どんな機能を持たせるか、どう直すかが分からなければ作業のしようがありません。流石に、何をどうしたら良いのか分からないのに相談をしないという人はいないでしょう。

作業の進め方を迷った時

質問や相談が必要なケースで最も重要なのが「作業の進め方を迷った時」だと考えています。

自分のやろうとしている事が、相手の求めている事と一致しているか。メールやドキュメントなどの書面のやりとりだけでは細かい意図までは伝わり辛いものです。相手とキチンと話し合いをしなければ、認識のズレを修正することはできません。結果、相手の求めていた物と違う物を作ってしまっては、それまでに掛けた時間は無駄になってしまいます。

また、ある程度やり方の検討がついている事でも、自分より開発経験が長い人であったり、業務知識が豊富な人であれば、自分が考えたよりも良い方法を知っているかも知れません。そういう場合に「〇〇とういう事をしたくて◻︎◻︎という方法を考えているが、他に良い方法を知らないか?」という質問をすれば、より作業を効率よく進める事ができるかも知れません。

「自力で解決する」という事に価値が無い訳ではありません。しかし、それには相応の時間が掛かってしまうことでしょう。作業には基本的に期限があります。自力で解決できたとして、それで期限を過ぎてしまっては意味がありません。他の人が方法を知っていることなら尚更です。

相談・質問は「相手の時間を取る」

ここまで、質問や相談のタイミングや重要性について書いてきましたが、質問や相談をする時に気を付けなければならない事があります。それは「相手の都合」です。

質問・相談をする時は必ず相手がいます。その人の時間を貰って質問や相談をする、という意識を忘れてはいけません。質問や相談の内容を事前にまとめておく、時間が掛かりそうならキチンとアポイントを取るなど、相手に無駄な時間を使わなせいよう心がけましょう。

まとめ

私の社会人経験は今年で4年目になりますが、仕事の出来る人ほど質問や相談をたくさん行っているイメージがあります。質問や相談を積極的に行うことで、コミュニケーションの増加にもつながります。やはり、話し易い相手の方が一緒に仕事をしていて楽しい筈です。私も質問や相談を上手に行い、効率よく作業を進めつつ、交流を深めていけるよう頑張りたいと思います。

以上、お読みいただき有り難うございました。

阪田のプロフィール

自己紹介

出身:兵庫県
生年:1993年
経歴:大学では文系の学部に所属しておりましたが、営業職から逃げるようにシステムエンジニアを志望。そんな調子で就職活動が上手くいくはずもなく、途方に暮れているところをシベスピに拾っていただきました。

趣味

①将棋

アマ四段の振り飛車党です。最近はなかなか指す機会がないので、興味のある方は是非!

スマブラ

ピクミンオリマー使います。ガチ勢になりたい勢です。

③麻雀

平和が好きです。

④ギター

大学時代ギターサークルに所属してましたが下手です。
自分のギターの音が汚すぎて一度挫折しました。

⑤音楽鑑賞

邦楽を中心に聴きます。ELLE GARDENから玉置浩二まで広く浅く聴いてます。

⑥フリースタイル鑑賞

心が荒んだ時に見てます。最近はforkが好きです。

未経験研修

よく「シベスピ の研修は厳しい」と言われます。それは未経験者向けの研修にも関わらず、あえて丁寧な説明がなされないためです。
しかし、そんな環境で研修を受けたからこそ「自分で調べる力」を身に付ける事が出来たと思います。
問題に直面した時、質問を投げかけて解決するのは簡単ですが、もう少し粘ってみるのも大事ではないでしょうか。
もし「自力で調べたいけど、どう調べればいいか分からない」という場合は、調べ方を質問してみて下さい。きっと研修講師の方が力になってくれると思いますよ。

ひとこと

上から目線の発言が目立つようです。他意はないのですが、ごめんなさい。。。
どうかネタにしていただけると幸いです。

今年も1年お世話になりました!(2018年の振り返り)

早いもので

今年ももう残すところ数日ですね。
今年7月に入社した須田です。
最近では「あれ?もっと前からいたよね?」と言われるようになりました。
それだけ馴染めているのであればとてもありがたいことです。

さて

2018年最後の更新ということで、今回のテーマはこれです。

2018年のシベスピを振り返る

去年は内田さんが振り返っていましたが、入社前に印象に残った記事の1つでもあったので、今年もやります!

2018年のシベスピを振り返ろう!

早速、twitterやブログ記事をメインに、他のメンバーに聞いたりもしながら、2018年を振り返っていこうと思います!

その前に

2017年最後に入社したメンバーはHirokiさんでした!
(昨年末のまとめ記事に記載がなかったので、こちらで紹介します)

chivsp.hatenablog.com

1月

頼れるリーダー岡崎さんが入社し、岡崎さんグループが発足しました。
2018年は社員22人、3グループでのスタートでした。

1月は、野外では雪が降りしきり、社内ではインフルエンザが蔓延していたそうで、インフルエンザ、インフルエンザ、胃腸炎……えっ胃腸炎!?といった様子だったようです。今年もまた寒くなってきたので体調管理には気を付けたいですね。。

入社

chivsp.hatenablog.com

2月

2月には、夕会のあとにボウリング大会を開催しました!
この大会はチーム対抗戦で、取締役チームが強かったそうです。
2ゲーム頑張って筋肉痛になった!との声も聞かれました。普段座ってお仕事をしているので、こういう機会に身体を動かすのはとても良さそうです。

この月は卓球や、

 ポーカーもやっていたようです。

また、良くする会では、サーバー作ろう会がサーバー構築を始めた月のようです。
自分たちの手でイチからサーバーを組み立てるのはとてもワクワクしそうです。

採用チームは、この月から交流会を始めたようです。 
今後も開催していくとのことですので、シベスピに興味をお持ちの方は是非ご参加ください!

変わったものを食べているツイートも見つけました。

オオグソクムシのからあげを食べたメンバーもいるようです。
人間、結構なんでも食べちゃうものですね。。

3月

業務後に本社近くの公園でみんなでお花見をしたそうです。
その時参加された何人かに感想を聞いてみましたが、まだ気温が低かった時期なので、みなさん揃って「寒かった!」と言っていました。
個人的には、ブルーシートを敷いて公園でお花見はしたことがないので、来年の開催を密かに楽しみにしています。

この頃はまだ女性社員が2名だったんですね。
採用や広報活動の甲斐あってか、2018年12月時点では8名の女性社員が活躍しています!

入社

chivsp.hatenablog.com

chivsp.hatenablog.com

4月

4月は、上半期を終え、新組織になりました。

組織解散会を実施したチームもあるようです。

また、技術書展に行ったメンバーもいるようですね。

技術書展は技術書のコミックマーケットのようなものだそうで、毎回盛況とのことです。
予定が合えば是非行ってみたいイベントです! 

 入社

chivsp.hatenablog.com

5月

5月と言えばゴールデンウィーク。各自しっかり休息は取れたでしょうか。
この月は、JJUG CCC 2018 Springに行ったメンバーがいたようです。

2月に続き、この月も有志でポーカー部を開催しました!

最近、ロッカーに収納されたポーカー道具を見る度、次回はいつ開催されるのかなーと思っています。参加してみたい!

6月

6月には健康診断がありました。シベスピでは、健康診断は毎年6月に行います。
この記事を書くにあたって、先輩に「健康診断で何かエピソードってあるんですか?」と聞いたりもしましたが、健康診断で印象に残るエピソードがあったとしてもそれは誰かが何かに引っかかったくらいしかないよねという話になりました。(そして、特に印象に残るエピソードは無かったそうです。笑)

初のシニアエンジニア同士の飲み会も開催されました!

12月時点で第3回目まで開催されています。そして、新年にも第4回目が開催予定です!
立場が同じ者同士の情報共有の場にも なっていくと良いですね。

月末には、メンバーのご家族も参加してのバーベキューが行われました。 

買い出しからすごそうです。
バーベキューに参加したメンバーに聞いたところ、「買い出しが十分だったので、お腹いっぱい食べられました」とのことでした。

私はこのバーベキューが実施された週末の次の月曜日に入社したので、皆さんの軍手焼けや時計・リストバンド焼けがとても印象に残っています。

入社

chivsp.hatenablog.com

7月

7月の半ばには本社移転がありました!
池袋の西口から東口へ移転し、オフィスも広くなりました。
新本社については内田さんがブログ記事にしてくれたので、是非そちらも御覧ください。

chivsp.hatenablog.com

前事務所の最後の風景。

今まで大変お世話になりました! 

サイトのトップページをリニューアルしたのもこの月です。

個人的には、右下でぴょんぴょん跳ねるブログバナーがお気に入りです。

6月入社の小橋さんと7月入社の私の共通の趣味がボルダリングだったこともあり、興味のあるメンバーで集まって「壁を登る会」が発足しました。

これは8月の様子ですが、今も毎月月末の業後に有志で集まって登っています! 

入社

chivsp.hatenablog.com

chivsp.hatenablog.com

8月

8月は、社長がロジカルシンキング勉強会を開催してくださいました!

 また、広報チームで、YouTube動画を作り始めたのもこの月です。

手探りで始めましたが、普段の業務でやらないようなことを経験できて楽しかったです!

入社

chivsp.hatenablog.com

9月

8月に作り始めた動画が完成し、Youtube動画を公開しました。

www.youtube.com
今後も継続して動画を作成・公開していく予定ですので、よろしくお願い致します!

この月は、採用のための写真撮影もありました。

東京ゲームショウに遊びに行ったメンバーもいたようです。

楽しそう!

10月

下半期が終わり、組織が変更になりました。
このタイミングで昇進したメンバーもおり、10月にはグループが5つに増えました!
1人に対して2人の部下が付く体制は変わらず、新しい組織で頑張っています!

10月には基本情報技術者試験もありましたね。
こちらの勉強に関する記事を書いているメンバーもいるので、これから受験する方には是非参考にしていただきたいです。

chivsp.hatenablog.com

chivsp.hatenablog.com

春に続き、有志で技術書展に遊びに行ったりもしたようです。

入社

chivsp.hatenablog.com

chivsp.hatenablog.com

chivsp.hatenablog.com

11月

11月は(実は4月にも)競馬部の活動がありました!
有志でお馬さんを見に行く会です。

ツイートは5月のものですが、上司の意外な一面を見ることもできるイベントになっているようですよ。

入社

9月から研修を受けていた方が1名入社されました。
近いうちに自己紹介ブログがアップされると思いますので、お楽しみに!

12月

そして12月!2018年最後のイベントは毎年恒例の納会です。
メンバーのご家族も参加され、大変賑やかな会となりました!

更に同日、7月の本社移転の際にいただいたお祝いの胡蝶蘭の植え替えも行いました。

7月にいただいて、12月にまだお花の残っているものもあり、胡蝶蘭は強いんだなと思いました。 
こちらの植え替えの様子についてはまた別途ブログにしたいと思います!

入社

10月から研修を受けていた方が1名入社されました。
こちらも、近いうちに自己紹介ブログがアップされると思いますので、お楽しみに!

最後に

2018年も様々な出会いや別れがあり、年始から8名増えて、社員が30名になりました。
去年内田さんも書いていましたが、皆さん面白くて個性的なメンバーばかりで、日々とても楽しく、勉強になります。このブログも、そんなメンバー全員で協力して記事を書いています。
シベスピのことをもっと知っていただくため、来年もこのブログを続けていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!

勉強時間の確保の仕方について

皆様お久しぶりです。神田です。

先日、基本情報技術者試験に合格いたしました。
自己採点後、合格できるか不安もありましたが合格出来て一安心です。

これから先も色々なことを勉強していく必要があるので、ここで安心ばかりしていられないですが、今回は基本情報技術者試験だけに限らない「勉強時間の確保の仕方」について2点書いていこうと思います。

1. スキマ時間を利用する

スキマ時間という言葉をご存知でしょうか?
さくっとで言うと「予定と予定の間に生じた短時間の暇」です。
「移動時間」や「待ち時間」がこれに該当します。

スキマ時間は5分・10分といった小さな時間ですが、1週間積み重ねると4~5時間といった大きな時間となります。
毎日ちょっとした時間に少しずつ勉強すれば、勉強時間を大きく稼げるわけです。

ちょっとした時間での勉強となるので、スマートフォンからアプリやウェブサイトを利用する勉強方法が主体になりやすいです。
しかし、1~2分のスキマ時間でも利用しようと根を詰めすぎると気疲れして継続が困難になりがちです。

そこで私は15分以上のスキマ時間だけを利用しました。
日常の中では「待ち時間」よりも「移動時間」がこれに当たると思います。
私は通勤時の移動時間を最も多く利用しました。

2. サードプレイスを利用する

サードプレイスとは「自宅」「職場(学校)」を除いた「第3の場所」です。

スキマ時間の話では日常の中で勉強時間を稼ぐことについて書きました。
スキマ時間の勉強方法には限りがありますので、休日に腰を据えて勉強をすることも大切です。
しかし自宅では集中するのは難しく有意義な勉強をするのは難しいものです。

自宅の中ではなぜ集中できないのか?
それはPCやゲーム機、漫画本といった自身の嗜好的な目移りするものが沢山あるからだと思います。
それならばそれらが無い空間に移動してしまえばよい、という考えです。

例えば「コンビニのイートインスペース」や「カフェ」です。
目移りするものが自宅より圧倒的に少ないため、かなり集中出来るはずです。
私の体験的には、スマートフォンは自宅に置いてくるか、一時的に機能をロックするアプリ等を利用すると更に集中できました。

当然ですが『店舗に迷惑をかけないことが重要』だと思います。
店舗によっては食事以外の利用をお断りとしている場所もあります。
しかし勉強スペースとして利用することに理解を示している店舗もあるので利用するならそのような店舗を選びましょう。
また利用する際は商品を注文してなるべく静かに利用し、混雑帯は避ける等の配慮も必要だと思います。

手帳のはなし

新しい手帳

2019年用の新しい手帳を買いました。
あわせて、だいぶ古くなっていた手帳カバー(透明)と手帳に留めるゴムバンドも新調しました。
手帳そのものは学生の頃から使っているものと同じシリーズですが、2018年から大好きな歌手とのコラボデザインを使っています。
今回のデザインは海辺の街の航空写真です。点在するえんじ色の屋根が可愛らしく、とても気に入っています。
2018年と同じであれば、どこかにマスコットキャラクターが隠れているはずなのですが、まだ見つけられていません。

前置きが長くなりましたが、今回は手帳を使った予定・タスクの管理方法についてお話したいと思います。
あくまで自己流です。ご了承ください。

手帳の使い方

3色ボールペンのルール

黄緑色・茶色・オレンジ色の3色ボールペンで手帳の中の情報を管理しています。
赤色・青色・黒色の3色でないのは私の目に優しい色を選んだ結果です。
私が決めた3色ボールペンのルールはこれだけ。
1.仕事の予定は黄緑色で書く。
2.プライベートの予定とその他のメモは茶色で書く。
3.予定の取り消しはオレンジ色で二重線を引く。
もっと沢山の色を使って複雑なルールを設けていた頃もありましたが、最近はこれに落ち着いています。
シンプルなので、せっかく決めたルールを忘れることもありません。

ドラフトとしてのマンスリーページ

マンスリーページとは、1か月のカレンダーが見開きで印刷されているページのことです。
私はシフト勤務や遠方で仕事をしている友人が多く、友人たちの勤務予定や帰省の予定が決まるまでは予定を確定できません。
だいたいは何日か候補があって、各々が調整をしてから本決まりになります。
そんなときの予定の調整にマンスリーページをドラフトとして利用しています。

仕事や会社関連の予定は決まってすぐにグループウェアのスケジュールに登録し、手帳のマンスリーページと週間レフトページに転記しておきます。
(週間レフトページの使い方は後述します。)
するとマンスリーページ上で自由に使える日時が見えてきます。
プライベートで仮予定が発生した場合は、都度記入し、本決まりになったらグループウェアのスケジュールと週間レフトページに転記するという具合に手帳のマンスリーページを使っています。
本決まりになった予定だけを残し、仮予定はオレンジ色の二重線で消しておきます。

日々のタスク管理としての週間レフトページ

週間レフトページとは、見開きの左側がウィークリー、右側がフリースペースになっているページのことです。
私は週間レフトページを日々のタスク管理に利用しています。

見開き左側の週間ページにはグループウェアのスケジュールを反映します。
見開き右側のフリースペースは左側の週間ページとあわせて1週間単位に分割し、予定として大きくは表れない日々の細々としたタスクを記入していきます。
たとえば、その週の金曜日に提出しなければいけない書類があるとします。
金曜日に[書類提出]の予定を記入し、月曜日に[書類に記入する]というタスクを記入しておきます。
これで提出の直前に「今日提出なのに準備ができていない!」なんて事態を防ぐことができます。
私はそこまで細かい管理が必要ではないので週間レフトタイプのページを使っていますが、時間単位でタスク管理が必要な人は、バーチカルタイプのページがある手帳を選ぶといいかと思います。

日記帳みたいな巻末フリーページ

私が使っている手帳には、巻末に50ページ強のフリーページがあります。
全ての手帳に該当するかはわかりませんが、だいたいの手帳にはフリーページがついているのではないでしょうか。

タスク管理とは直接関係無いですが、考え事をまとめたり、気になったことを記録したりするためのメモにフリーページを使っています。
気になったことや思いつきは忘れないように記録しておき、あとで専用のノートに反映します。
仕事で受けた指導や指摘についても記録します(ひとり反省会をやります)。
読みたい本や読んだ本、これ観たい!と思った映画や舞台のタイトルが記録されていることもあります。
大好きな歌手のライブが決まった喜びが書き込まれていることもあります。
フリーページに何かを記入するときは日付を一緒に記入します。
日付を記入するので、備忘録と言うよりは日記帳のようになります。

終わりに

以上、手帳による予定・タスク管理方法についてお話しました。

最近は手帳の話題になると、「アプリやツールの方が優秀だから手帳はいらない」と言われることが多いです。
確かに、アプリやツールはリマインダー機能がついていたり、複数人で予定を共有できたり、手帳にはない機能がたくさんあります。
(アプリやツールについては、私も便利に使わせていただいています。)

手帳以上に便利なものは沢山ありますが、タスク管理が苦手な人にこそ、手帳を使ってほしいと考えています。
タスク管理に手帳を使うことで基本的な[タスク管理方法]が身につくと考えているからです。
手帳には仕事の予定、プライベートの予定、日々のタスク(と日々の覚え書き)が集約されていきます。
手帳をつけるのが習慣になると、ある予定を完了するまでに今日は何をする必要があるのか、また、週当たりどの程度のタスク量であれば漏れなく消化できるのかが感覚として身についていくはずです。
手帳にこだわらず、ノートにその日・その週・その月にやるべきことをタスクとして書き出し、完了したタスクは二重線で消すだけでも上記の感覚は実感できるはずです。
タスク管理が苦手な人(や忘れ物が多い人)は一度手帳によるタスク管理を取り入れてみてはいかがでしょうか?

大墨のプロフィール

出身

 生まれも育ちも東京都足立区

生年月

 1992年11月

経歴

元々コンピューターに興味があり、ぼんやり情報系の大学に行こうかな~、と考えていた時、友人に誘われ「入るとノートパソコンが貰える!」というゆるっゆるのモチベーションで某大学の情報系学科に入学。


某『艦をこれするゲーム』にドハマリし、1年目にしてドロップアウトしかけるものの、ゼミの教授や周囲の協力もあり、何とか4年で卒業&内定が決まる。

2年半ほどエンジニアとして働くも、単調な作業しか振られず嫌気が差しはじめ、また、一番歳の近い社員が10個上だったり、上司が超絶体育会系だったりと元々居心地の悪さを感じていたため2017年9月末で退職。


最初の1ヶ月で就職活動が上手くいかず、とりあえず1ヶ月ほどゆっくり休もうと思い、、気づいたら半年が経過。高校のオタク友達から唐突に受け取った「結婚したよー^^」という報告にヤバみを感じ、2018年の春に就職活動を再開。再開後1社目に受けたシベスピに拾っていただき、現在に至る。

余談

本ブログでよく技術的な記事を投稿されているISKさんとは以前からの知り合い。初めて会社で会った時は、お互い目ん玉が飛び出るほど驚きました。いやぁ、偶然ってあるもんなんですねぇ・・・。

趣味

漫画(割と雑食)
カードゲーム(DMとMTG)
映画鑑賞(アクションものばっかり)

一言

運は悪い方です。もうガチャなんてこりごり!