株式会社シベスピ 従業員ブログ

シベスピの社員ブログ。技術・想い・経験沢山書いていきます!

ピロリ菌除去について

お疲れさまです。
平田です。

2月に胃の検査をしたところピロリ菌が発見され、除菌を行いました。

今回はその経緯などをまとめておきたいと思います。
皆様の健康な生活の一助になれば幸いです。

そもそもピロリ菌って?

 胃の中でも生き残るしぶとい細菌です。
 胃は胃酸と同時に胃壁を修復する成分を分泌しているのですが、ピロリ菌によりその修復のバランスが崩れ、胃炎が起こりやすくなります。
 https://www.otsuka.co.jp/health-and-illness/h-pylori/about/
 
 結果、胃がんなどの重大な病気の遠因となるため、除去が推奨されています。
 各自治体でも検診が推奨されています。
 (下記は豊島区の胃がん検診サイト)
 https://www.city.toshima.lg.jp/209/kenko/kenko/gan/gan/documents/1507141040.html

 菌が居てもいいことないので見つけたら除菌しておきましょうねってことです。(実際お医者さまにこう言われました)

経緯

 胃痛の原因究明のために胃カメラした結果、胃壁の色が違っていました。
 ピロリ菌がいると色が違うので一目でわかるそうです。
 
 胃カメラが必須なわけではなく、ピロリ菌だけの検査であれば、呼気検査(袋に息を吹き込む)でもOKです。

 ちなみに、原因としては母親からの感染が7割、父親からが1割とのことです。
 見つかったら両親にも検診を勧めましょう。
 (見つからなくても勧めましょう)

対応

 ピロリ菌を除菌するための薬を一週間飲み続けることになります。
 この薬の服用で大事なのは12時間おきに必ず同じ時間で飲み続けることです。
 朝8時に服用→夜8時に服用というサイクルを欠かさず一週間続けることになります。
 
 これがわりと大変でした……。
 「一回でも飛ばすと効果が切れる」と念押しされているので、朝には必ず服用し、夜は8時には薬が飲めるように夕食を取るのが大変で……。
 いかに自分の食事サイクルが安定していないかを思い知りました。
 

副作用

 この薬の副作用が「唾液に苦みが発生する」というものでした。
 (薬の成分が体に取り込まれてから、唾液に分泌される)
 夜は服用して寝ていればいいのですが、朝の服用後から口の中がずっと苦くて……。
 お昼ごろまではずっと口の中が苦かったです。
 おいしいものを食べるなら除菌の後がいいですね……。

結果まで

 除菌を行ってから結果が分かるまで、4~6週間かかります。
 4~6週間後の検査で、菌が見つかるかどうかで除菌ができたかがわかります。

結果の前に……

 私は胃炎持ちなのですが、
 検査前2週間は胃の薬の服用を控えるように言われます。
 (薬の効果でピロリ菌が収まってしまい、正しく検知できないので)

 この「薬が飲めない」のがかなり大変でした。
 胃炎がぜんぜん収まらない……。
 2週間ほど大変な時期が続きます。

 ちなみに検査してから結果がわかるまで数日~一週間ほどかかります。

結果とその後

 菌が見つからなければ除菌成功です。お疲れ様でした。
 菌が見つかった場合は再度の除菌になります。
 今度はもっと強い除菌効果の薬を出してもらえます。
 (最初からそっちを出してくれよ、とも思いますが、
  婦人科でも使う薬なのでそうそう出せないんだそうです……)

 最初の薬で94%除菌できて、2回目の薬で99%除菌できるそうです。
 居ていいこともないので、見つかり次第除菌してしまいましょう。

 薬苦いですけどね!

除菌結果

 さて、私の除菌結果はといいますと……。
 除菌完了しました!
 よかった……。

 
 2ヶ月ほどかかりましたが、除菌完了できました。
 時間もかかりますが、将来的な病気のリスクを考えるとやってよかったと思います。
 みなさんもまずは検診されてみてはいかがでしょうか?