株式会社シベスピ 従業員ブログ

シベスピの社員ブログ。技術・想い・経験沢山書いていきます!

モテるマインド

皆さん、こんにちわ!
最近彼女に振られてから、モテる男の条件を血眼になって調べたSです。
そこで、調べて分かったモテるために大切なマインド3つ(S調べ)を共有します。

何故マインドなのか

モテるための要素は沢山あると思います。
顔、経済力、知識、ユーモア、やさしさなど、いろいろとありますよね。
しかし、上記の要素ってすぐに磨くことはできないですよね。
なので、まずは誰でもすぐに実践できることから共有したいと思います。
実際、気持ちの持ちようで女性の反応が変わってきたことを実感している最中です(笑)

大切なマインド

1. 自分がモテると疑わない
 なぜ、このマインドが大切なのか。
それは、モテない人=魅力のない人となってしまうからです。
実際にはモテていなくても構わないので、自分はモテると思い込んで異性と接してみてください。
気持ちに余裕ができて、余裕のある行動ができるようになります。
また、この気持ちを持つことで、一人の相手に執着することなく、切り替えが出来るようになります。
余裕のない行動はモテないことにつながってしまうので、常に余裕を見せられるようにこの気持ちを忘れないようにしてください。

2. 優しくしすぎない
 実際、優しい人はもてるのは確かです。
しかし、優しすぎたり、常に優しい人ってどうでしょうか。
ズバリ言うと、ただのいい人で終わってしまいます。ただ優しいひとは良い人止まり、最悪都合のいい人に成り下がってしまいます。
優しさを見せることは大切ですが、優しいだけの人にならないよう気を付けましょう。

3. 自分の方が優位だと思う
 これは特に男性に気を付けてほしい事なのですが。
自分より下の立場の人に魅力を感じる人はいません。
人間は、意識的に上下関係を作らなくても、無意識の中で上下関係、優劣を決めてしまうものです。
そこで立場が下だと認識されてしまうと、恋愛対象から外れてしまいます。
自分の立場が上だと思って接することで、立場が下だと思われないように気を付けましょう。

最後に

これまで紹介してきた、マインドで共通していることは「余裕」です。
実際に余裕がなくても、余裕のある自分を演出できるマインドを持つことが大切です。
今回はモテるマインドについて紹介しましたが、マインドを変える事は第一歩です。
本当にモテるためにはマインドを変えると同時に、自分磨きを怠らないようしましょう。
皆さんモテる人間を目指して頑張りましょう。

 

サウナで疲れを癒しましょう!

お久しぶりです。阪田です。

今回は疲労回復の方法の一つとして、サウナについて取り上げたいと思います。

私自身サウナはもともと苦手だったのですが、サウナ好きの友人に効果的なサウナの楽しみ方を教えてもらい実践した結果、サウナが好きになりました!
なので、現在サウナが苦手だという方も一度実践してみてはいかがでしょうか。

効果的なサウナの楽しみ方

さて、本題のサウナについてですが、ただサウナに入れば良いと言うわけではなく、推奨された入りかたがあります。
その手順は

①サウナに入る
②水風呂に入る
③休憩する

です。これを2,3セット程行います。
このように温度変化を繰り返し行うことによって、血流が促進されるというのが、サウナが健康に良いと言われている所以です。
それでは、この各ステップの注意点や効能について詳しく見ていきます。

①サウナに入る(5分~10分)

サウナの滞在時間の目安は5分~10分程度です。
とはいえ最初に入る際は5分入るのも厳しいと思いますので、自分の体調と相談して無理はしないようにしましょう。(私も最初は3分くらいで耐えられなくなってしまいました。)

また、サウナは座る場所が階段状になっていることが多いですが、上の階層に行くほど体感温度が5度上がると言われています。
初めてサウナに来た方がそれを知らずに上の階層にいってしまい、挫折してしまうというのは良くある話ですので、初心者の方は一番下に座ることをお勧めします。

②水風呂に入る(30秒~1分)

そして次は水風呂!
と言いたいところですが、サウナから出てすぐに入るのはお勧めしません。
シャワーやかけ湯をして、体温調節を行うとともに汗を洗い流してから入りましょう。

また効能として、サウナの後の水風呂によって自律神経の調整、血圧の最適化が医学的にも認められております。
サウナに入ると血管が広がり、血圧が低くなりますが、水風呂に入ると逆の現象が起き、血圧が高くなります。
これを繰り返し行うことでポンプのような役割を果たし、身体中に血流が行き届いてくれるというわけです。

「サウナの肝は水風呂」と言われる程大事なステップなので、苦手な方も水風呂に入ることをお勧めします!

③休憩する(好きなだけ)

最後に休憩です。
施設の休憩スペースにいったり、外気浴をしたり、水分補給をしてみたりなど、自分が一番リラックスできる事で体を好きなだけ休めましょう。
水風呂で収縮した血管が徐々に広がっていき、血流をどんどん良くしてくれます。
この時間がたまらなく気持ちよく、サウナ業界の中では「ととのう」と表現されている状態です。

ほとんどの人はこの瞬間のためにサウナに入っていると言っても過言ではないので、是非体験していただきたいです。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
今回はサウナの効能について

①自律神経の安定
②血流の最適化

をお伝えしましたが、それ以外にも効能があると言われており、その奥深さに惹かれた有志が「日本サウナ学会」という組織を発足し、今も研究を重ねています。

みなさんも、サウナの奥深さに足を踏み入れてみてはいかがでしょうか?

今年も書きます、2019年よかったもの

プロフィール紹介に「苗字は変わるかもしれない」と書いたのですが、フラグだったのか、宣言すると実現するのか。
本当に苗字が変わりました。

名義変更が大変で、未だに終わっていません。
もう旧姓のままでいいやと思っていたのに、「登録内容と口座の名義が違います」って電話が掛かってきちゃったり…
自分が混乱しない程度で使い分けする予定です。

そんなこんなで昨年末から色々してたら時間の感覚が狂ったのか、心がまだ年明けしていないため恒例のアレ、書こうかなって思います。
いや恒例にはしない予定ですが、来年も公開できるよう一応メモして準備しておきます笑

2019年よかったもの

① 清閑院の京てまり

和菓子のお店です。
そのなかでも1番おすすめしたいものは、手鞠のようなようかん。
見た目も華やかで、色々な種類の味が楽しめます。
個包装であることも便利だと思いました。池袋にも売ってますよ!

② 結婚式の余興

昨年は友人の結婚式に6回出席しました。
フラの友人である新婦と一緒に、余興でフラを踊った披露宴は最も印象に残っています。
会場が盛り上がったとき、習い事を続けていて良かったと感じました。

③同窓会

高校を卒業してちょうど10年の節目だったため、学年全体で同窓会が開かれました。
懐かしい人もたくさん、初めて話す人もたくさん!
一番よかったことは、貸していたものが10年ぶりに返してもらえたこと!笑

④ワークショップ

paintyという絵画描くワークショップと、
maker's baseというモノづくりを楽しめるワークショップに参加しました。
アコヤ貝を開けるときの感触とワクワクが未だに忘れられないです。


f:id:chivsp:20200224154955j:plain
上手く見える

⑤おでこ脱毛

やっと、やっと終わりました。
2年かけて1.5cmおでこを広げました。
コンプレックスが少しでも解消すると、自然と笑顔になれますね。

⑥免許証の写真撮影

5年間使い続ける身分証明書であるため、ちゃんと撮ろうと思ったことがきっかけです。
美容院に寄り、顔色が明るく映るように白いシャツを着て、アイメイクを控えめにしたところ
とても満足のいく写真が撮れました!

⑦うさフェス

うさぎを飼っている人なら一度は行ってほしいと思えるような催しでした。
様々なメーカーさんの試供品を持ち帰ることができたため、うちのうさぎの好みが分かってきました。
また、ポッピングを生で見たときには大興奮しました。

f:id:chivsp:20200224154025j:plain
ブレブレ

⑧リハーサル鑑賞

好きなバンドが、ライブのリハーサルを有料で公開してくれました。
リハーサルも見てみたい、好きな人にはいくらでもお金を落としたい…というファンの気持ちを汲んでくれたような。
需要あるところに供給が追い付いてきた。これがビジネス。

ボイスチャット

また好きなバンドの話になるのですが。
バンドメンバーと一緒に遠隔でゲームをする機会があり、その際にボイスチャットを初めて使いました。
とても楽しくて、小中学生の時ワイワイしながらゲームした楽しい日々を思い出しました。
ゲームっていいですね!

⑩オーケストラ鑑賞

現場のお客さんが所属している団体の定期演奏会へ行きました。
もともと仕事に真面目な方ですが、演奏中もとてもかっこよくて、観に行けてよかったです。
あんなに仕事忙しそうだったのに、いつ練習していたのか不思議でした。
今度、私のフラを見に来てもらえたらいいな。

おまけ

以前、眼内コンタクトレンズ(ICL)に興味があると書きましたが、眼鏡にハマってしまったのでお預け。
今年は外国語を習いたいと思いつつ、一旦たくさん旅行することにします。

そろそろ桜の開花が始まりますね!
いい花見スポットがありましたら、ぜひ教えてください!!

アプリ作ろう会

お久しぶりです小川です。

最近のマイブームは鬼滅の刃ペルソナ5YouTubeテセウスの船。

あとブームではないですが飼い始めた猫を溺愛しています。

f:id:chivsp:20200216204212j:image

可愛い!!🥰

 

今回はアプリ作ろう会のお話を

アプリ作ろう会

その名の通りみんなでスマホアプリを作ってみよう!という集まりです。

会社内で希望者が集い結束します。

スマホアプリ制作はなかなか業務でも携わる機会がないですが、一番身近なプログラム!

憧れの気持ちとコーディングスキルをあげたい!という気持ちから本年度私はアプリ作ろう会に参加しました。

目標設定

始めるのはまず目標設定から!

各々集まったメンバーが何が目的でこの会に参加したのか発表し、目標を定めていきます。

そしてその目標から今年度やる事を決めていきます。

作業開始

私はブライアントラッカーチームに参加。

作るのはポーカーゲームの補助ツールアプリです。

まずAndroidアプリから作成しよう!との事で、Androidstudio、git、gitlab等を各自、自分のPCへインストールします。

それぞれ役割分担をし、業務後や休日にコーディング中。

先日はお家に集まってみんなで質問しながらあーでもないこーでもないと相談しながら進めました。

 

f:id:chivsp:20200216210011j:image

相談中...

 

今年の目標

アプリ2本完成!をかかげていますが、慣れないツールやコードに四苦八苦。

完成目指して頑張ります!

 

 

乾燥のリスクと対策

お久しぶりです。冬生まれなのに冬が苦手な大墨です。


私は乾燥肌なので、冬になると寒さと同じくらい乾燥が気になります。

そして、寒いからとエアコンを付けると余計に部屋が乾燥するという……


そこで、冬に気になる『乾燥のリスクと対策』について書こうと思います。

 

 

乾燥のリスク

感染症

空気が乾燥していると、鼻や口の免疫機能が弱まり、風邪やインフルエンザのウイルスが体内に侵入しやすくなってしまいます。また、乾燥はインフルエンザウイルスの活性化にも繋がります。

 

②火災

空気が乾燥していると木材も乾燥してしまい、家事が起こりやすく、広がりやすくなります。


③ 脱水症状

皮膚からは水分が常に蒸発していて、その分体内の水分が減っていきます。冬は寒いので夏のように汗をかかないので、つい水分補給を怠りがちですが、皮膚や呼気からの蒸発分を補わないと、冬でも脱水症状を起こしてしまいます。


他にも、静電気や肌荒れなど、空気が乾燥すると様々なリスクが発生します。

 

対策

①加湿器

一番分かりやすく効果的な対策は、もちろん加湿器を使うことです。加湿の方式(ミスト式、超音波式など)や対応畳数など様々な種類があり、アロマオイルが使えるものもあります。

 

②タオルを干す

「今更加湿器を買うのも…」「加湿器を置くスペースが無い!」という方には濡れたタオルを干しておく、というのをお勧めします。大きめのタオルを濡らして干しておくと空気の乾燥を防ぐことができます。タオルを干す場合は、エアコンの近くに干すと湿った空気が循環して効率よく加湿ができます。


観賞魚を飼う!?

なんと金魚や熱帯魚などの観賞魚を飼うと加湿効果があるのだそうです。エアーポンプ・水中ポンプ等を使用して水槽上部のフタを半分ほど開けることにより、その部分から水が蒸発し、室内の湿度を高めることができるのだとか。実際、日本観賞魚興信協会が加湿効果を検証し、一定の効果が確認できたようです。

当然、餌やりや水の入れ替えなどの手入れは必要ですが、見た目的にも華やかで癒されるので、一石二鳥かも知れません。

 


最後に

今回は乾燥のリスクと対策について書いてみました。


私は紹介した中で②の方法を実践していますが、結構大きめのバスタオルでも一晩でカラッカラになっています。エアコンを付けっぱなしで一晩過ごすとそのくらい乾燥するということですね。

 

今シーズンは乾燥のピークは少し過ぎてしまっていますが、次の冬に向けての対策として、覚えておいていただけると幸いです。

 

ちなみに、やり過ぎると湿気+暖房の温度で冬でもカビが発生することもあるそうなので、ご利用は計画的に。

「考える」を考える。

お久しぶりの須田です。

昨年6月頃の社内スピーチで、「人は見たいものを見たいように見るので、『どこに注目してほしいのか』を考えて質問を組み立ててはいかがでしょうか」というお話をさせていただきました。
今回の話は、その延長線上にありそうなお話です。

「考える」って何なのか。

「考える」ことについては、以前システム部長も以下のように述べていました。
chivsp.hatenablog.com

※この記事では、「よく考えて」「もっと深く考えて」という用法における「考える」の入り口、あるいは前提について取り扱います。

知らないことはわからない。

そもそも、知らないことを思考することはできません。

例えば、突然「マールス」と言われても、大半の日本人は「何のことだ?」と思うことでしょう。
しかし、「林檎」と言われれば、品種や色、味、あるいは好き嫌いなど、今までの人生で得た知識や経験から、何かしらの(連想ゲームめいた)思考が生まれるはずです。

※マールス:ラテン語で「林檎」のことらしいです。私も適当に検索しました。間違っていたらこっそり教えてください。

このことから、「考える」前提として、対象に対する知識や経験といった最低限のインプットが必要となることがわかります。

方向を間違えると辿りつけない。

他の方から「もっとよく考えて」と言われる場合、原因としては「不足している視点がある」ことや「向かっている方向が間違っている」ことなどが考えられます。(ここでは、後者の「向かっている方向が間違っている」を取り上げます。)

例えば、同じ「林檎について考えて」でも、「林檎がなぜ赤いのか考えて」なのか「林檎を甘くする方法を考えて」なのかでは、考え方が変わってきます。

つまり、ここで言う「考える」とは、漠然と思考の海を漂うことではなく、指向性をもって考える、ということになります。
思考に指向性を与えるためには、「どういった目的で」「何を」考えるのかが重要になってきます。

考えるためには

正しく「考える」ためには、

①対象を知ること
②考える理由を理解すること

が大切です。

①対象を知ること

考えなければならないことについて、「知らない」あるいは「わからない」ということに気づいたら、考えるより前に「調査する」ことが重要です。先述したように、全く知らないことについて考えることは不可能だからです。
また、新たなインプットを得ることで、今までの(もしかしたら全く関係ないと思っていた)知識や経験と繋がって、新しい考えを得ることができるかもしれません。

②考える理由を理解すること

考えなければならないことについて、「なぜ考えなければならないのかがわからない」「なにを考えたらいいのかわからない」と思ったら、考えるより前に、「確認する」ことが重要かもしれません。
先述したように、「考えてほしい」と言われる背景には、そう発した側の「なぜ」が存在するはずだからです。
考える前にまず、「どういう目的で」「何について」考えるべきなのかを整理して、それが正しい方向に向かっているかどうか、一度確認してみてはいかがでしょうか。

最後に

人は見たいものを見たいようにしか見ないし、知っていることしか考えることできないというのは、当たり前のようでいて見落とされがちなことだと思います。
視野や思考の幅を広げることは、人生を豊かにすることにも繋がります。
業務に限らず、新しい知識や経験を得られるような行動を心がけてみてはいかがでしょうか。

目標勾配効果のはなし

届きそうで届かない

お久しぶりです。小橋です。

最近新しい本棚を購入しました。
まだ届いてはいないのですが、どの書籍をどう並べようか、どんな書籍を購入しようか、毎晩そわそわ考えています。
ただ、ちょっと高さのある本棚なので、上の段に並べた書籍に手が届くのかちょっと心配です。

新しい本棚の購入にあたり、年始の休暇を利用して自宅にある書籍の整理も行いました。
小説や漫画、実用書が大半なのですが、クローゼットには学生時代に教科書や参考書として使っていた書籍もあり、なかなか読書が捗りました。
(整理が捗ったかはご想像ください...)

さて、前置きはこれくらいにして本題へ。
今回のテーマは掘り出した学生時代の参考書から、【目標勾配効果】について取り上げたいと思います。

あとちょっとが大事

【目標勾配効果】という言葉をご存知でしょうか?

【目標勾配効果】とは、

目標に近づけば近づくほど、目標に対する価値が高まり、目標達成に対するモチベーションがアップする

という心の働きを指します。

分かりやすい例がマラソンのラストスパートでしょうか?
ゴール間近に残った力を出し切るように力走する姿は、ゴールという目標を達成することに対するモチベーションが高まっている表れと考えられます。


【目標勾配効果】は実験でも証明されています。
学習心理学者のクラーク・ハルはゴールに餌を置いた迷路にネズミを走らせると、ゴールに近づけば近づくほどネズミが速く走ることを発見しました。
クラーク・ハルの実験はネズミでしたが、後の実験により人間も同じ行動をとるということがわかっています。

よいサイクルを手に入れたい

【目標勾配効果】で目標に近くなればなるほど、目標達成に対するモチベーションがアップすることが分かりました。
しかし、裏を返すと大きすぎる目標にはあまり価値を見いだせず、モチベーションもそれほど上がらないと言えます。

そのため、何か大きな目標を達成するためには、大きな目標と一緒に大きな目標を細分化した小さな目標を立てることがとても重要です。
その小さな目標に対して期限を設けて進め、小さな目標の達成を繰り返すことでモチベーションを保ち続けることができます。


また、目標の達成はイコール成功体験です。
成功体験を重ねると、前回のブログ記事に書いた【自己効力感】が高まります。
chivsp.hatenablog.com

【自己効力感】が高まると成果や結果を手に入れやすくなり、達成感を感じやすくなる。
そして、達成感を感じやすくなると、次の目標を達成する意欲も高まっていくというよいサイクルが生まれます。

モチベーションがなかなか上がらないと悩んでいる方、【目標勾配効果】を利用して小さな目標を達成することから始めてみてはいかがでしょうか?