株式会社シベスピ 従業員ブログ

シベスピの社員ブログ。技術・想い・経験沢山書いていきます!

初級エンジニアのためのHTML初歩(1)

30歳になり、初めてバリウムを飲みましたが、ぐるぐる回る機械が面白くてテンションが上がったのでまたやりたい。どうも内田です。

最近、後輩にHTMLについて話す機会があったのですが、エンジニアになりたてってとにかく覚えることが多く、大変だと思います。
プログラム、データベース、業務知識、サーバー等、右から左から知識が入ってくる中、WEBを使用したシステムの案件にアサインされると大抵は通る道であるHTML。
今回は覚えることが多すぎな初級エンジニア向けにHTMLの初歩的なことを書いていこうと思います。

そもそもHTMLってなに。

えいちてぃーえむえる。Hyper Text Markup Languageの単語の頭文字をとってHTMLというのですが、なんだこれとWikipediaをみるとこう書いてあります。

HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ、HTML(エイチティーエムエル))は、ハイパーテキストを記述するためのマークアップ言語の1つである。

はい。日本語でおk
そうなんです。説明を読んでも、呪文、馴染みのないカタカナの羅列で何のことやらさっぱりわからないんですよね。

まずはハイパーテキストマークアップランゲージについて、紐解いていきましょう。

ハイパーテキストとは

Wikipediaにはこう書いてあります。

ハイパーテキスト (hypertext) とは、複数の文書(テキスト)を相互に関連付け、結び付ける仕組みである。「テキストを超える」という意味から"hyper-"(~を超えた) "text"(文書)と名付けられた。テキスト間を結びつける参照のことをハイパーリンクと言う。ハイパーテキストは文書を表示するユーザインタフェースの一種であり、従来の文書作成方法の持つ、要素を組織化することについての限界(特にその線形性)を克服しようとするものである。

要はリンク押したら違う文章(画面)に遷移できるすごい文章ってことです。

マークアップランゲージとは

Wikipediaにはこう書いてあります。

マークアップ言語(マークアップげんご、英: markup language)は、視覚表現や文章構造などを記述するための形式言語である。テキストファイルであることが多いが、バイナリデータによる形式もある。

要は、文章に構造的な意味を与えるために、記述する言葉となります。
文章に構造的な意味って言われても何のことやらって感じですが、構造については後述いたします。

意味は分かったけど、別に文章を書きたいわけじゃなくてサイトを作りたいだけなんですけど。。

おそらく、説明を読んで、意味は分かっても、なんとなく腑に落ちない。だって文章を書きたいわけではなく、サイトを作りたいだけですし!って方も往々にしていらっしゃると思います。

これこそが、一番重要なポイントです。

そもそも、HTMLは今でいう企業や個人のサイトを作るためにできた言語ではないんです。

HTMLのもともとの目的

HTMLはもともと、研究者同士の情報共有の手段としてできた言語です。つまり、論文とかを共有することを目的とした言語です。

ということは、リッチな見た目とか、アニメーションとかは要らず、論文っぽくタイトルや文章が書けて、かつ違う文章に遷移できればよかったわけです。
そんな文章共有を目的とした言語をサイトを作成するのにも使用している。ただそれだけなんですね。

そういってしまうと、文章を書くのではなくて、サイトを作る目的で作ってるんだから文章構造を意味付けるHTMLタグって気にしなくていいんじゃないかと思われる方もいるかもしれないのですが、
サイトを文章として理解する相手が実は目に見えないところにいまして。。皆さんがよく使われるであろうGoogleやYahoo等の検索エンジンはまさにサイトのHTMLをもとにサイトを文章として理解します。
そして、その文章からそのサイトはどういったサイトなのかを解析して検索順位や検索結果を出している、つまりは検索エンジンにサイトの内容を伝えるにはサイトの内容が伝わるようにHTMLで文章構造を組み立てて記述する必要があるんです。

まぁ、検索結果に出さないHTMLもあるとおもうのですが、書いた以上は誰がしかの目に触れるものですので、文章構造を意識して書いたほうが可読性を考えるとよいかと思います。

では文章構造ってなによってなった方。おそらくみなさん文章に構造的な意味をつけるソフトを触ったことがあるのではないかと思います。
おそらくその中で一番使われているであろうソフトがそう、Wordです。

Wordがわかれば、HTMLの文章構造がわかるだと!?

実は、HTMLタグと同じ意味のものがWordの中には沢山あるんです(そりゃもともと文章の構造を示すための言語ですし。。)
次回はこれらをHTMLタグとあわせて紹介していきます。

余談ではありますが、前職で未経験でもいいからHTML書ける方を採用したいけどどうしたらいいかと相談されたことがあります。
その時は実際、Wordできちんと文章書けるならHTMLもかけますよと回答しました。
逆を言えば、Wordできちんと文章を書けない人はHTMLも書けないので、初心者はまずwordで文章を書いてみるのもいいかと思います。

【実録】シベスピの研修を振り返る座談会【研修】

ブログ記事の登場は久しぶりの本多です。
ずいぶん長い間
「研修についての記事を…」
とか…
「やっぱりみんな研修について聞きたいみたいだよ」
とか…
そんな声を聴いていました。

そして…
ヒッソリと企画し、そのまま暖め(ぶっちゃけ忘れてた)やっと公開する事になりました。

題して…

~シベスピの研修を振り返る座談会~

※やや長めの記事になります。
マウスのロールに人差し指をステンバーィし、
テーブルにお茶とお菓子をご用意の上閲覧ください。

※内輪の話がやや多めです。

本多
そんなわけで唐突に始まったんですが…。
面接面談に来る人来る人みんなが気になっているらしい「シベスピの研修」って
何を学べる研修なんですか?
改めて研修講師の神野さんお願いします。

神野
プログラミングを学ぶと言うよりは、学ぶ力や質問する力をつけてもらうって感じの研修ですね。

本多
自分はぶっちゃけ座学でプログラミングとは!!みたいなのをガッチガチにやるもんだと思ってました。船場さんと松本さんは?

松本
最初にどんな言語か簡単に説明があって、そこから問題を解いていくものかと思っていました。

船場
研修を受ける前に佐藤さんから「うちの研修は厳しい」と聞いていたので、初見だとどう手を付けて良いかわからないような難しい問題をひたすら解いていくんだろうなと思ってました。

なんか皆
「思ってたんと違う!」
っていう感想みたいですね。

本多
正直研修って聞くと凄いお堅いやつをイメージしていたんですけど、実際に研修開始すると(勿論大変ではあったんですが)、神野さんと話しながら取り組む感じで楽しかったなー

船場
同じく「厳しい」、「堅い」イメージありましたが、一緒にお昼行ったりお菓子タイムがあったりとわりかしリラックスした状態で研修してましたよ‼️

本多
神野さん、神野さん。ぶっちゃけ本多の研修見ていてどうでした?(ワクワク)

神野
不真面目そう(見た目から)だから家に帰って次の日までに分からなかった事を調べて来てたのにはビックリって感じかなw

本多
酷い言われ様w
ただ、調べなきゃなって思ったのも理由があって
本多は理解力ちょっと足りない子だったんで
神野さんの言ってるアドバイスとかが理解出来なくて自分の腹に落ちるまで食らいつかなきゃ… って思ったんですよね。
大変だった…。

神野
やっぱ教える側にも限界があるから、解釈が合ってるかの確認はしてほしいよね。そこで違えば間違ってるとこの補足だけで説明が済むからさ~分からないまま帰っても多分答えに行きつかないと思う。
ここだけの話諦めた人たちのほとんどがそんな感じと思ってる。

本多
松本さんは、研修中に何が1番大変でした?

松本
聡明な本多さんと違って自分のはすごく簡単な内容なんですけど、「自分が分からないところを聞く」ってことですね。
研修中に教えて下さる社員の皆さんにもそれぞれ業務がありますので、特に最初の頃は「忙しい中こんなこと聞くのもなあ……」と思っていました。でも研修には期間が定められていますから、どうしても分からなかったら聞かないと終わらないんですよね。まあ単純にコミュニケーション力の問題なんですけど、そこを乗り超えるのが一番大変だったなあと思います。

神野
頭がさえ、理解力があって賢い本多さん。。。www

本多
くっそ…厳しい…

船場
自分も厳しくやられましたよ‼️
神野さんだけじゃなく、松本さんからも、、、笑

本多
何この煽り方ww

話まとめると研修期間は松本さんの攻撃に耐えられればイケるって事?w

神野
整理したら同じ研修生の攻撃に耐え抜かないといけないねw


本多
でも同じタイミングで研修した人がいるのは正直羨ましい

一緒に研修やった人達と、ここが分からないから教えて みたいな切磋琢磨した話がある人います?


船場
隣に座ってた人は2日で辞めちゃいまして、、、

松本
誠に残念ですが、私が始めた時は一人だったので……

本多
なんかごめんね。今日チョコ買ってってあげるね。

松本
いえ、お気遣いなく。ゴディバのチョコレートドリンクでいいですよ。

本多
せめてコンビニに在る物にしません?

神野
では店舗をお願いします。


急募!!

研修講師をアッと言わす仲間を大募集!!

このままだとコンビニ買わされる!!


※未経験だけど一生食って行ける技術が欲しい!
※新しい事に挑戦するのは怖い…
※経験した業界が違うから不安で…
※文系だけど大丈夫ですか…?

はいっ、全部大丈夫です。

求めよ、さらば与えられん!


リンクはコチラ
www.chivsp.com

棚から牡丹餅、キャッチできますか?

最近、近隣情勢が騒がしく。
こういった時、無性に読み返したくなる本があり、その時に思ったこと、考えたことなどをつらつらと。

読んだ本など

『情と理―後藤田正晴回顧録』(講談社+α文庫  2006年)
カミソリ後藤田さんですね。
私が「危機管理」と聞いて浮かぶのは今でもこの方です。単純に考え方が好きです。
祖父が珍しく立派な政治家だ、と言っていたのもおじいちゃん子の私には強く影響していると思います。

現在にも引き継がれる様々な仕組みを構築された方でも有名ですが、個人的には「危機に際して臨機応変」がこの方の真骨頂かと思っています。
ですが、今回読み返して、また生前のインタビューなどを見返して社員のみんなへ伝えたいな、と思ったことは危機管理に関してではなく、目的をもった努力と行動の指針についてのエピソードでした。

エピソード

後藤田氏、終戦まぎわの任地は台湾で、東京にもどる時に大陸側(中国)を回るルートの飛行機を選択したそうです。
もう一方のルートの沖縄側を回った組は、沖縄戦も有り全滅だったそうです。
入ってくる情報を正しく分析して大陸側ルートを選択して無事東京にたどり着いた。
「正しい判断は、正しい情報と正しい分析の上に初めて成立する。」です。

終戦後30代の官僚時代には、上記の選択について自身の情報分析力を自画自賛しながら、
しかし東京から任地に戻る際に同時に飛び立った2機中1機が撃ち落されたことから、
「命なんて二分の一、どんなに能力が高くとも最後は運だ」と自嘲気味に吹聴していたそうです。
そんなことを聞きつけた尊敬する先輩から
「最後は運だと吹聴しているそうだが、周囲が勘違いをする。
 棚から牡丹餅が落ちてきた、まさにそのときに、ちょうど口を持ってきている。
 その状態にしておく努力が肝要だし、お前の幸運はその努力の結果だ」と。
そのことを80歳をこえられたインタビューの中でもおっしゃっておりました。

「棚から牡丹餅:思いがけない好運を得ること」それができる努力、行動。
印象深い一言だったんだと思うとともに、
こういった助言をくれる先輩に恵まれたこと、これも棚から牡丹餅なのだと感じておられる、私はそう思いました。

目的、目標の設定

では目的をもった努力、この「目的」「目標」の設定が難しいですよね。
ですが、その為にこそ我々が居るのだ、と私は思います。
以前社長もブログに書いていましたが、
「悩んだら相談」そして「相談できる上司、先輩、同僚の居る環境」の提供。
起業以来、我々が常に心がけていることでもあります。
そして、実際に提供できる環境であると自負もしています。
皆さんの部長、マネージャ、リーダーの方々に、私は全幅の信頼を置いています。
人間的にも能力的にも、なかなか居ない方々です。
迷い悩んだらまずは相談してみてください。
そして、無駄にならない努力をして、ぱっくりと口に入る牡丹餅を食べて、自慢げにその話を聞かせて欲しい、そう思って今回ブログを書きました。

私も、皆さんが迷った時、悩んだ時に指針を示せる、そんな自身でありたいと常に考え、思えること、これもまさに幸運(棚から牡丹餅)。
ありがたや~。
あと一週間で40歳。初老です。。。

【C#】お断りしますウィルス【Windowsフォームアプリケーション入門】

C#】お断りしますウィルス【Windowsフォームアプリケーション入門】

こんにちはIskです。
先日飲み会でブログの話題が上がり、

「何でIskなの?本名にすればいいじゃん」

と言われました。









f:id:chivsp:20170604183335p:plain









そんな「おもてなし」ならぬ「お断り」の気持ちを表すのにピッタリなプログラムを今回は作成しましょう。

概要

今回登場するのは「ダイアログ」と
f:id:chivsp:20170820163624p:plain


「ウィンドウ」の
f:id:chivsp:20170820163621p:plain


二種類になります。

まずはウィンドウの作成からやりましょう。


・お断りしますウィンドウの作成

おなじみプロジェクト作成後の画面になります。
f:id:chivsp:20170820163616p:plain


ツールボックス」から「Label」を選択してフォームに貼り付けます。
f:id:chivsp:20170820163611p:plain


プロパティウィンドウの「Text」にお断りしますのAAを入力します。
左側の「Text」を選択すると右側にこんな(▼)のが表示されるので、
選択してその中に入力します。
f:id:chivsp:20170820163606p:plain


フォントの調整をします。
プロパティウィンドウの「Font」を選択し、右側の[...]を選択します。
f:id:chivsp:20170820163727p:plain


フォントダイアログが表示されるので、サイズを18ぐらいにし、OKを選択します。
f:id:chivsp:20170820163723p:plain


AAが丁度よい感じになるので、ウィンドウの縦幅を小さくし、調整します。
f:id:chivsp:20170820163717p:plain


タイトルバーの「Form1」を「お断りします」に変更しましょう。
フォームを選択し、プロパティウィンドウの「Text」に「お断りします」と入力します。
f:id:chivsp:20170820163708p:plain


タイトルバーの最小化アイコンと最大化アイコンを無効化します。
プロパティウィンドウの「MaximizeBox」と「MinimizeBox」を「False」に設定します。
f:id:chivsp:20170820163700p:plain


フォームのリサイズを禁止するためにプロパティウィンドウの「FormBorderStyle」を「FixedSingle」に変更します。
f:id:chivsp:20170820163805p:plain


実行すると下のようなウィンドウが表示されます。
f:id:chivsp:20170820163801p:plain


しかしこれでは×ボタンを押した時に閉じてしまいますので、×ボタンが押されても閉じず、更に同じウィンドウを追加で表示するようにしましょう。


・ウィンドウを閉じないよう&更にウィンドウを表示する

プロパティウィンドウのイベントアイコン(雷のアイコン)を選択します。
f:id:chivsp:20170820163758p:plain


イベント一覧が表示されます。
ここは選択したコントロール(ボタンやフォームなど)のイベントが表示されます。
「FormClosing」をダブルクリックします。
f:id:chivsp:20170820163755p:plain


コードエディタに移動しますので、次のように入力します。

private void Form1_FormClosing(object sender, FormClosingEventArgs e)
{
    e.Cancel = true;
}

これで実行すると、×ボタンを押してもウィンドウが閉じなくなります。
終了するにはexeをタスクマネージャから終了するか、デバッグを停止してください。


メソッドにウィンドウを追加で表示する処理を記述します。

private void Form1_FormClosing(object sender, FormClosingEventArgs e)
{
    e.Cancel = true;
    new Form1().ShowDialog();
}

これで実行すると、×ボタンを押すたびに新しいウィンドウが表示されます。
f:id:chivsp:20170820163752p:plain


ウィンドウは一定数表示すると表示数上限に達して例外が発生するので無視しましょう。

・ダイアログを表示する

こいつ↓を作ります。
f:id:chivsp:20170820163624p:plain


ソリューションエクスプローラーで「Program.cs」を選択します。
f:id:chivsp:20170820163841p:plain

これはexeを起動した際に一番最初に読み込まれるプログラムです。
19行目のフォームの生成処理で初めて先程のウィンドウが表示されます。


以下のような処理を記述します。

static void Main()
{
    string text = "  ハ,,ハ" + Environment.NewLine +
                  "( ゚ω゚)" + "      お断りしますが、よろしいですか?";

    MessageBox.Show(text, "Windows", MessageBoxButtons.YesNoCancel);
    
    Application.EnableVisualStyles();
    Application.SetCompatibleTextRenderingDefault(false);
    Application.Run(new Form1());
}

通常はダイアログで選択されたボタンによって処理を変更しますが、今回の場合どのボタンを選択しても問答無用でお断りしていくので特にその処理は記述しません。


さて実行すると次のようなダイアログが表示されます。
f:id:chivsp:20170820163835p:plain


いずれかのボタンを選択すると先程のウィンドウが表示されます。
f:id:chivsp:20170820163832p:plain


消すと増えます。
f:id:chivsp:20170820163829p:plain

・おわり

お疲れ様でした。
今回の内容を活用すると、×ボタンでウィンドウ閉じるときにダイアログを表示し閉じるかどうか確認、のようなフォームアプリケーションにはよくある機能が実現できます。


さて次回も昔なつかしのものを題材にしていきます。
f:id:chivsp:20170820163825g:plain

エンジニアのキャリアプランについて

食べるのが好きなので、お腹いっぱい食べるためにダイエットを始めたシベスピの佐藤です。
食べても食べても太らない、そんな体が欲しい。。。


今回は、深夜にやっていたドキュメンタリーと、通勤途中に感じたことを書きたいと思います。

増え続けている外国人労働者

最近、通勤途中に見かけるのですが、外国人向けのお店が増えてきたように感じます。
これまでは、外国人が経営している、日本人向けのお店だったのが、外国人が経営している、外国人向けのお店が増えて来ているように思います。
それだけ日本で働く外国人が増えて来ているってことですね。

外国人労働者の数は、昨年で100万人を超えており、年々色々な規制が緩和されてきていて、凄い勢いで増えています。
ちなみに日本の雇用者数は5,800万人くらいなので、60人に1人は外国人になりますね。

そんな中、日本人の求人倍率は上がり続けているのに、失業率が上がったとニュースになっていました。

全体的には人手不足だが、職種によっては競争が激しいってことですね。

このまま規制緩和が進むと、もっと様々な職種にも外国人労働者が入って来ることになり、競争力は少しずつ上がってくると思います。

システム業界は、今は人手不足ですが、これからはAIや外国人労働者と競争相手は増えてきます。

プログラマー35歳定年説なんて言われてきましたが、35歳待たずに、何てことになりかねないですね。

生き残るエンジニアになるために必要なものは?

当然、これまで以上にエンジニアに求められる要求は高くなります。
技術力、提案力、コミュニケーション力、それも相手の気持ちを汲み取ったものでなくては、差が出せません。
そうしないと、生き残っていくのは難しいです。

これまで色んなエンジニアを見てきておもうのですが、エンジニアの方のキャリアプランはとても短く設計されていることが多いです。
みなさん、1年から3年くらいで考えていないでしょうか?
短い期間で目の前の業務をこなすための技術力を身に付けても、この先ずっと生き残っていくのは難しいですし、キャリアに応じて、経験する業務も変えて行かなければ成長出来ません。
同じことを何度も繰り返していても自身の成長に繋がりません。
(もちろん、経験しただけですぐに身に付くものばかりではないので、そのスキルが自身に定着するまで繰り返すことは必要ですが。)

シベスピは、業務をこなすための技術力ではなく、エンジニアとしての基盤作りが行えるような、5年、10年、20年といったキャリアプランをしっかり作れるような会社にしていこうと考えてます!

「準備」するということ

趣味のお話

私の趣味の一つに麻雀があります。
中学時代にルールを覚え、高校2年でフリー雀荘デビューしていることもあり、かなり長い時間を費やしてきました。
そんなわけで、社会人になってから上司や同僚と卓を囲むと「ツモってから切るまでの時間が短い」とか「鳴くときに迷いがない」なんてことをよく言われます。

仕事のお話

上司やプロジェクトリーダーと一緒にお客さんとの打合せに参加した経験は多くの人にあると思います。
最初はお客さんが話している内容がさっぱりわからず、メモを取るのが精いっぱいだったという経験もあると思います。
打合せ中、上司やプロジェクトリーダーに対して「なぜあんなによどみなく説明ができるのだろう」とか「なぜお客さんからの質問にスパッと答えられるんだろう」と感じたことはないでしょうか。

麻雀における「準備」とは

なぜ「ツモってから切るまでの時間が短い」かと言うと、ツモる前から「○○をツモったら△△を切る」と決めているからです。
なぜ「鳴くときに迷いがない」かと言うと、鳴く前から「誰々が○○を切ったら鳴く」と決めているからです。
決めるタイミングはたくさんありますが、基本的には全て「準備」した上で行っていることです。

仕事における「準備」とは

上司やプロジェクトリーダーは、過去の経験や知識だけで打合せに臨み、対応しているように見えることもあるかもしれません。
そういう天才肌な人もいるかもしれませんが、大多数の人は「準備」をして臨んでいるはずです。
「準備」とは以下のようなものです。

 ①打合せの目的とゴールを決める
 ②打合せ資料の内容を頭に入れる
 ③打合せ資料に対して、口頭補足する内容とタイミングを決める
 ④打合せ中、お客さんに確認したい内容と聞くタイミングを決める
 ⑤打合せ中、お客さんから質問を受け付けるタイミングを決める
 ⑥打合せ中、お客さんから挙がるであろう質問事項をある程度予測し、回答する内容を決める

上に挙げたような準備をし、自分が設定したゴールに到達させるためのシュミレーションを重ねて打合せに臨んでいるのです。
そうでなければ、よどみなく説明をしたり、ましてやお客さんからの質問に即答するなんてことはできません。

最後に

打合せに限らず、仕事においては「準備」が大切です。
とりあえず始めるのではなく、入念に「準備」をしてから臨むことで仕事の速度や精度が上がると思います。

ただし、麻雀はどんなに「準備」しても負ける時は負けますので、十分に気を付けてください。

私がシベスピに出会うまで(2)

最近採用サイト用に写真を撮ったりしていたのですが、自分の写真を見て「こういうチャラめの男のエンジニアいるよね。。」と思ってしまったのでそろそろ女子力的ななにかとお近づきになりたい!内田です。

前回は面接の前段階を書いたので、今回は面談、面接の話を書いて行こうと思います。

いざ面談!

当時は前職在職中だったため、定時後に面談をお願いしたところすんなりOKをいただき仕事を終えてシベスピへ。
前職はスーツなんて着ていったものなら、何が起きた!?という会社だったので、まさかの私服で面談に参戦。
池袋の北口なんてでたことない!超がつく方向音痴!な私でもたどり着けたので、シベスピに興味を持ってくださった方向音痴の方も安心してください。
最悪たどり着けなかったら、迎えに行きます!

そんな感じでシベスピに到着。
面談は佐藤さん(社長)と松下さん(システム部部長)にしていただきました。
着いて早々、もらったお菓子あるんだけど食べる?と佐藤さんからいちご大福をいただき、3人でもぐもぐといちご大福を食べるという異様な光景に遭遇。アイスブレイク!ただし道具はいちご大福!と初っ端から忘れられない面談になりました(まぁ忘れられない理由の一つにいちご大福が苦手だったのですが、そのいちご大福は今でも買って帰るぐらい美味しいです)

面談は基本的に自分の聞きたいことを聞いていく形で進みます。何をやりたいのかも聞かれますので、やりたいことと聞きたいことをまとめていくとスムーズかと思います。
美味しいラーメン屋さんなんかも聞くと教えてくれます(実際聞いたら教えてくれました)

面談の印象についてですが、もうこれは是非シベスピに来て見て感じて欲しいのですが、仕事を楽しんでやりながら困難なんてものともしない、ある意味理想、ただし実際は難しいことをさらっと言う印象でした。
言うだけならだれでもできますが、入社してみて実際にやってるのをみると自分もそうなりたい!って思います。

いざ面接!

面接は面談とは違い、実際の給与面や出来ることなどシベスピで仕事をする上での具体的な話に進みます。
面接はシステム部部長の松下さんと、営業部部長の大泉さんにしていただきました。
(これで取締役3人全員に会ったことになります。)

印象的だったのが、給与面のお話をした時「何でもっと求めないんだ!」と言われたこと。
私の感覚からすれば、低く言ったつもりもなかったのですが、もし低かったとしても会社的には低い方がいいんじゃないの!?ととてもびっくりしました。

実際入社してみると求めてる方ばかりでそれはそれでびっくりしたのですが、求めなければ手に入らないのも事実で、そう言ったアウトプットの機会もシベスピは多いのではないかと思います。

そしてオチ?

面接から数日たって、次に入社する方の歓迎会があるのでよかったら来ませんか。とお誘いをいただいたのでいざ行ってみると、主賓がのっぴきならない用事ができたためおらず、よくわからない飲み会に。

取締役以外の方からすれば「あなた誰?」っていう完全アウェイな状況で、本当に参加して大丈夫なのかとか一瞬考えましたが、そんな不安はすぐ杞憂に終わり、とっても楽しい飲み会でした。

採用等でシベスピに興味をお持ちの方には、ぜひシベスピに来て見て感じてみてほしいと思います。本当にバラエティーに富んだ方ばかりですし、シベスピはそんな仲間を大募集しています。
www.chivsp.com