株式会社シベスピ 従業員ブログ

シベスピの社員ブログ。技術・想い・経験沢山書いていきます!

JavaのJDK有償化について

こんにちは、岡崎です。

先日、Javaに詳しい友人と飲んでいたときに「Java有償になるよ!」と聞きました。
皆さんはご存じでしたか。

私は、オープン系言語で「そんなことあるの?」ってなったので、いろいろと調べてみました。

JavaJDKについて

Java有償化の話をする前に、JDKについて簡単に紹介しておきます。

JavaJDKには、「Oracle JDK」と「OpenJDK」という2つのJDKがあります。
上記2つから派生した「IBM SDK」、「Java Technology Edition」というのもあるようですが、今回は「Oracle JDK」と「OpenJDK」について紹介します。

Oracle JDK」は、オラクル社が提供するもので、
「OpenJDK」は、オープンソースです。

はい、本当に簡単な紹介です。
ここで言いたかったのは、2つのJDKがあるよ。と、いうところだったので、詳しくは割愛します。
気になる方は、ググってみてください。

今までは、どちらのJDKも無償で使えていました。

JavaJDK有償化ってどういうこと?

では本題に入っていきましょう。

現在(2018年10月現在)のJavaの最新バージョンは、2018年9月26日にリリースされたJava11です。

このJava11から、Oracleと有償サポート契約を結んだユーザーでなければJDKが使用できないようになるようです。

厳密には、開発する(プログラムソースを書く)こと自体はできます。
ダウンロードできたと、記事に書いている方がいました。
商用目的のシステムで使用する場合に、おカネを払わないとライセンス契約違反となるようです。

勉強は無料でできるようですよ!

また、先ほど紹介したJDKのうち「Oracle JDK」のみが有償サポート契約の対象のようです。
つまり「OpenJDK」は、今までどおり無償で使えるということです。

機能や品質は「Oracle JDK」と「OpenJDK」で違いがないようなので、商用目的かつ無償で使い続ける場合は、「OpenJDK」を使えば問題なそうです。

Java10以前のバージョンはどうなるの?

Java11から有償ということで、Java10以前のバージョンのサポートが、いつまで保障されるのかが気になったので、こちらも調べてみました。

普通にサポート終了していました。

Java11のリリースタイミングでJava10のサポートは終了。
Java9も同様にJava10のリリースタイミングでサポートが終了しています。

Java8だけは、2019年1月まで無償のままサポートが提供されるようです。
Java8からJava9にバージョンアップしたときに大きな変更があったため、Java8からJava9以降のバージョンにするための難易度を考慮した上の期間だそうです。

Java8とJava9の間に大きな変更があったんですね。
別の勉強にもなりました。

まとめ

Javaというプログラム言語は多くのシステムで使用されているため、有償化になったら社会問題レベルではないかと思ったのですが、無償で使い続けることもできそうですね。

我々、システムエンジニアとしてはお仕事が増えそうな案件だったのですが、少し残念です。


そういえば、Javaに続いて、MySQLも有償化するのではないかと予想している方もいました。

Oracle社のビジネス恐るべしですね。

Gitサーバー構築 CentOS7インストールまで

今回はサーバー作ろう会として、
Gitサーバーを構築していくことになりましたので、その作業過程を記事にしていきたいと思います。

一度目のGitサーバー構築

構築にあたって、もともとあったXenServerへの仮想OSインストールから実施していくことになりました。
しかしXenServer上でストレージが認識されず、構築ができませんでした。
認識されなかった原因はカーネルをインストール後アップデートしていなかったこと、
またはリポジトリのパスが違っていた事だと考えられます。

Xenの再構築

作業中には原因が特定できなかったこともあり、XenServerを再構築していくことになりました。
まず、ホストサーバーに対してCentOS7をインストールを実施します。
続いてインストールしたCentOS7にXenServerのインストールを実施します。
しかし、手順書と実際の画面が異なっていてXenのインストールをすることが出来ませんでした。

ここまでが一度目の作業となります。
二度目の作業に備え、各々ストレージが認識されなかった理由や、手順書と実際の画面が異なっていた原因を調べて来ることになりました。

二度目のGitサーバー構築

二度目はホストサーバにXenをインストールから始めていきます。

キーボードの選択画面が表示されるので、使用するキーボード言語を選択します。
次にインストールを続行して良いか?と聞かれますので、OKを選択します。
enterキーを押すとライセンスに関しての確認画面が出ますので、「Accept EULA」を選択しEnter。
すると、インストール先のストレージを選択する画面になるので、選択しEnter。
次はインストール元のメディアを選択する画面になります。今回はDVDから行うので、「Local media」を選択し「OK」。
ここから先はrootのパスワード設定、固定IPアドレスの設定を行い、ホスト、DNSサーバ、タイムゾーン、NTPサーバなど
自身の環境に合わせて設定します。
そうするとインストールを行うか確認画面が出るので、「Install XenServer」を選択。
f:id:chivsp:20180321203027j:plain
インストールが成功しました。
f:id:chivsp:20180321201124j:plain
次はインストールしたXenに、CentOS7をインストールします。

f:id:chivsp:20180321201119j:plain
無事にCentOS7のインストールが成功しました。

残りの作業はGitとGitLabを入れる作業になります。こちらは別の記事で紹介していきます。

私のタスク管理の方法

シベスピに入社してから、もうすぐ1年が経とうとしています。
時の流れって早いなーとしみじみ感じているHirokiです。

さて今回は、私が普段行っているタスクの管理方法を書いていきたいと思います。
元々は他の方がやっていた方法を聞いて実践していきながら自分なりにアレンジしたものになります。

タスク管理が上手くいかず締切を過ぎてしまう、依頼されたものと違う事をやってしまうといった方の参考になれば幸いです。

方法は単純で、自分に依頼される業務をメモ帳やエクセル表に書き出す(可視化する)だけです。
タスク管理ソフト等を使っても良いと思います。

可視化する際に私が記載している内容としては、依頼日・依頼内容・目的・ゴール(依頼者が求めているもの)・締切を書いています
ゴールに関しては、依頼者と齟齬がないよう事前に認識合わせをしてから作業に取り掛かります。

これらを怠ると、依頼が複数あったときに締切を過ぎてしまう、依頼自体を忘れてしまう、また、別の作業を行っている間に依頼内容がうろ覚えになり、依頼者が求めていたものとズレた作業を行ってしまう、といった事態に繋がります。

またタスクを書き出した後にタスクを実施していきますが、その進捗状況を朝・昼・夕の1日3回書くようにしています。
進捗状況を書いて置くことで、作業内容がゴールとズレていないか、締切までに間に合うか等を確認しながら作業を進めることが出来ます。
その他にも作業完了後に、指摘された点・反省点・今後の対策方法等も書いておき、同じ過ちを繰り返さないよう気をつけています。
この方法を実施する事で、作業漏れ・スケジュール遅延等はほとんど起こしていないです。(今のところは)

タスク管理が苦手な方は是非一度試してみてください。

意志の疎通について

久々の投稿になります。山田です。

先日、意志の疎通の仕方についてのお話を聞いたので、
理解を深めるためにブログに書いてみようと思いました。

この業界は会話することが多く、正しく相手の意図を読み取ったり
自分の意図を伝えなければいけないタイミングが多くあります。
私が気を付けている箇所について書いていきたいと思います。

落ち着いて話し合いをする

先日聞いたお話でも「感情論」という言葉が出てきましたが、お互い感情的になってしまうと話を受け入れにくくなってしまうと思います。
話の着地点を明確にし、話が逸れてしまっている場合には、方向修正をするくらい落ち着けるといいと思います。

正しく相手の意図を読み取る

会話をしていると意見が割れる時が多くあると思います。そういう時に、私は出来るだけ相手の主張を理解するようにしています。発言は出来るだけ最後まで聞き、聞いたうえでわからない部分は詳しく聞くようにしています。
相手にこちらの意図を伝えるには、相手がどういった意図を伝えようとしていて、こちらのどの部分に納得いってないのかを理解することが必要だと思います。
頭ごなしに言われているよりも、お互いに意見をすり合わせているとわかっているほうが受け入れやすいと思います。

内容の確認を行う

相手から発信された情報は、自分の中の言葉に直して確認するようにしています。ひとつ前の正しく相手の意図を読み取ると似た内容になってしまいますが、相手の発信した情報が自分の理解と違う、ということはよくあります。お互い正しく情報を伝え合ったと思ったのにミスになってしまうパターンです。
同じ言葉でも意味や目的が違ってくる場合があるので、必ず相手に別の言葉で確認しなおすことで、認識祖語が生まれにくくなります。


聞いたお話とは少し方向の違う記事になってしまいましたが、意志の疎通について私が気を付けていることは以上です。比較的落ち着いて話ができる方だと思っているので、相手とよく勘違いが生まれてしまう人は意識してもらえるといいかもしれません。

全体を見ることと見立てること

お久しぶりです。徳永です。

9月は台風が猛威を振るいましたが、もしものときの備えはされていますでしょうか。
私は保険に加入しておけば良いだろうと考えていましたが、家に災害用のキットや非常食、保存水は備えていません。
保険金などの備えはあれど、生き延びる為の備えはできていないといえます。
災害時の備えのように、保険への加入、災害用キットの設置、非常食の用意など、段階的に小分けにして行くことで足りない部分や問題点を見つけることができます。
しかし、小分けにするにも、全部で何がどのくらいあるのかを知らなければ、分けることも難しいものです。

例えば、ケーキを3等分する時はケーキの形によって分け方が異なります。
形がわからなければ、3つに分けることはできても、3等分することができません。
また、俯瞰視点のみならず、様々な角度から見ることで、複数の分け方を発見できます。
食べやすさや見た目など、目的に合わせて分け方を変えることができます。
チェックリストなどが切り分け後のケーキだと考えればイメージしやすいでしょうか。
業務に当てはめるならば、入力したデータをDBに保存し、好きな時に検索できるシステムがあったらいいなという要件に対し、入力デバイスは何か、DBの選択、検索する時は何を使うのか、利便性や安全性など様々な角度から見て決めていくことになります。
製造でも、共通部品を作る際に不要な機能と必要な機能の切り分けが重要になります。
さらに問題点が分かれば、どのような対策が最善かを講じることになります。

全体を見るとともに、今回のケーキのように様々なものに対して「見立て」を行うことで、理解しやすいイメージを構築できると思います。ぜひお試しください。

モチベーションを上げるには

お久しぶりです。
SBです。

少し前から、ジムに通ってます。
ようやく、自分の体重と同じ重量のベンチプレスが挙げられるようになりました。
(体重は秘密です。)
自分と同じ体重を挙げられてようやく初級者脱退程度だそうです。
100kgの道は遠い……
まずは体重を増やすところからですね。

今回はモチベーションについてのお話をさせていただこうかと思います。

さて、上記のジム通いですが、やはり最初の内は通うのが億劫でした。
通い始めたきっかけも体を動かさないとな程度の軽い気持ちでしたし、
精々、月額を払っているのが勿体ないから行こうかなぐらいのモチベーションだったと思います。

このままではその内辞めてしまうな。と思ったときに、
ではまずどうしようかと考えた結果、まずはメニューをしっかりと組むことにしました。
それまでは適当に疲れるまで回数をこなしていたのですが、重量を決め、回数とセット数を決めました。
そうすることで、前日までと比較が可能になったため、成長をわかりやすく実感できるようになり、
モチベーションの向上につながったと思います。

次に行ったこととしては、プロテインを飲み始めました。
新しい物を買うのは、やる気だけでなく使命感も湧きますよね。

そんなこんなでプロテインを飲み始めてから、しばらくするとジムに通うことが義務と思わなくなり、楽しくなってきました。
今では、グローブやマルチデキストリンまで買い始め、ジムに行くことが楽しみになっています。

最後に、これは自論になりますが、モチベーションというのは人から与えられるものではなく、
自分の内側から引き出すものだと思っています。
(書いててなんですが、今回のジムの話を人から言われても多分モチベーションは上がってなかったと思います。)

モチベーションが下がってるなと思っている人は、どうすればモチベーションが上がるかを一考してみるのがいいかもしれません。

整理整頓をする術を見つける

Ordnung ist das halbe Leben.
「人生の半分は整理整頓である」

唐突ですが、これ、ドイツのことわざだそうです。
勤勉で実直なイメージのあるドイツにぴったりな言葉だと思います。

最近になって一人暮らしを始めたわたしですが、いまもっぱらの悩みが、整理整頓についてです。
いまの部屋に入居してから1か月ほどは部屋の掃除をこまめにし、快適かつ清潔な部屋で過ごしていました。
しかし、2か月、3か月が経過すると部屋の面積を本が占領しはじめ、自分の座るスペースすら限られてきました。

趣味でよく小説を読んでいるのですが、この他にも映画やアニメのDVD…ネット通販で買った空気清浄機…
中古のスーパーファミコン…人をダメにするソファ…ズボン・プレッサー…Raspberry Pi
などなど自制心以外お財布の紐を締める者もいないので、部屋は物で溢れ返っています。

このままでは寝る場所も本で埋め尽くされかねないので、整理整頓をしようと思う今日この頃です。

整理整頓って必要なの?

整理整頓をする上でメリットとなる要素を調べてみました。
・必要な時に必要なものを素早く取り出せる。
・見た目がスッキリして、気分も良くなる。
・要るものと要らないものが分けられて、迷う必要もなくなる。
・実家の母が来ても、いちいち愚痴を言われない。
・床に置いてあった本につまずかない(足の指を傷めない)

こんなところでしょうか。ネットの意見を参考にしてみると、
・経済的余裕(不要な物を置くスペースがなくなる)
・時間的余裕(探しものをする時間がなくなる)
・精神的余裕(スッキリする)
が確保できるそうです。さすが、整理整頓の行き届いている方のお言葉はいたってシンプルです。
そんな方たちの整頓術を調べてみると、「要らない物を捨てる」ことを前提に、出す→分ける→減らす→しまうというステップを区切ることだそうです。とにかく要らないものは捨てる。読まなくなったマンガや本、DVDは売るか捨てるかということですね。

でもやっぱり捨てられない物もあるわけで

整理整頓をする中で、やはり捨てるに捨てられない物もあります。他人にとって、「なんであいつあんな物をいつまでも持ってるんだろう……」と思うものでも、当人にとってはこだわりがあるものです。
捨てたいんだけど、思い入れがあって捨てられない。でも、これ以上足の踏み場もない部屋に住むのは嫌なものです。
そこで視点を変えて、保管する場所を変えてみるのも一考です。
わたしの場合は、最近になってKindleを購入し、電子書籍化されている小説などはなるべくそっちで買い、海外小説や古本を買う場合のみ、紙で買うようにしています。
参考書などは分厚いものも多いため、電子書籍化されていないものに関しては自炊をして自宅PCに保存をしています。
また、参考書をただ自炊する以外にも、読み込んだ内容を自分で資料としてまとめるのも良い方法だと思います。
自分の言葉でまとめた資料ですので、分かりやすいし、かつ勉強にもなります。

ひとによっては、本棚にシリーズものを揃えるのが好き、という方もいますが、コレクションとして並べるのか、新しい本を並べるのか、と自分の中で天秤をかけて整理していくのも、本好きとしては楽しいやり方だと思いました。
自分の趣味と折り合いをつけた整理整頓を心がけていきたいものです。

最後になりますが、冒頭に紹介したドイツのことわざにはこんな後半があるそうです。

Ordnung ist das halbe Leben.
「人生の半分は整理整頓である」
(…aber die andere Hälfte ist schöner)
(けれども、他の残っている半分の方が楽しい)

ありがとうございました。