株式会社シベスピ 従業員ブログ

シベスピの社員ブログ。技術・想い・経験沢山書いていきます!

呪いの連鎖が止まらない

最近、熱帯魚を飼い始めた佐藤です。

ネットショップでこんなものが

日用品をネットショップで購入しているのですが、ある日、そのネットショップでペットショップ部門が出来ましたとの広告が。
熱帯魚の特集がやっていて、中々にかわいらしかったので、ポチっ!としてしまいました。

購入したのは『ベタ』って小さな魚で、全てセットで購入したので、届いてから設置までは簡単に行えました。

こんな感じ!
f:id:chivsp:20171127161936j:plain

ところが、いざ飼い始めると、水がすぐに汚くなったり、ヌメヌメしたものが浮いてきたり、、、

それに、床に水槽を置いているのがかわいそうになってきたりと、愛着も出て来て、、、

色々調べていくと、とても奥が深く、どんどんのめり込んでしまって、気が付くと毎日ネットショップから宅配便が届くことになっちゃいました。
(妻からはまた届いてるけどと、呆れられています。。。)

そんなこんなで、夜な夜な設置作業を行ってしまって、寝不足気味になってます。

やり出すと、もっとレイアウトにも懲りたくなってきて、もう少し大きめの水槽を買って、さらにシュリンプも飼いたいってなって・・・もう大変。

f:id:chivsp:20171124183321j:plain
f:id:chivsp:20171124183333j:plain
f:id:chivsp:20171124183344j:plain

何の呪いだこれ

ところがこのシュリンプ、飼うのが簡単って書いてあったのに、物凄く難しい(私にとっては)。
水が立ち上がっていない状況で投入したものだから、ドンドン死んでいく。。。
毎日会社から帰ると、1匹ずつお亡くなりになる呪いのような状況が1週間も続きました。
ろ過装置の追加(底床ろ過と外部ろ過)や、冠水作業と、試行錯誤しながら、水質改善に取り組み、ようやく呪いが解け、安定してきました!

f:id:chivsp:20171124183716j:plain

そんな悩みや作業を、お昼を食べながら毎日話していると、黒田マネージャーから何屋さんですか?と手厳しい突っ込みが・・・

社内にも水槽を置いて、会社を良くする会で、生き物係を作りたい!って言ってくれる子が出てこないかなーと思いながら、みんなに熱帯魚飼わないと勧めているのですが、中々興味を示してもらえない。。

現在、サーバーを作ろう会で、一からPCを組み立てているので、そのサーバーを水槽の中に入れられないかなと密かに企んでいる今日この頃です。

【業界未経験】初見で驚くIT業界用語【不思議の国】

f:id:chivsp:20170920220539p:plain


※画像は当記事の内容と何ら関係はありません。

ことの発端は弊社リーダーU氏のツイート

リ「あまり意識していなかったけど、これ見ると新人さんからすれば日本語でおkってなるのもわかる気がする。。」
qiita.com



これ見て ピンッ と閃いたのがこの私こと、シベスピの本多

あっ、分かるわ~。

f:id:chivsp:20170920222020p:plain

いや、まぁ日本語ではあるんですけどね…?

未経験者の目線からお話しさせて頂くと
この業界では 外では大きな声で言えない日本語 で文章を作っている事が多い
と、思うわけですよ。

実体験①

エクセルを多重起動し過ぎて画面がフリーズした時


エクセルさっさと殺しな

えっ?はぃ…。
(消せってことだよな…?)


タスクマネージャを開いて~
プロセスのMicrosoft Excel を右クリックしてタスクの終了を選択~(ポチッ



ちゃんと殺せた?

えっ?はぃ…。
(無事消えたよなってことだよね…?)


みたいな。

ネットでよく見かけるのでいうと

例文①


「あ、もしもしお疲れ様です、例の件なんですけど
とりあえず今片っ端から叩いて、殺せるかどうか試したんですけど
親は殺せたんですけどその後ろの子どもが普通に生き残ってて。
何度か試したんですけどしぶとく生きてるんですよw
なので、ちょっともうまとめて潰そうかなと思ってます」


本多はまず間違いなくこんな会話をするレベルではないのでアレですが…
仮に自分がカフェとかにいて、横から
「大丈夫だから、殺しとけ。大丈夫。明日あたりこっちで何とかするから」
とか電話で喋ってる人見たら

どこのゴ○ゴ13だよ

と思いますよ。


ちなみに、シベスピに入社して初めて
えっ、何言ってるんだろコレ… って思った事案(実話)は

先輩「テーブル消しておいて」

です。
ちなみにこの時の本多の脳内では

えっ?Mr.マリックでもテーブルを消すのは至難では…?
↓コンマ2秒後
あっ、DBの表ですね、おっす了解です。

DROP TABLE ~消したいテーブル名~;
エンターキーポチットナー

業界に飛び込んでから1年経ちましたが…

正直まだまだ分からん事だらけで大変です。

その分毎日楽しいです

今となっては、記事冒頭で紹介した不思議の国のSE用語が会話内に混入していても
えっ?なんですって? とはならないと思います…笑

業界未経験の方へ

変な記事ばっか書いてる本多ですが
「良い会社に自分はいるんだな。頑張ろっ!」と胸張って言える程度の思いは持ってます。
そして、絶賛会社を大きくしている最中です。

色んな人がこの会社に集えばいいなと思ってるんです。

業界未経験だから とか
文系だしな    とか
不安は様々あるかと思いますが…
※ちなみに本多は体育会系です。

ぜひ堅くならず面談に来てください。
分からない事不安な事全部聞いてってください。
奮って弊社代表に思いの丈をぶつけてください。

社長のスケジュールに 「未経験者面談」とか入ってるとちょっとテンション上がります。笑
弊社採用ページはコチラ
www.chivsp.com

渋市のプロフィール

出身地

大阪

年齢

23歳

趣味

ギター、格闘ゲーム

未経験研修について

研修内容自体は他の皆様が書いていらっしゃるので割愛させていただきます。
代わりに、私が研修中に心がけた気の持ち方、考え方について書かせていただこうと思います。

まず、この研修は正直なところ、未経験者が1から始めるにはかなり難しいと思います。
そのうち、必ず詰まる箇所があるかと思います。
その時に自分はできない人間なんだと落ち込むのではなく、
できないのが当たり前なのだから、どうすればできるようになるのかと常に考え続けました。

また、どうしてもわからないことがあるとき、悩み続けてネガティブな感情が渦巻いてきたなと思ったら、甘いものを食べたり、タバコを吸うなど
一度気分をリフレッシュすることを心がけました。
実はこれがかなり大事だと思っていることで、休憩中にふとこうすればいいのではないかと思い浮かぶことがよくありました。
フィジカル面は当たり前ですが、メンタル面もパフォーマンスにかなり影響すると思っているので、日ごろからメンタル面には気を使っています。
フィジカルがHPとするならメンタルがMPみたいなものですね。
HPが残ってたとしても、MPが切れていれば万全の状態ではないというゲーム脳的な考えですが、間違ってはいないと思います。

後は「1つ1つ整理して問題を細かくすること」を意識しました。
どうすれば想定した動きになるのだろうと考えたとき、流れを整理して1つずつ処理していけば、
実は細かい処理が積み重なっているだけでそう難しいものではなかった。なんてことがよくありました。(特にIF文やループ文)

以上が研修中に心がけた気の持ち方、考え方についてになります。
長々と書きましたが、簡潔に言ってしまうと「あまり思いつめすぎずに、前向きに考えコツコツと少しずつ進めた」ということですね。

未経験研修を始める前に、この記事を見た人の参考になれば幸いです。

一言

気分転換には格ゲーがオススメです。

JJUG CCC 2017 Fallに行ってきました!

11/18(土)、ベルサール新宿グランドコンファレンスセンターでJJUG CCC 2017 Fallが開催されました。
かなり大きなイベントで、当日も大盛況でした。
「こんなこともできるんだ!」「そうやればいいんだ!」など目から鱗がボロンボロン落ちてました!
今回もイベントの感想を書いていきたいと思います。

前回の参加した記事はこちら↓
chivsp.hatenablog.com

まず、JJUG CCC 2017 Fallってなに

JJUG CCCは毎年2回、春と秋に開催する日本最大のJavaコミュニティイベントです。
Java関連の技術や事例に関する良質なセッションが行われ、また異なる分野で活躍するJava技術者が一堂に会する場ともなっています。
(公式サイト引用)
www.java-users.jp

参加セッション

今回はグループリーダーの内田さんに誘(いざな)われ、Javaビギナーの松尾・船場・大畠の4人で行ってまいりました!

会場にはオープンスペースにコーヒーが配られ(紙コップにはKotlinの日本ユーザグループ代表の長澤太郎氏が。。)、大会議室に溢れんばかりの人が詰め寄せたりと、セッションの数も多く皆さん意欲的に参加されているようでした。
ここから、松尾・船場・大畠でそれぞれセッションの感想を書いていこうと思います。

11:00-11:45

次の一歩を踏み出そう! -OCJPの知識でちょっといいJavaコーディング- / ぜろゆ

自分の技術力向上のため、何をすれば良いのか、というかそもそも技術力ってなんだ!OCJPの知識があればこういったスキルがつくよ!と体験談を交えながら紹介されていました。
業務でも何千行もあるソースを読み解き、不具合を発見しないといけない中で、ざっと見て「やばそう」な気配を掴むスキル、あたりをつけるスキルって大事だなぁと改めて勉強になりました。(松尾)

12:00-12:45

JJUG初心者のためのJava/JJUG講座

Javaのマスコット「Duke」くんをイメージしたおにぎりが入っているお弁当を頂きながら、Javaの歴史やJJUGどういうものなの?どういう活動しているのかを紹介されていました。
JJUGのTシャツ欲しくなりました。(松尾)

13:30-14:15

G+H : Java 9を迎えた今こそ!Java本格(再)入門 / 岡田 拓也

Java9が9/22にリリースされ、これまでの過去のバージョンがどんな機能を持ち、また新たに追加されていったのかを「CSVファイルの読み込み」のコードをサンプルとして、紹介されていました。セッションの始めはCSVファイルの読み込みと聞き、私でも理解できる!と俄然集中して聞いていましたが、Lambda構文? JShell? 初めて聞くような単語が続々と出てきました。今後の展開では次々に新しい考え方も導入され、今まで定石として通った考え方も古くなっているそう。。
登壇者は「Java本格入門」の執筆にも関わっておられる方でした。そういえば、先輩持ってたなぁ。。 (大畠)

14:30-15:15

Spring Security にできること・できないこと / opengl-8080

続いてSpring Securityについてのセッション。事前に用意されていた2つのサンプルでSpring Securityの有効・無効を比較されていました。Spring Securityでサポートできる範囲、サーブレット側で処理する範囲と、実際にサンプルを動かしながら話されていたので、とても分かりやすかったです。(船場)

15:45-16:30

Javaが「書ける」から「できる」になれる!メモリ節約ノウハウ話 / 猪鼻哲也

立ち見参加者が出るほどの盛況ぶり。タイムテーブルで見つけた時から期待していたセッションでしたので、前の方の席を確保しました。
内容はオブジェクトの構造や型にかかるメモリの使用量をいかに節約するかについて。普段はメモリを意識することなくコードを書いていたので、内容は難しく感じました。(事前に配布されていた資料を受け取っておけばよかったです。。)コードをただ「書く」だけでなく、メモリを節約するなど無駄をなくした「できる!」コードについての話でした。(船場)

16:45-17:30

新しいプログラミング言語の学び方 ~ HTTPサーバーを作って学ぶJava, Scala, Clojure ~ / 田所 駿佑

プログラミング言語を新しく学ぶにあたって、「Hello World」から先に進もうと画面を作るとなるとCSSJSPなど学びたい言語以外を書く作業が多かったりします。こちらのセッションではトレーニングとして安易に使えるHTTPサーバの実装について紹介されていました。文字列の書き方や正規表現のテクニックをJavaScalaClojureの3言語を用いて紹介されていて、入門的な話として大変興味深かったです。(大畠)

17:45-18:05

最近のDeep Learning事情とJava / EVGENIY(郄橋良貴)

昨今、話題になっているDeep Learning
機械が学習する?と聞きかじった知識しか持っていなかった私も、Deep Learningの成り立ちから興味深く聞くことができ、面白かったです。
TensorFlow Playgroundを使い、ニューラルネットワークの動きを可視化し、どの段階で機械が読み込んだ画像を「理解」するのかの構造まで詳しく紹介されていました。
AIの定義とはあいまいなもので、何を持って「知性」を持ったと言えるのかは、長い間学者達の間で議論されていることではあるようです。(大畠)

Java x ArduinoのIoT アーキテクチャパターン / Yusuke Yamamoto

LEDをチカチカ光らせる(通称Lチカ)までの回路を作成し、スケッチ(プログラム作成)し、コンパイルして実行する流れを目の前で実施しながら紹介されていました。
IoTには興味はあるけど、なんか難しそう。。。と思い、手をつけてこなかったなかった私でも理解でき、とても分かりやすい内容でした。(松尾)

参加してみて

松尾の感想

前々から気になって、お誘いを頂いていたのですが、都合が合わず行けず。。しかし今回ようやく行くことができました!
まず、何より楽しかったです!
新しい技術や、コーディングする際の考え方を学ぶことができ、プログラムを書こう!というモチベーションが上がりました。
また、登壇者の方が楽しそうに紹介している姿がカッコよかったです!
いつかはあのステージに登りたい・・・!
今回のイベントでは、技術系のことももちろんですが、登壇者の方の話し方や資料の構成なども意識して聞こうと思っていました。
先輩のように、後輩にわかりやすくアウトプット出来るようにならなければ!と密かに思い、参加しておりました。

船場の感想

エンジニアになり、まだ1年もたっておらず、Javaの知識についてまだまだ理解できていないことが多い私ですが、JJUGでは初級者向けの講義もあったため何か勉強になるきっかけになるかもしれないと思い今回参加致しました。
いざ会場に到着すると思っていたよりもたくさんの人が参加されていて、座席が埋まっていても立ち見で参加されるなど、会場の熱気に驚かされました。
今まで社内でしかプログラミングの話しを聞いてこなかったのですが、外部の人から講義という形で話しを聞き、とても新鮮な体験ができました。
また、Java初級者である私にはちょうど良い、Java 9になって何ができるようになったのか、プログラミング言語を学ぶにはどのようにすればよいかなどの講義を聞き、勉強になりました。

大畠の感想

このような技術系のイベントの参加は初めての経験で、どのようなセッションが開かれているのかに興味を持ち、参加致しました。
Java言語やコードそのものについてのセッションの他にも、Spring SecurityやDeep LearningScalaClojureなど様々なJavaに関連するプログラミングを知りました。
その多くが初めて聞く単語だったりと己の無知さと業界の周知さに驚きもしましたが、技術を学ぶ楽しみについて触れ、新鮮な経験を積むことが出来ました。

徳永のプロフィール

出身地

長野県

生年

1990年

高校時代にイラストレーターに憧れてデザインの大学へ

高校時代、絵を描くことは好きでしたが、中学生の時からやってみたかった弓道部に所属。
デッサンなど全くしていなかった夢見がちな学生でした。
そしてもっと絵が上手くなりたいと思い、ふわふわとデザインの大学へ入学しました。

嫌いな自分を自ら作り出した大学時代

私の入学した大学には「デジタルデザイン」という見るからにパソコンで作業しそうな学科があり、
パソコンに触れるのが好きだった私はその学科に入ることにしました。
デジタルデザイン学科では主にWebデザインを一人で企画から制作まで一通り行います。
使う素材は絵を描くも良し、写真を撮って素材にするも良し。
周囲が絵心ありすぎて私は写真を撮りました。そしてアイデンティティを見失っていき、
自分の作品に誇りを持てなくなり、単位を落として留年してしまうのでした。

サークルを通してやりきることの大切さを学ぶ

大学時代、和太鼓サークルに所属していました。体を思いっきり動かして仲間と音楽を作るのです。
4年生はサークル活動の締めに、4年生だけで曲を作り、ステージの上で演奏してサークルを卒業します。
どん底にいた私はせめてサークルの演奏だけは思うままにやり抜きたいと考え、練習を仲間と楽しみました。
そして最高の演奏を終えた時、中途半端にせず「終わらせること」がとても気持ちがいいことだと気付きました。
「終わらせること」は言い換えれば「結果を得ること」であり、その良し悪しや、なぜその結果が得られたのかを考えることができ、
自分の中で整理できました。また、一番大切なことはやりきったことを次に繋ぐことだと思います。
結果を活かすことができなければ、その結果はいつか消えてしまうからです。戻り値を返す関数の戻り値を使わないのと同じです。

システムエンジニアを目指す

就職活動初期、Webデザイナー志望で就職活動をしていました。しかし、アプリ開発の講義を受けて、
「プログラミングにハマりそう」と思った私は、卒業制作をスマホのゲームアプリケーション開発に決め、
同じ研究室に所属しているメンバーとともに、勉強会を開き、質問や相談をして切磋琢磨したのでした。
そして自分の思い通りに動く画面を見てメキメキとプログラミングにハマっていきました。

イバラの道だった就職活動

自己PRが苦手だった私は自分の考えをうまく伝えることができずに今後のご活躍をお祈りされていました。
作っていたアプリも未完成な状態だったため、システム業界では評価に値しない人間だったと思います。
大学を卒業した後、地方のハロワにブラックなイメージがあった私は既卒者向けの就活サイトで仕事を探すことにしました。
業界未経験な私は研修がいい感じのところに入りたいと考え探していたところ、シベスピと出会いました。
面接は前日にホテルに泊まって頭がスッキリしていたせいか、佐藤さんのコミュ力のおかげか、今までで一番上手に話すことができました。
その後、内定通知をいただき、シベスピの研修に挑むことにしました。

未経験研修について

課題内容については全て自分で調べる(質問は可)ということで、私にとっては調べて試してまた調べて…というように、
大学時代の卒業制作時とほぼ作業内容は同じでした。デザインも事前調査が大切なので調べる作業には慣れていました。
しかし、シベスピの研修において質問はかなり重要です。いかにして「自分のわからない部分を伝える」か、
それが素早く回答にたどり着くためのカギです。
講師の方も親身になって考えてくれますが、「本当に伝えたいこと」が埋もれてしまわないように、
質問はできるだけシンプルにすることを意識しました。
研修後半は「本当に伝えたいこと」が何なのかわからないうちはメモを取り、図を描き、それを見つけ出してから質問をしようとしました。
そんなことを続けていると、質問回数より質問をする前に自己解決することの方が多くなっていきました。
「整理整頓」と「準備」は本当に役に立ちます。

研修内容の復習・予習について

私は朝に電車が遅れたりして遅刻するのが怖くて、業務開始時刻の1時間前には池袋に行き、
駅前のマッ○で調べ物をしながら過ごしていました。そのため、早寝早起きの生活リズムが出来上がり、
気持ちに余裕のある業務開始前に調べた内容をよく読むことで、朝の滑り出しが良いという一石二鳥の研修生活でした。
…前倒しで研修を終えれば、何かいいことがあるかも?

一言

楽しい仲間をお待ちしております!

大畠のプロフィール

はじめまして。
9月に未経験採用として入社しました大畠です。

未経験者向け研修期間を終え、現在は新人PGとして保守業務に従事させていただいております。
入社して間もない私が語れることと言えば、研修時の話くらいだろうと思います。
長いようで短いシベスピの研修、もとい、辛いようで やっぱり辛かった 大変意義のある研修について、読まれている方々に少しでも興味を持っていただけたら幸いです。

シベスピの研修内容について

シベスピでは、2カ月の研修の間にSQL(Oracle)、Java、ドキュメント作成などの基礎知識を学ぶ、様々な課題が用意されています。
課題を進めるスピードは研修生の間でもバラバラで、早く進む方もいれば、もちろん理解が追い付かず遅れぎみな方もいます。
全ての研修課題をこの2カ月間で終えれば良いので、分からない箇所はネットで調べるか、講師の方(先輩社員)に聞くなどして課題を解いて行きます。
しかし、この研修はただ課題を解くことが目的ではありません。
他の記事にも書いておりますが、シベスピの研修は「考える」力を身につける研修です。
分からない箇所を質問する(調べる)にも「どこが分からないのか」をきっちり自分の言葉で説明する必要があります。
これが言うは易くでして、自分の考えを言葉にするのは難しいものです。
順序を整理し、筋道を立てて説明をする。ビジネスマナーの本にも書いてあることですが、前提として「自分の分からない部分はどんな所」なのかを把握する必要があります。
何に悩んでいるかが分からないままだと、当然課題は進みません。
私の経験では、「分からない悩みについて、悩み出し、その事にさらに悩み出す……」と延々悩みの坩堝にはまり込んでいくこともありました。
そういう時は、悩みを(単語でもいいので)紙に書き出し、アウトプットするのも一つの手です。
それでも分からない場合は、思い切って講師の方に相談していました。
一時の恥ですが、「分からないことが分からない」のも一つの質問だと私は思います。(開き直りではありません!)

それに、一人で抱え込んでまま解決するのは稀なことでした。
研修に限らず、いろいろな事を先輩方に相談してみるのも面白いかもしれません。(たまに けっこう奢ってくれます)
研修にとおって入社できれば、今後一緒に働くことになるチームですので、先輩方も教える気満々です。

終わりに

研修内容は未経験者の方には厳しいものだろうと思います。
私はこれまでライターや接客業と、ITとは無関係の職種で働いてきましたが、身に付くスキルが欲しいために思い切ってこの業界に飛び込んできました。
最初はただ、自分の行っている処理が分からずつまらないなと思ったこともありました。ですが、学習を続けていくうちにコードの処理が通ったことが嬉しい、考えた通りのコードが書けて嬉しいと自分なりの楽しみを見つけることもできました。
辛そう、とか大変そうだからと尻込みするのではなく、それに挑む事こそ意義があるように私は思います。
そんな価値観を見つけられるのも、いつでもチャレンジができるシベスピの魅力だと私は思います。

最後にひと言

あ、本が好きです。

未経験からの挑戦(下)

片手で研修を受けていた船場です。
左手が治ったところから、研修の終わりまで書いていきます。

左手復活!

研修開始直前で左手を骨折してしまい、片手で研修を受けることになってしまいましたが、順調に研修を進めていました。
2週間ほどが経ち休日に医者からギプスを外す許しを得て、いよいよ左手が復活!
久々に自由になった左手ですが、肘周りの筋肉が固まっていて思うように動かず変な感覚でした。あと臭いも、、、。
しかし、これからは両手で研修作業ができる!と気分は晴れやかでした。

研修中盤から終了

休み明け、まだ左手に違和感がありながら、久しぶりにスーツの左袖に手を通し、治った左手にテンションが上がりながら出社しました。
いざ研修を進めると、初めのうちは両手で作業しているのですが、作業に集中してふと気がづくと、左手がギプスをはめていた時のポジションに移動して片手で作業していることがたびたびありました。
この変な癖(?)がなかなか治らず、気が付くと勝手に左手が移動しているので、その度に自分の腕ではないような感じがしていました。

そして、左手が治ったことで更にスムーズに進んでいくと思っていた研修ですが、、、
中々思うように進まず、研修前半で貯めていたスケージュールの前倒し分も無くなってしまい、遅れが出てはそれを取り戻すというのを繰り返しながら進めていました。
研修講師や先輩社員の方からは片手で作業してた時のほうが早かったのでは?と、、、やや焦りながら研修を受けていました。
実際にこの頃は、片手だった時のほうがキーボードー入力するスピードが速かったのを自身でも実感していましたが、研修に遅れが出てきてしまっているのは左手が邪魔をしているのではなく、研修の難易度が上がったからだと思っています!

研修前半は1つの課題に対して1つの処理を実行するプログラムを作成するなどし、次の課題で機能を追加するなど、課題の順序通り進めていけば良かったのですが、研修後半になると1つの課題に対し、複数の処理を実行するプログラムを作成する内容となりどこから手を付けていけば良いのか?から悩みが発生しました。
また、1つの課題に対しての情報量が増えたため、課題内容を単純に理解することにも苦戦しました。

研修課題の中でも特に苦戦したのは、最終課題のJavaでのWebアプリ作成でした。
この課題は設計書をもとにプログラムを作成するという業務ではほぼ当たり前に行われる、振り返ってみるととても実践的な内容だったのですが、最初は設計書に書かれている内容を理解することに苦労しました。
また、ネット検索や本を読み調べてもAの処理を実行するプログラム、Bの処理を実行するプログラムとそれぞれ部分的なものは出てくるのですが、1つのまとまったプログラムのことを記述されたものを見つけることができず、プログラム作成の一連の流れを理解できず苦戦していました。
しかし、先輩方にネット検索のコツ(検索時に入力する語彙のチョイス)や言葉で説明を受けても理解できないときに紙に図を描いていただく(自身でも書くことでの整理を促がす訓練)など、わかりやすく教えていただき何とか研修を終わらせることができました。

今回、研修時代を振り返ってみましたが自身の中で強く印象に残っているのが骨折だったので(人生初骨折だったということもあると思います)、ほとんど骨折の話になってしまいましたが、、、私が苦労した話などがこれからの後輩たちの参考になれば嬉しいです。

一言

ケガには気を付けましょう!