株式会社シベスピ 従業員ブログ

シベスピの社員ブログ。技術・想い・経験沢山書いていきます!

小橋のプロフィール

自己紹介

はじめまして。
6月に入社しました、小橋です。
好きなことはたくさん、誇れる特技は特になし、弟がいると言うと納得される性格です。
前職では、医療機器関連ソフトウェアの開発をしていました。
心理統計学の実習で少しかじった程度のプログラム経験でシステム開発の世界に飛び込みましたが、上司をはじめとする周りの方々のお力もあり、前職には6年間と少し在職させていただきました。
シベスピでは、同じシステム開発といえども、これまでとはだいぶ毛色が異なる領域・作業環境(特に実機が作業場にないところ!)にそわそわしながら仕事をさせていただいています。

スピーチの作戦とネタばらし(もしくは怪我の功名)

特に目を引く経歴を持ち合わせてないので、先日社内で行ったスピーチの話をしようと思います。
早々に余談に突入です。
非常に個人的な部分もありますが、ほとんどがスピーチや人前で話すときに役立つテクニックです。
なので、許してください。

人前で話をするのは元来苦手です。
緊張すると涙が出るし、どもるし、面接も面談も人前でのスピーチも嫌いです。
しかし、いつまでも苦手だと逃げているわけにもいかないので、作戦を練ってみました。

ここ半年、自分の印象について考える機会が多くあったため、今回のスピーチでは、人の印象と見た目をテーマにしました。
まず、以前受講したロジカルシンキング研修の資料を読み直し、情報のまとめかたを確認。
ピラミッド構造を意識して組み立てていくことに決めました。

主題の根拠となる資料や数字を確認して、レポート用紙にまとめます。
レポート用紙に記述する際は話す順番とスピーチ全体の構成を意識しますが、口語や文章にはしません。
口語や文章で原稿を作ってしまうとただの音読になってしまうので、話す内容をブロックごとに箇条書きにします。
ただし、最後に話す締めの部分だけはかっちり固めました。
スピーチの際にはこの締めを意識して話を収束させていくようにします。

また、今回の主題は印象と見た目の話だったので、話の内容に合わせてしぐさをつけようと考えていて、レポート用紙への記述と同時に話すときのしぐさを考え、内容としぐさを紐づけました。
これには、しぐさを付加することで、スピーチの内容をエピソード記憶にして覚えてしまおうという魂胆もあります。
最後に、レポート用紙にまとまった内容を3分におさまるように調整し、同時に話し方としぐさの練習をします。
スピーチの内容はなかなか満足できるものになりました。
ここまでが作戦。

ここからはネタばらし。
作戦と大仰な言葉を使いましたが、内容の調整までたどり着いたのが当日の昼休み。
内容には自信がありましたが、喋る練習は不十分で、人前で話すことに対する苦手意識も変わらず。
気持ちは焦るし、きっとまともに喋れないだろうなと感じていました。

本社への帰り道での同僚との会話をきっかけに、いっそのこと開き直ろうと思い立ち、スピーチや演説が得意な前職の上司の真似をすることに決めました。
以前観察した元上司のスピーチを思い出しながら、自信を持って話す、目線を下げない、早口にならない、笑顔で、仕草はやや大仰に...
真似を通り越して、いっそなりきるくらいのつもりでスピーチを始めました。

思っていたよりもすんなり話し始めることができたのですが、目線が定まらずに泳いでしまっていたので、内心焦っていました。
そこで、冒頭で程よくリアクションをしてくれた正面やや左側に立つ同僚を話し相手だと思い、彼と話しているつもりで終わりまで話し切りました。
卒業論文の口頭試験の際に教授にいただいた「僕にだけ話したらいいよ!」というアドバイスを思い出して実践してみました!)

話の根拠と締め方はしっかりと固めてあり、スピーチに目標があったこと、しぐさと合わせて内容をきちんとインプットできていたことも相まって、無事スピーチを終えることができました。
結果としては褒めていただけたのですが...怪我の功名とはこのことだと実感しています。

余談の余談

自己紹介を投げ出してスピーチの話をしましたが、ここからは更に余談です。
先日、口頭での業務報告をした際には業務報告書を目で追って読んでしまい、なかなか散々な報告になってしまいました。
原稿は用意しないことが、案外重要みたいです。

神田のプロフィール

自己紹介

出身地:福岡県福岡市
生年:1991年
趣味:筋トレ

経歴

大学時代

 大学では、情報技術を研究するサークルに入りゲームプログラマーを目指してゲーム開発を行う日々を過ごす。
 就職活動を視野に、グラフィック方面に特化することを決め、DirectX9を用いた三次元コンピューターグラフィックスのプログラムに特に力をいれる。

 サークル引退後は、サークルで身に着けたゲーム開発スキルを武器に、ゲームプログラマーの就職活動を行う。
 就職活動は驚くほど早く終わり、4年生の4月には研究室での卒業研究に没頭することになる。

 大学の研究室ではさらに一歩踏み出すためDirectX11を研究することを決め、平日は自主的に研究室で寝泊まりし、土日だけ自宅に帰る生活をする。
 卒業研究ではDirectX11の新機能を使用した開発を行い、標本分布シャドウマップ(Sample Distribution Shadow Maps)という技法を再現した。
 こうしてプログラミング漬けの大学時代を終え、新卒ではゲームプログラマーとして社会人をスタートする。

社会人

 新卒で入った会社では、主にアーケードゲームの開発を行っていた。
 プログラマーという立場だったが、エンドユーザーが求めている物を理解するべく、市場でゲームをプレイしユーザー目線の考え方を取り入れた企画提案で貢献する。

 一方で現場で使用されている技術が古く、将来的に開発中のゲームの寿命が来た時、プログラマーとしての立場に危機感を覚え、転職を決意。
 現在に至る。

【C#】YouAreAnIdiot【Windowsフォームアプリケーション入門】

御託

こんにちはIskです。
最近生まれて初めての胃腸炎をやりました。フラフラしながら吐いたのは大昔インフルエンザをやった時以来でしょうか。冷凍ささみのせいかと思いましたがそれなら食中毒だろという気もするので結局原因不明でした。

さて、このWindowsフォームアプリケーション入門では、毎回何かしらのアプリケーションを作りながらFormアプリケーションの作り方を学んでいくのが目的ですが、今回はFormの中でもよく使う(出典:Isk)けどちょっとややこしい(出典:Isk)動きをする「Timer」を使っていきます。懐かしのブラクラ「YouAreAnIdiot」モドキを作りながらやっていきましょう。

概要

Timer(System.Windows.Forms.Timer)は、一定時間ごとにイベントを繰り返し発生させるコンポーネントです。イベントにメソッドを割り付けることにより、一定時間ごとにメソッドを実行できるようになります。要は一定間隔で関数を繰り返し実行させることができます。

プログラム

おなじみプロジェクト作成後の画面になります。(デフォルトのウィンドウサイズが大きくなってましたがPCをWindows10にしたのが関係してるのでしょうか)
f:id:chivsp:20180723000918p:plain


ウィンドウサイズを調整した後、「ツールボックス」から「Label」を選択してフォームに貼り付け、下記のプロパティを設定します。

プロパティ名 設定値 概要
Name lblFace 変数名になります。
AutoSize False ラベルのサイズを手動で調整可能にします。
BackColor White 背景色を白(#FFFFFF)にします。
Dock Fill ラベルをウィンドウ全体に引き伸ばします。
Font Wingdings, 128pt 絵文字用のフォントを使用します。
ForeColor Black 文字色を黒(#000000)にします。
Text JJJ 絵文字フォントの顔に相当する文字を指定します。
TextAlign MiddleCenter 文字を中央に表示します。

f:id:chivsp:20180723000914p:plain


ツールボックス」から「Timer」を選択してフォームに貼り付けます。
f:id:chivsp:20180723000910p:plain


デザイナの下部に「timer1」と表示されるので、下記のようにプロパティを設定します。

プロパティ名 設定値 概要
Enabled true タイマーの有効にします。
Interval 1000 タイマーを実行する間隔(ms)です。


デザイナの下部の「timer1」をダブルクリックするとコードエディタに移動し「timer1_Tick」関数が追記されるので、下記のようにコードを記載します。

private void timer1_Tick(object sender, EventArgs e)
{
    // メソッドを実行するたびに顔文字の色を反転させる
    if (lblFace.BackColor == Color.Black)
    {
        lblFace.BackColor = Color.White;
        lblFace.ForeColor = Color.Black;
    }
    else
    {
        lblFace.BackColor = Color.Black;
        lblFace.ForeColor = Color.White;
    }
}


実行すると次のような感じになります。
f:id:chivsp:20180723000907g:plain

御託2

正直これだけだとTimerの利点があんまり見えないなと作ってから思いました。一定周期で最新の情報を取得したりするほうがよく使用されるでしょうか。いろいろ触ってみて便利な使い方を見つけて貰えば良いと思います。(丸投げ)
便利なTimerですが、実はこれに機能を盛り込みすぎるのも危険です。

Timerを使用する際の注意点

Windowsフォームアプリケーションは「イベントドリブン」、簡単に言うとボタンクリックなどのユーザー操作によって処理が行われる形式となっています。これによりイベント時(ボタンクリックなど)に実行される処理の時間が長いと、処理が終わるまでフォームがフリーズしてしまいます。
Timerもボタンクリックなどと同様にイベントを発生させ処理を実行しています。なのでTimerでも時間のかかる処理を行うと、その処理中はフォームがフリーズしてしまいます。

またTimerの動きは「処理が終わるたびに一定時間待機し、次の処理を実行する」のではなく、「一定間隔ごとにイベントを発生させる」です。つまりTimerで行っている処理が終わっているかどうかは関係なく、一定時間ごとにどんどん処理を実行します。これは「実行間隔 > 処理時間」の時は良いですが「実行間隔 < 処理時間」になると、処理が終了したあとすぐに次の処理が始まることとなり、フォームがフリーズし続けることになります。(スレッドを作成しているわけではないので、処理を実行中にまたその処理を実行するということにはなりません)
Timerに限った話ではないのですが、時間のかかる処理は別スレッドで実行(BackGroundWorkerやasync/await)するなど、フォームがフリーズしないように注意する必要があります。(マルチスレッド化は奥が深すぎるのでここでは触れません)

おわり

今回はTimer(System.Windows.Forms.Timer)を使用しました。便利さよりも厄介さがにじみ出る記事になっていますが、それだけドツボにはまりやすいコンポーネントということです。Windowsフォームアプリケーション初心者やプログラミング初心者は、スレッドやイベントの区別がついていなかったり、特に考えずコンポーネントを使用するのでなおさらです。
実はTimerにはいろいろな種類があり、それぞれメリットデメリットがあるのですが、それはFormアプリケーション入門以外の所でできればなと思います。

次回もFormでよく使うコンポーネントで何かしらを作っていきます。(つまり考えてない)

シベスピ新本社大公開!

7月17日に、シベスピ本社が移転となり、
あまりのおしゃれさに、ちょっとビビってます。
どうも内田です。

今回は、そんな新本社の紹介をしたいと思います!

場所

前本社は池袋西口でしたが、
新本社は池袋東口から徒歩7分
その名もいちご東池袋ビルです。
f:id:chivsp:20180725185322p:plain

ビル名を聞いた瞬間、だいたいの社員が果物の苺を思い浮かべ、なんて可愛いところに。。と思うことが相次いだわけですが、いちごビルのいちごは一期一会の一期からとったとのことで、なぜかほっとしたのは記憶に新しいです。
f:id:chivsp:20180725190652p:plain

いざ、いちごビル内へ!

エントランス。

f:id:chivsp:20180725190335p:plain

シベスピは3階ですので、
エレベーターで3階までお越しください。

f:id:chivsp:20180725191043p:plain

いざ、3階へ!

3階につくと、受付があります。
f:id:chivsp:20180726183250p:plain

シベスピは3番です!
f:id:chivsp:20180726183237p:plain

お迎えに上がりますので、少々お待ちください。
f:id:chivsp:20180726183227p:plain

入り口を入りまっすぐ進むと
f:id:chivsp:20180726183602p:plain

正面にラウンジ、左手にアイコスルームがあります。
f:id:chivsp:20180726183911p:plain

ラウンジの名前はイチゴラウンジ!
f:id:chivsp:20180726184106p:plain

ラウンジの中はこうなっています。
f:id:chivsp:20180726190244p:plain
f:id:chivsp:20180726190626p:plain

ラウンジを正面にして右手の廊下を進むと
f:id:chivsp:20180726191024p:plain

3番の部屋がシベスピとなります。
f:id:chivsp:20180726191208p:plain
f:id:chivsp:20180726191437p:plain

入って右斜め前が会議室。右が執務室となります。
f:id:chivsp:20180726191901p:plain

会議室はこうなっています。
f:id:chivsp:20180726192810p:plain
f:id:chivsp:20180726192709p:plain
f:id:chivsp:20180726192802p:plain

そして執務室はこうなっています。
まずはロッカー!
f:id:chivsp:20180726193150p:plain

ホワイトボード!
f:id:chivsp:20180726193404p:plain

実際の作業場所はこうなっています
f:id:chivsp:20180727133036p:plain
f:id:chivsp:20180726193646p:plain

天井をみると葉っぱとライトが!
葉っぱはもっと茂るとか茂らないとか。
f:id:chivsp:20180726201029p:plain

以上!新本社紹介でした!

【objective-c】iOSアプリ開発超初心者講座【Xcodeインストール編】

どうも!松尾です!

日本国内でのiPhone普及率をみて、「自分もアプリ作ってみたい」と思っている人は結構多いんじゃないかと考え、復習がてら簡単なアプリを作るとこまで書いていこうかと思います。
今回はiOSアプリを作る環境を整えるところまでやっていきたいと思います。

用意するもの

Mac(空き容量が6GB以上必要)
・コーヒー

導入手順

まずは、iOSアプリを作るための開発ツール「Xcode」をインストールしてもらいます。

「AppStore」を開いてもらい「Xcode」と検索
f:id:chivsp:20180305065822p:plain
Xcode」(青いボードとトンカチのアイコンのやつ) を「入手」→「appをインストール」

f:id:chivsp:20180305065833p:plain
appleのパスワードを入力し、コーヒーを飲みながらインストールを待ちます。
f:id:chivsp:20180305065931p:plain
他のアプリ同様にLaunchpadにいますね。
f:id:chivsp:20180305070750p:plain
インストール完了まではクソ長いですが、まったり待っててください。

インストールが完了したら「Appstore」の「入手」ボタンが「起動」ボタンに変わっているのでクリックして「Xcode」を起動します。
f:id:chivsp:20180305081146p:plain

起動すると以下の規約画面が表示されると思うので「Agree」で同意します。
f:id:chivsp:20180305073700p:plain

すると、Macのユーザー認証が求められるので、パスワードを入力し「OK」ボタンをクリックします。(多分2回求められます)
f:id:chivsp:20180305081450p:plain

認証すると、必要な部品がインストールされますので、少々待ちます。
f:id:chivsp:20180305075748p:plain

インストールが終了すれば、Xcodeの初期画面が表示されます。
f:id:chivsp:20180305083539p:plain

これで「Xcode」のインストールは完了です。
すぐに「Xcode」を開きたい場合は、Dockに表示されたXcodeのアイコンを右クリックし、「オプション」→「Dockに追加」をクリックしてください。

次回からは簡単なアプリを作っていきたいと思います。
お疲れ様でした!!

夏バテ対策

ついに夏も本番。暑くなってきましたが、皆さんは夏バテしていませんか?
私は最近、だるさを体感しています。
暑い外と冷房の効いた室内の温度差で自律神経が乱れてだるさを感じるそうです。
食欲がない方は、冷たい飲み物の過剰摂取により消化器官の機能低下によるものです。
体のだるさや食欲がない状態になると、体力低下によりすぐには治りません。
そこで、日々対策をして夏を乗り切りましょう。
まず、クーラーや扇風機の使い方です。
室温約28度、湿度約55%を目安に、クーラーは2時間程度で切れるようにタイマーを設定し、扇風機は風が体に直接当たらないようにしましょう。温度の下げすぎは体のだるさだけでなく体温低下による血行不良・免疫力低下も生じますので、温度調節が大切です。
次に飲み物の摂取方法です。
喉が渇いてからだとガブガブと多量に飲んでしまいますので、喉が渇く前に定期的に飲むと過剰摂取を防止できます。
汗をかくと水分だけではなく塩分も失われるので、塩分の含まれた飲み物がお勧めです。
その他にも早朝や夕方の涼しい時間帯にウォーキングやランニングなどで軽く運動したり、栄養バランスの良い食事を心がけたりすることも効果的です。
夏バテになる前に対策を始めましょう。

「悲観的に準備をし、楽観的に対処せよ」

引き続き動画中毒の大泉です。行き帰りの電車が暇なので、って言い訳ですが。
新しく入社する方に「一押しアニメ教えてよ!」って聞くのも継続していますが、アニメにも飽きてきて・・・
ということで最近は名作ドラマの見返してはまっていて、特に『山崎豊子』作品ばかり見ています。
激動の時代のリアル、いいですよねぇ。
ということで今回はその中でも『不毛地帯』について、また、主人公『壱岐正』のモデルの一人『瀬島龍三』氏の大好きな言葉を紹介します。

不毛地帯』ドラマの感想

あらすじはwikiなど見ていただければと思いますが、改めて「ビジネスマンとしてのダイナミズム」を感じ楽しめました。
ただ挑戦と成功みたいな単純なストーリーが好きなだけかもしれませんが。
役職や環境、立ち位置的なものに捕らわれず、熟慮し、自分なりの解決先を導き出し、困難に果敢に挑んでいく姿はただただ格好良いですね。
仕事と家族の間で迷い、悩み苦闘する、みたいなところも、人の親になったからでしょうか、共感できる部分が多く有りました。
改めて見ると「困ったときの女性頼み」みたいな部分も多くて、島耕作シリーズみたいでもあったんだなぁとも思いました(ちょっとズルイ)。
石油発掘プロジェクトでの入札成功や実際に石油が出たときなどは、普通に泣けますね(笑)。

『瀬島龍三』氏の言葉

『作戦を立てるときの心構えとして、私たちは「悲観的に準備をし、楽観的に対処せよ」と教育されたのですが、これはいまでも、いろんなところに生かすことができるのではないでしょうか。人間というのは、どうしても楽観的に準備をして、そして事が起きたならば悲観的になりがちですから。』
私は根がネガティブなので、「悲観的に準備」はしているつもりだったのですが、社会人になってからこの小説を読んで、そしてドラマを見て「全然足りていなかった」「”なり”で仕事してた」と反省したことを今でも覚えています。
「とことんまで検討する」「熟慮する」と言葉にすると簡単ですが、『あらゆる事象を想定し最悪のケースに備える』って本当に難しいですよね。
私なりの対処法としては「計画の計画」のように実工程を実施する前の時間、タスク整理・検討を大事にしています。
いきなり「計画を立てる」のではなく、「計画を立てるための計画を立てる」みたいなイメージでしょうか。その準備工程を踏むことで「熟慮」に近い形ができているかな?と思っています。

繰り返しになりますが、私は根がネガティブなので、「楽観的に対処せよ」は苦手です(笑)。
ですが、「悲観的に準備」した状態があれば、「起きてしまったことはしゃーない。検討はしてたしある程度はその方向性でー」と30代前半よりはだいぶ「楽観的に対処」できるようになったと思います。

まとめ?

ここまでがあまりまとまっていないので恐縮ですが、、、
最初は自分なりで良いと思います。考えたんだと。熟慮したんだと。
その結果問題が発生したときにどこまで慌てず、下向かず、立ち向かえるか?
そして振り返りを行って何を掴むか?次に繋がるか?
そういった繰り返しが仕事を楽しくして来たんだなぁと思いましたし、これからも仕事を楽しくする指針になっていると思い返して皆さんへ紹介しました。
もし気になって小説読んだりドラマを見たりしたら感想声掛けてくださいね。

以上です。