株式会社シベスピ 従業員ブログ

シベスピの社員ブログ。技術・想い・経験沢山書いていきます!

全体を見ることと見立てること

お久しぶりです。徳永です。

9月は台風が猛威を振るいましたが、もしものときの備えはされていますでしょうか。
私は保険に加入しておけば良いだろうと考えていましたが、家に災害用のキットや非常食、保存水は備えていません。
保険金などの備えはあれど、生き延びる為の備えはできていないといえます。
災害時の備えのように、保険への加入、災害用キットの設置、非常食の用意など、段階的に小分けにして行くことで足りない部分や問題点を見つけることができます。
しかし、小分けにするにも、全部で何がどのくらいあるのかを知らなければ、分けることも難しいものです。

例えば、ケーキを3等分する時はケーキの形によって分け方が異なります。
形がわからなければ、3つに分けることはできても、3等分することができません。
また、俯瞰視点のみならず、様々な角度から見ることで、複数の分け方を発見できます。
食べやすさや見た目など、目的に合わせて分け方を変えることができます。
チェックリストなどが切り分け後のケーキだと考えればイメージしやすいでしょうか。
業務に当てはめるならば、入力したデータをDBに保存し、好きな時に検索できるシステムがあったらいいなという要件に対し、入力デバイスは何か、DBの選択、検索する時は何を使うのか、利便性や安全性など様々な角度から見て決めていくことになります。
製造でも、共通部品を作る際に不要な機能と必要な機能の切り分けが重要になります。
さらに問題点が分かれば、どのような対策が最善かを講じることになります。

全体を見るとともに、今回のケーキのように様々なものに対して「見立て」を行うことで、理解しやすいイメージを構築できると思います。ぜひお試しください。

モチベーションを上げるには

お久しぶりです。
SBです。

少し前から、ジムに通ってます。
ようやく、自分の体重と同じ重量のベンチプレスが挙げられるようになりました。
(体重は秘密です。)
自分と同じ体重を挙げられてようやく初級者脱退程度だそうです。
100kgの道は遠い……
まずは体重を増やすところからですね。

今回はモチベーションについてのお話をさせていただこうかと思います。

さて、上記のジム通いですが、やはり最初の内は通うのが億劫でした。
通い始めたきっかけも体を動かさないとな程度の軽い気持ちでしたし、
精々、月額を払っているのが勿体ないから行こうかなぐらいのモチベーションだったと思います。

このままではその内辞めてしまうな。と思ったときに、
ではまずどうしようかと考えた結果、まずはメニューをしっかりと組むことにしました。
それまでは適当に疲れるまで回数をこなしていたのですが、重量を決め、回数とセット数を決めました。
そうすることで、前日までと比較が可能になったため、成長をわかりやすく実感できるようになり、
モチベーションの向上につながったと思います。

次に行ったこととしては、プロテインを飲み始めました。
新しい物を買うのは、やる気だけでなく使命感も湧きますよね。

そんなこんなでプロテインを飲み始めてから、しばらくするとジムに通うことが義務と思わなくなり、楽しくなってきました。
今では、グローブやマルチデキストリンまで買い始め、ジムに行くことが楽しみになっています。

最後に、これは自論になりますが、モチベーションというのは人から与えられるものではなく、
自分の内側から引き出すものだと思っています。
(書いててなんですが、今回のジムの話を人から言われても多分モチベーションは上がってなかったと思います。)

モチベーションが下がってるなと思っている人は、どうすればモチベーションが上がるかを一考してみるのがいいかもしれません。

整理整頓をする術を見つける

Ordnung ist das halbe Leben.
「人生の半分は整理整頓である」

唐突ですが、これ、ドイツのことわざだそうです。
勤勉で実直なイメージのあるドイツにぴったりな言葉だと思います。

最近になって一人暮らしを始めたわたしですが、いまもっぱらの悩みが、整理整頓についてです。
いまの部屋に入居してから1か月ほどは部屋の掃除をこまめにし、快適かつ清潔な部屋で過ごしていました。
しかし、2か月、3か月が経過すると部屋の面積を本が占領しはじめ、自分の座るスペースすら限られてきました。

趣味でよく小説を読んでいるのですが、この他にも映画やアニメのDVD…ネット通販で買った空気清浄機…
中古のスーパーファミコン…人をダメにするソファ…ズボン・プレッサー…Raspberry Pi
などなど自制心以外お財布の紐を締める者もいないので、部屋は物で溢れ返っています。

このままでは寝る場所も本で埋め尽くされかねないので、整理整頓をしようと思う今日この頃です。

整理整頓って必要なの?

整理整頓をする上でメリットとなる要素を調べてみました。
・必要な時に必要なものを素早く取り出せる。
・見た目がスッキリして、気分も良くなる。
・要るものと要らないものが分けられて、迷う必要もなくなる。
・実家の母が来ても、いちいち愚痴を言われない。
・床に置いてあった本につまずかない(足の指を傷めない)

こんなところでしょうか。ネットの意見を参考にしてみると、
・経済的余裕(不要な物を置くスペースがなくなる)
・時間的余裕(探しものをする時間がなくなる)
・精神的余裕(スッキリする)
が確保できるそうです。さすが、整理整頓の行き届いている方のお言葉はいたってシンプルです。
そんな方たちの整頓術を調べてみると、「要らない物を捨てる」ことを前提に、出す→分ける→減らす→しまうというステップを区切ることだそうです。とにかく要らないものは捨てる。読まなくなったマンガや本、DVDは売るか捨てるかということですね。

でもやっぱり捨てられない物もあるわけで

整理整頓をする中で、やはり捨てるに捨てられない物もあります。他人にとって、「なんであいつあんな物をいつまでも持ってるんだろう……」と思うものでも、当人にとってはこだわりがあるものです。
捨てたいんだけど、思い入れがあって捨てられない。でも、これ以上足の踏み場もない部屋に住むのは嫌なものです。
そこで視点を変えて、保管する場所を変えてみるのも一考です。
わたしの場合は、最近になってKindleを購入し、電子書籍化されている小説などはなるべくそっちで買い、海外小説や古本を買う場合のみ、紙で買うようにしています。
参考書などは分厚いものも多いため、電子書籍化されていないものに関しては自炊をして自宅PCに保存をしています。
また、参考書をただ自炊する以外にも、読み込んだ内容を自分で資料としてまとめるのも良い方法だと思います。
自分の言葉でまとめた資料ですので、分かりやすいし、かつ勉強にもなります。

ひとによっては、本棚にシリーズものを揃えるのが好き、という方もいますが、コレクションとして並べるのか、新しい本を並べるのか、と自分の中で天秤をかけて整理していくのも、本好きとしては楽しいやり方だと思いました。
自分の趣味と折り合いをつけた整理整頓を心がけていきたいものです。

最後になりますが、冒頭に紹介したドイツのことわざにはこんな後半があるそうです。

Ordnung ist das halbe Leben.
「人生の半分は整理整頓である」
(…aber die andere Hälfte ist schöner)
(けれども、他の残っている半分の方が楽しい)

ありがとうございました。

祝Youtubeデビュー 動画の作り方講座

会社を良くする会、広報チームの内田です。
広報チームではこのブログの管理やTwitterInstagramの運用を実施しているのですが、この度Youtubeも始めました!(ぱちぱち
今回は動画を作った背景と、作り方を簡単に紹介したいと思います。

そうだ動画を作ろう!

広報チーム内でYoutubeの話があがったのは、去年のことでした。
学生の将来なりたい職業ランキングにYoutuberがあがり、大手広告代理店が動画広告に力を入れ始めるなど、インターネットメディアにおいてYoutubeは無視できない存在となりました。
そうとなれば

勿論やりましょう!

そうだ会社を良くする会の紹介動画なんていいんじゃないか?

よし、動画をとろう!

こうして、広報チームでは各自で会社を良くする会の動画を撮影することになりました。

動画をとったはいいけど。。

私はサーバー作ろう会で実施された勉強会の様子を撮影しました。
カメラの使い方から分からず、てんやわんやしながらも動画は撮れ、よし編集だ!となったときに事件は起こりました。

あれ、なにを伝えたいんだっけ。これ撮ったはいいけどどうしよう。

そうなんです。少し考えれば分かることではあったと思うのですが、ただ動画を撮ると積みます。
私はサーバー作ろう会の紹介をしたかったはずなのですが、勉強会動画からどう紹介すればいいのかなんてさっぱり思い浮かばず。
もう一度台本を作ってサーバー作ろう会のメンバーに話してもらう動画を撮る事も考えたのですが、
採用サイト用に20秒の動画を撮るだけでもテイク10ぐらいになったことを思い出し、うーんと悩んだ結果、

映像が撮れないのであれば、作ればいいじゃない。


という結論に至りました。

そうだ、動画を作ろう!

動画は下記の流れで作成しました。
①動画編集ソフトの初期設定
②構成を考える
③音源をピックアップする
④画像を作る
⑤動画編集をする

①動画編集ソフトの初期設定

動画編集ソフトはAviUtilを使用しました。
何故このソフトを使用したかというと、まず無料であることと、拡張機能が豊富であること。
そして何よりは初心者向けの詳しいサイトがあったからです。
こちらのサイトを見ながら設定し、動画編集をしました。
http://aviutl.info/intro/

②構成を考える

今回は下記の構成で作成しました。

①シベスピの動画であることが分かるOP
②動画のタイトル
③あいさつ
④会社を良くする会紹介
⑤サーバー作ろう会紹介
⑥締め

構成を考えた後、広報チームのメンバーである須田さんと編集を分担し、作業に入りました。
分担する上で決めたことといえば、動画サイズぐらいです。

③音源をピックアップする

本来であれば、コンテ等で詳細を決めてそれに合う音源を捜すというのが良いのかもしれませんが、動画作成初心者である私はまず動画のイメージを作るために音源サイトで色々な音を聴きました。

音源サイトは効果音とBGMにわけて検索し効果音はこちらのサイトのものを使用しました。
http://www.kurage-kosho.info/
https://soundeffect-lab.info/

BGMはこちらのサイトのものを使用しました。
BGMを探すときに注意しなければいけないのは、ループ音源かそうではないかです。
ループ音源とは繰り返し再生をしても途切れることがなく、曲として成り立つ音源のことです。
この時点では何分の動画になるかなんて分かっていないので、主にループ音源を捜しました。
http://pansound.com/panicpumpkin/

音源は聞いているだけでも楽しいですし、今思えば、画像をベースにして音源を捜したらそれはそれで大変だったなと思うので、先に音源固めるのも手段としてはありかと思います。

④画像を作る

映像が無いので、画像も作る必要があるわけですが、基本的には写真や絵の組み合わせなので、特出することはないです。
しいていえるとすれば、アニメーションとして使わないところは基本的に一枚絵にして、動画編集ソフトでの要素配置はしていません。
実際、今回作った画像数は6枚です。
①挨拶と締めの背景
②会社を良くする会紹介背景
③サーバー作ろう会背景
④サーバー作ろう会噴出し
⑤やたがらす噴出し
⑥サーバー作ろう会キャラクター

⑤動画編集をする

基本はタイムラインに要素を配置し、再生しながら確認していく作業となります。
今回私が編集ソフトで使った機能といえば文字を一文字ずつだすことと、動画にオブジェクトを配置し(今回はただ四角のオブジェクト)それをフェードイン・フェードアウトする機能ぐらいです。
アニメーション要素が必要なOPやタイトルは須田さんに丸投げしました。はい。

上記流れで作った動画がこちらになります。

突撃!会社を良くする会!【株式会社シベスピ】

最後に

このようにして動画を作りましたが、この動画がどのような効果を生むかの効果測定はこれからだと思っています。
また、今回はまず作り上げることと公開することを主軸において作りましたがまだまだブラッシュアップできると思います。
キティちゃんに負けないよう、頑張っていきたいと思います。
(いずれやたちゃんをCチューバーとしてデビューさせたい!)

以上、広報チームYoutubeデビューしたよという宣伝でした。

自分ってどんな人だろう

こんにちは。鈴木です。
まだシベスピには鈴木さんが私一人なので鈴木と名乗れますが、鈴木さんが増えたらどう名乗っていこうかと悩み中です。
きっと「○○な鈴木」みたいな感じで名乗ることになるでしょう。そしてこの○○に入れられる言葉が問題でした。
この○○はどんな言葉になるのかを考えてみると、「第三者目線で自分の特徴を表す言葉」になってくると思います。
私自身の特徴を表す言葉を考えみると……むむむ! ロクな言葉が思いつかない!

○○に入る言葉の意味

サービス業は特にですが、お仕事をするにあたっては信用・信頼がとても大事です。
その信用・信頼はこの○○に現れてくると私は考えています。
例えば、私がこんな鈴木さんだったらどうでしょう。
「なんでも任せられる鈴木さん」
「勤勉な鈴木さん」
こんな感じの鈴木さんなら、一緒に仕事していても嫌じゃないですよね。
むしろ一緒に仕事したい!

逆に、不名誉な感じの鈴木さんを上げてみます。
「お休みの多い鈴木さん」
「頑固な鈴木さん」
「普段何をしているかよくわからない鈴木さん」
こんな感じで実際に呼ばれたことがあります。
今振り返ってこの頃の自分を思うと、一緒に仕事したくないですね!
(今はお休みの多さは克服し、頑固さも和らいだと思うのですが、何をしているかわからないっていうのは……難しい)

良い言葉を得るためには

自分を言い表す言葉というのは、これからの行動によって良い内容にも、悪い内容にもなっていきます。
私を表す言葉はもちろん、好感の持てる良い内容であって欲しいです!
そのためには、どうすれば良いでしょうか?
きっと一朝一夕で変わるものではありません。
「なんでも任せられる鈴木さん」は、任せられたことを一つひとつ間違いなく達成していくことで、その実績が積み重なってようやくなれるものでしょう。
「勤勉な鈴木さん」も同じで、毎日の真面目な姿勢を見せていることで、いつか呼ばれるようになると思います。
色々考えてみた結果、大事なことが2つあると思いました。

第一に、「目標を持つこと」
無意識に良い行いを続けていければ素晴らしいですが、それが出来る人はなかなかいません。
意識的に、自分がどうありたいかを踏まえて行動に表していく必要があります。

第二に、「見せること」
どんなに勤勉に働いていたとしても、誰も見ていないのでは「(自称)勤勉な鈴木さん」にしかなれないでしょう。
それでは寂しいですよね。

終わりに

自分がどう名乗っていこうかを今回考えてみた結果、
私は「みんなの味方の鈴木さん」を目指そうと思いました!(頼りにされたい!)
これから頑張ります。

【サーバーつくろう会】これまでの活動!

こんにちは!サーバー作ろう会です。
今回は、サーバー作ろう会のこれまでの活動についてご紹介したいと思います!

サーバー作ろう会の成り立ち

自作PCを作ったことが無い!サーバーを立てたことが無い!「「サーバーを1から作りたい!!」」という思いからサーバー作ろう会は始動しました。

話し合い

ミーティングでどんなサーバーにするかを話し合いを行い、メールサーバーやら、研修用のサーバーやら「あれもしたい。」「これもしたい。」ってアイデアがたくさんあがったので、VMにして、練習がてら全部やってみるか!ということになりました。

お買いもの

5月の末に最低限サーバーを作るために必要なパーツの洗い出しを行い、後日の休日に秋葉原へ買い出しに行きました。
午前中に集合してサーバーのパーツ選びをし、約2時間ほどでパーツ選びが終わってしまったが、ひとまず購入は午後にすることにし、秋葉原散策へ!
街をブラブラし、昼食を食べ、食後の運動にゴルフの打ちっぱなしへ行き、運動後にはデザートを食べるという充実した休日を送り、秋葉原へ来た目的が散策だったのではと思うほどでした。
f:id:chivsp:20180308091743j:plain
1通り満喫した後再度PCショップへ行き、サーバーのパーツを購入し、解散となりました。

組立て!

パーツ購入時に組立て手順の説明書をもらっていたため、簡単だと思っていたが、いざ組立ててみると説明書を見てもケーブルをどこに差せばよいか分らないことがあり、四苦八苦しました。
f:id:chivsp:20180308090815j:plain
なんとか組立ては完成したのですが、電源が入らない。。。
パーツ購入時に店員から組立てをして動作確認もできると聞いていたが、色々調べてみると電源ボタンが足りなかったことが判明!!
急遽、電源ボタンを買いに行き、取り付け、電源ボタンを押すと無事起動し、セットアップ画面が表示されてホっとしました。
f:id:chivsp:20180308090941j:plain

PCケース考案!

パーツの組み立てが終わったので、次はケースだ!ということで、PCケースの案出しを行いました。
水槽型や、ロボット型、おかもち型など独特な案が出ましたが、最終的に水槽案に落ち着きました。

Xen(ゼン)インストール

Xenを入れて仮想環境を構築して、CentOSを入れてみようということになり、まずはXenをインストールしました。
インストールの手順については、別の機会に紹介したいと思います。
f:id:chivsp:20180308090919j:plain
私は電源ボタン担当として任務にあたっていました。

最後に

この後は、PCケースの設計と作成、GitサーバーやDBサーバー等のサーバー構築などを実施しました。
その作業の様子については、今後のブログにて紹介していきたいと思います。

参考書を攻略したい

「今年の夏は何をして過ごしましたか?」と聞かれたら、
「だいたい帰宅後に水を飲んでいました」と答えることになりそうな松本です。
水分補給は大事です。はい。

さて、そんな熱中症知らずの松本宅の本棚には、買ったはいいけど読んでない本、いわゆる積み本が、文字通りバンバン積み上がっております。
一応手をつけてみたものの、いまだに読み終わっていない本もしっかり並んでおり……。
どうやら水を飲むのに集中していて、本を読めていなかったみたいですね……?(大嘘)

参考書、どう読んでいますか?

最近になってぼちぼち読み始めてはいるのですが、どうしても手が止まりがちなのが参考書。
特に、基本情報技術者試験の参考書は読みかけのままストップ……。
肝心の試験には春に合格したこともあり、彼らとはますます疎遠になっている気がします。
参考書とは、大学まではほとんどお世話になっておらず、研修の時は問題に行き詰まった時に読むもの、という扱いをしていたため、実はあまり馴染みがない種類なのです。

私の手が止まってしまう理由は、大きく2つあると思っています。

一つ目は、実際に業務で行なっている自分の作業に結びつけられていないため、単純にモチベーションが上げられないことです。
数学で難しい数式を見て「将来なんの役に立つんですか?」ってやってる学生と一緒か!という話ですね……( ˘ω˘ )
現場の誰かに聞くなど、自分でコントロールしていく方法はいくらでもあると思うので、ここでは割愛します。

二つ目は、参考書の読み方です。
例えば小説などは、読めない漢字や、一回で理解できない部分があった時に、流して読み進めても影響が少ない場合があります。
前後の文脈から、登場人物が何をしているとか、何を見つけたとかを、なんとなく察することができるからです。

一方で参考書(特に私が持っている試験の参考書は…ですが)、序盤で出てきたことの組み合わせや応用を繰り返していくことが多いです。
つまり、手前の内容がちゃんと理解できていないと、その先もまったく理解できない!という場合が、往々にして起こり得るということですね。
分からないな…と思った部分を、なんとなく、察する、で流すわけにはいきません。

とにかく理解するしかないのだけれど

2年目松本、これがネック。
試験勉強の時は割り切って『理解してから進んで、また理解してから進んで』を繰り返していましたが、結局読み終わらず積み本の仲間入り。
試験対策の本だから受かればいいという意見もあるとは思いますが、せっかく金出した基本情報でやる内容がこれから役に立たないわけがないので、なんとか読み切りたいところです。
ですが、昼間に仕事をしている以上、作れる時間にはどうにもこうにも限界があります。

ゲームですら、経験値を積んでレベルを上げないとスキルが獲得できない世界ですし、
経験値の浅いペーペーの分際で、参考書をサクッと読みたい!というのは、やはり高望みでしょうか……。

おわりに

参考書を読むときに、自分が理解しやすい方法を確立している方もいるでしょう。
一回さらっと読んで全体を把握してから、分かりにくいところをもう一度読み直している方もいるかもしれません。
そもそも、読み物としてではなく、困った時にだけ辞書のように使っている方もいると思います。

皆さんはどのようにして参考書と付き合っていますか?
よかったら教えてください(*^^*)