株式会社シベスピ 従業員ブログ

シベスピの社員ブログ。技術・想い・経験沢山書いていきます!

競技プログラミングはじめました。

東京の夏の暑さが嫌になり北海道に行ったら、泊まった友達の家にクーラーがなく更に暑い思いをしてしまいました。
文明の利器って偉大ですね。
こんにちは、阪田です。
最近基本情報の資格を取得し、他にもエンジニアとして役に立ちそうな事はないかなーと考えていると、競技プログラミングというものに出会いました。
これがゲーム感覚でアルゴリズムの問題を解くことができ、楽しみながら学ぶ事出来るコンテンツだと感じたため、ご紹介したいと思います!

競技プログラミングとは

コンテストが開催されると、その参加者に同一の問題が数問配信されます。
競技プログラミングはそれらを解くスピードを競う競技です。
コンテストの結果がその都度自身のレートに反映され、レートによるランキングも存在します。
最近では競技プログラミングのレートが高いと就職に有利になる事も珍しくなく、その価値が認められつつあります。

実際にコンテストに参加してみて

参加する前の印象として「競技プログラミングは敷居が高いもの」という印象があったのですが、簡単な問題も用意されており、なおかつ専門知識を問わずにアルゴリズム力のみを求められる内容となっていたため、
新人のエンジニアの私にとっても楽しく参加出来ました!

気になる結果ですが、3回ほどコンテストに参加して、パフォーマンス(各コンテストの結果のみで判定したレートの期待値)の平均は580点程度でした。
このレートがどの程度のレベルであるかは、下記を参考にしてください。
chokudai.hatenablog.com

今後について

分かってはいましたが、まだ一人前のエンジニアには一歩及んでいないという結果でした。
自分の性格上、半人前のレベルのまま終わらせたくはないので、少なくとも一段階上の一般的なエンジニアのレベルである緑corderになるところまではやろうと思っています。
今回競技プログラミングを初めて思ったことですが、本当に楽しみながらエンジニアとしての価値を高められる良いコンテンツだと感じました。
みなさまも是非やってみてはいかがでしょうか。