株式会社シベスピ 従業員ブログ

シベスピの社員ブログ。技術・想い・経験沢山書いていきます!

困ったときはアヒルの人形に話しかけよう

f:id:chivsp:20210416193227j:plain
こんにちは。
人は困ったこと(例:ソシャゲのガチャ、賭け事など)があるとよく神に祈る生き物ですが、エンジニアが一番困る場面といえばデバッグ作業があげられると思います。
デバッグをスムーズに終わらせる方法は太古より様々な手法が考えられてきましたが、エンジニアも人であるため、神に頼ることもあります。
ゴム製のアヒルの人形に対して実装したコードの処理・内容を説明し日頃の悪行を悔い改めることによってプログラミングの神様から天啓を賜ることで、コードの問題点を瞬時に理解する手法があります。

真面目に解説

というのは半分ほど冗談です。
ただ、ゴム製のアヒルにコードの内容を伝える解決方法は実在します。
この手法は『ラバーダックデバッグ』と呼ばれる手法です。(ベアプログラミングとも呼ばれるそうです。)
現在の問題点やコードの処理・内容を口に出して誰かに説明することで頭の中で問題点を整理し、解決方法を発見しやすくするという由緒正しき手法です。この方法は、他の人の手を借りずに自分一人だけで問題を解決できる(可能性がある)点が優れています。
話しかける対象をアヒルに限定する必要はなく、ぬいぐるみ、観葉植物、犬など誰でも同じ効果が得られます。
この手法で大切なことは問題を整理し、相手に伝わるように考えて話すことだと思います。
オフィスなど周りに人がいる環境で無機物に話しかけるのは勇気が必要だと思います。ただテレワーク中なら周りを気にせず無機物に話しかけることが出来ますし、コミュニケーションが取りにくい環境でまずは一人で問題を解決しようという方法としては適しているのではないでしょうか。

”迷”言をつくらない

1月入社の高田です。研修期間を含めてもあっという間の日々でした。
そんな中で自分自身気をつけないといけないなと
感じたことを書いていこうと思います。

”誤字脱字”についてです。

仕事でもプライベートでもPCやスマホで文字を打つことで、
相手にものごとを伝える機会が多いなと感じます。
先日私は「最高な休日の海幕」となっていたことに
まったく気が付かず、ツイートしていました。
そのツイートを見た友人から「開幕が海浜幕張になっているよ」と
言われ、面白い休日の幕開けでした。
スマホの変換機能を信用しすぎるとこうなります。
プライベートでは面白い誤字として片付きますが、
仕事ではそうもいかないですよね。
しかし仕事上のやり取りでもたまに
「あ、ここの文字抜けている……」ということがあるので
気を引き締めないといけないなと日々思います。

誤字脱字などの意味

誤字(ごじ)
→誤った形の字。正しくない文字。主として漢字についていう。
脱字(だつじ)
→文章や印刷物などで、書き落としたり組み落としたりした文字。
衍字(えんじ)
→《「衍」は余りの意》
語句の中にまちがって入った不必要な文字。
冗字(じょうじ)
→むだな文字。不必要な文字。
デジタル大辞泉」参照

誤字脱字などの原因と対策

私自身が誤字脱字等をしてしまう要因としては
「言葉を頭の中で補完している」ということがあると思っています。
「この文脈ならこの言葉だろう」や「この漢字だろう」といった
脳内補完をしているのでしょう。
そして間違いをスルーしてしまうのです。
そう、先ほどの「海幕」のように。
これを防ぐために仕事では一度書いた文章は少し間をおいてから
確認し直すようにしています。
コーヒーを飲む動作や、トイレに立つ動作など
書いた文章から少しでも意識を逸らすことで、
自分の中で書いた文章を忘れ、客観的に見直せるかなと思うからです。

こうしたブログ記事やプレゼン資料など、
不特定多数の人の目に入るものや信憑性が問われるものは
特に気を付ける必要があると思います。
こういう時には少し意識を逸らすだけでなく、
ひと晩寝かせてから見直すようにしています。
また文章校正ツールを利用することも有効です。
MicrosoftのWordなども自動チェックが付いているので
とても助かります。大概の脱字は見つけてくれますね。
本当に助かります。本当に……。

最後に

口頭と違い記録が残りやすい文字でのやり取りでは、
言葉の誤った使い方や読みにくくなる脱字などは
極力避けなければなりません。
いっそのことプライベートでの誤字脱字などは
”発言まとめメーカー”などで「迷言集」としてまとめることで、
自分への戒めにもなっていいかもしれないです。
そして仕事上でのやり取りの中でも、
冷静さをもって確認を行うことで、誤字脱字等のない、
読みやすくて齟齬が起きにくい文章を書けるようにしたいです。

年金制度について

皆様。お久しぶりです。寺井です。
シベスピに入社してから早4か月、新鮮な出来事の毎日であっという間でした。
自分の人生もあっという間に終わるんだろうな~と思ったりもします。

3月に参画していた大所帯プロジェクトも終わり達成感でいっぱいですが、せっかく仲良くなれた方がいても、プロジェクトが終わってしまえば会えなくなってしまうわけで少し寂しいですね。

今回のブログのテーマなのですが、給与明細を見たときに厚生年金保険という項目があったので、調べてみたら年金が大きく関わっていたので年金について書いていこうと思います。

年金とは?

年金とは大雑把にいうと高齢、病気もしくは障害が理由で働けない人に支給するお金のことです。
年金制度の始まり(国民皆年金体制)は1961年にスタートしました。
戦後、日本の人口が都市に集中し、地方にいる家族を直接養うのが難しくなったため、国民全員で働けない人の生活を支えることを目的とし、できたのが年金制度です。
この年金制度は国民が強制加入している保険で、20歳以上の日本に住んでいるすべての人に支払いの義務があります。
もちろん一生払い続けるわけではなく、国民年金は原則60歳まで、厚生年金は70歳までと年金の種類によって決められているそうですね。
ちなみにどの国にも年金制度はあるみたいです。ない国の方が珍しいっぽいです。

厚生年金と国民年金

じゃあ、そのお金はどこから集めているのか?というと、、、
厚生年金保険料と国民年金保険料という名のもと、国民から集めているわけです。

厚生年金保険料は会社員(サラリーマン)及び公務員が支払う保険で、給与によって厚生年金保険料が変わってきます。
ちなみに、社員が支払うべき保険料の半分を会社が負担してくれます。圧倒的感謝です。
給与×保険料率(18.3%)×会社負担(50%)=厚生年金保険料となります。

例えば給与20万円の会社員が支払う厚生年金はいくらかというと
200,000×18.3%×50%=18,300円
18,300円が毎月、厚生年金保険料として国から徴収されているわけです。
賞与にも厚生年金保険料が掛かり、同じ計算式です。
年収が高くなれば支払う保険料が上がっていくのが特徴ですね。

じゃあ国民年金はというと
年によって支払う金額が変わるそうです。
令和3年4月からは16,610円となります。
誰が支払っても月額16,610円です。
これは主にフリーランス、フリーター、自営業、専業主婦(夫)の方が該当します。

あとは私的年金というのがあるのですが、ここでの説明は割愛させていただきます。
(気になる方は調べてみてください)

厚生年金と国民年金を支払っている人ではもらえる年金の金額も変わってきます。
ネットで簡単にシミュレーションできるそうです。

年金崩壊?

今の日本の年金の制度は賦課(ふか)方式という制度を取り組んでいます。
賦課方式は簡単に説明すると、現在、働いている人たち(現役世代と言われる方たち)が働けない人に仕送りをしている感じです。
この制度はインフレや給与水準の変化に対応しやすいです。

ただ問題点があって、働いている人が働けない人に仕送りをしているわけですから、働いている人が少なくなって、働けない人が多くなったらまずいです。
今後の少子高齢化問題や、医療の発達による平均寿命の延びが懸念されています。
非常にまずいですね。

日本の対策として

上記の3つを上げています

私が問題視しているのが、国庫負担!!
国庫という国の財源の1/2を年金に回すらしいのですが、これは税金で集めたお金ですよね。
これを年金の支給に回すとなると税金があがるんじゃないかな~(所得税や消費税)
もしくは年収が高い人から徴収するか、利益が高い企業から徴収するか、、、
さすがに年金崩壊はないかもしれませんが、将来受け取れる金額が減るのか支払う金額が増えるのか心配ですね。

終わりに

特にオチもない話でしたが、これをきっかけに経済に興味を持っていただければ幸いです。

今回の内容は以下のサイトを参考にさせていただきました。
いっしょに検証!公的年金 | 厚生労働省

リングフィットアドベンチャーについて

こんにちは。最近、暖かくなってきましたね。
家の近くの公園では桜が満開になっていて春を感じます。
さて。この業界は慢性的な運動不足になりやすい仕事です。
なので今回はSwitchのゲームソフト、リングフィットアドベンチャーについて紹介していこうと思います。

リングフィットアドベンチャーとはどんなゲーム?

輪状の機器「リングコン」を両手で持ち、太ももに「レッグバンド」を巻いた状態でプレイし、
プレイヤーの動きが画面上の主人公と連動する形式のRPGです。
プレイヤーに合った運動負荷を考えてくれる機能が搭載されており、
運動不足解消にはもってこいなアイテムです。

どんなメリットがある?

リングフィットアドベンチャーのメリットは以下のとおりです。

運動不足を解消

体が健康になります。

ゲーム感覚でプレイできるので、筋トレに飽きが来ない

筋トレのメニューが複数あり、同じことを毎日繰り返しているような気がしません。

終わるタイミングを明確に決めやすい

ここのステージをクリア、またはこのボスを倒したら今日は終わり
といったように、1日の目標を設定しやすいです。

筋肉の名前を教えてくれる

自分がどの筋肉を鍛えているのか、これからどの筋肉を鍛えたいのかなどを明確にイメージできるようになります。
私はこの機能をとても良い機能だと思っています。

取り掛かりやすい

筋トレを始めるにおいて一番の敵は「筋トレを始めるまで」だと考えております。
実際に取り掛かれれば、しっかり筋トレはできるのですが…
どこかのタイミングで面倒になってしまい、挫折してしまいます。(経験談です)
リングフィットアドベンチャーは、1日の終わりにゲーム感覚で筋トレしようって気分で取り掛かれます。

家でできる

わざわざジムに行く必要がありません!

以上が私の考えるリングフィットアドベンチャーの利点です。

続けられているの?

以前はトレーニングメニューを考えて取り組もうとしましたが、5日ほどでやめてしまいました。
ですが、2月後半くらいにリングフィットアドベンチャーを購入してからは、ほぼ毎日取り組めています。
自宅で、しかもゲーム感覚で筋トレできるので、いまだに続けられています。

最後に

コロナ渦で皆さん在宅勤務が多くなり、慢性的な運動不足になっていると思います。
ジョギングや筋トレが続かない!という方は、まずゲーム感覚で取り組めるリングフィットアドベンチャー
チャレンジしてみてはいかがでしょうか?
ゲームには、運動負荷という設定値があるのですが、私はしっかりした大きい筋肉を付けたいのでかなり高めに設定しています。
(1ステージクリアするのがかなりつらくなりますが...)
皆さんも運動不足を解消し、健康な体になりましょう!

CBT方式の基本情報技術者試験を受けてきました

こんにちは!藤本です。

2021年2月に基本情報技術者試験を受けてきました。

基本情報技術者試験は令和2年度から新型コロナウィルス感染症の感染予防のためCBT方式での実施となりました。
www.jitec.ipa.go.jp

CBT方式とは

CBT(Computer Based Testing)方式とは、CBT会場で、コンピュータを使って検定を受験するシステムです。
学校での試験のように紙に回答を記入する形式とは異なり、PC上に表示される設問にマウスとキーボードで回答する形式となります。

PCでの受験とはなりますが、基本的にそれぞれの自宅で受けられるようなものではなく、あくまで会場に出席して受験する必要があります。

CBT形式の基本情報技術者試験を受けてみた

申し込み

CBT形式の基本情報試験はいわゆるセンター試験のように決まった一日で開催するわけではありません。
一定の期間内に申し込みをして、自分で選択した試験日に受験をする形式となります。
60日後までの期間内で申込みが可能となるのですが、私が申し込みをした際、申込みが可能になると土日はすぐに枠が埋まってしまう状況でした。
そのため、土日に受験したい方はできるだけ早めの申込をおすすめします。

試験当日会場へ

私の申し込んだ試験会場は五反田のTOCビルでした。
TOCとは「東京卸売りセンター」の略。卸売専門だった頃の面影を残す名前です。
オフィスビルでなければ小売向けのショッピングビルでもない独特の雰囲気のビルでした。

サイトに記載のあった7階にエレベータで上がったものの、特に案内表示はなく
「本当にここで合っているのか…?」
と不安になりましたが、暗い卸売り店が並ぶ通路を歩くと同じ世代の若者が集まる部屋を見つけ、無事にたどり着くことができました。

受験

簡単な受付を終え、時間になると試験監督の方から説明を受けてから会場に入室します。
会場には筆記用具すら持ち込むことができず、持ち込めるのはハンカチ・ティッシュと身分証くらいでした。

会場内には間仕切りされたパソコンがずらりと並んでおり、指定された番号のPCの前に着席しました。

試験の時間は決まっていますが、自分の始めたいタイミングでPCのスタートボタンを押下し受験を始めることができます。


実際に受験して感じたCBT形式の良かった点と悪かった点をまとめました。

良かったこと
  • 画面にインデックスが表示され、自信のない問題や未回答の問題をマークし、すぐ戻ることができる
  • マークシートを塗りつぶす手間が不要
  • 自分のタイミングで開始・終了ができる
悪かったこと
  • 問題文に書き込みができない
  • メモ紙のおかわりをもらうのに試験官の方を呼ぶ必要がある
  • 機能の説明が少ない
  • 問題を持ち帰ることができない


主に悪かったことについて

  • 問題文に書き込みができない

PC上に問題が記載されているため直接書き込みをすることができません。
席にはメモ紙が一枚とボールペンが用意されていますので計算や簡単なメモはできるようになっております。しかし、表計算問題等はやはり問題文上に記載をしたくなりました。
また一応、マウスで問題文にマーカーを引くことができたりとCBT形式の欠点をカバーするような努力を感じました。

試験終了・スコアレポート

猛烈な尿意と戦いながらの受験が完了し退出の手続きを行うと、すぐにスコアレポートが送られてきました。
そのレポートから、午前試験は「点数」が、午後試験は「正答率」を知ることができるので、大体の合否を知ることができます。
点数を知るために自己採点の必要がないことは利点と言えますが、問題を持ち帰れずどこを間違えたかを知ることはできないため、そこはCBT形式の不便な点かもしれません。

まとめ

CBT形式の基本情報技術者試験で感じたことについてまとめました。
基本情報技術者試験を受けるような方はPCに明るいでしょうしあまり心配はありませんが、対策として過去問を解く際は印刷せずPC画面で見て練習するなど、対策をしておくと良いかもしれません。

コロナの如何に関わらず、今後は新しい生活様式に合わせCBT形式での受験を続けると発表がありました。
IT系以外にもCBT形式の資格試験が増えていくかもしれません。
是非CBT形式をマスターし、新しい世界を生き抜いて行きましょう。

以上、CBT方式受験レポでした。

ウマ娘について

f:id:chivsp:20210315230414j:plain
緊急事態宣言でネタが不足しているので、ウマ娘 プリティーダービーについて少し書きたいと思います。

2021年2月24日にリリースされたウマ娘 プリティーダービーですが、実は一度リリースされていたのをご存知でしょうか。
2017年にリリースされているのですが、その時は目玉であるライブやレースが散々な出来だったことから超絶外れという評価でした。
事前登録を開始してから2年延期など様々な物議を醸していましたが、いざリリースされたアプリをダウンロードしたときの最初の印象は、ここまで変わるかというものでした。

3Dモデル
ライブやレースなどの3Dモデルなどはポリゴン感がなくなり、モーションキャプチャーによる細かな動きが再現されています。
以前は作り物感がありアニメなどのイラストからは遠かったですが、現在はほぼ同じ印象です。

レース
以前はランニング風景を見せられている感じでしたが、今はエフェクトなどによりレース感が出ています。
また、コースやカメラワークなども競馬の中継などを意識して作られているといった感じです。
そして、ウマ娘個別に走法などもキャラクター別に作りこまれています。

文字にしてもいまいち伝わりにくい部分がありますが、技術の進化や、開発者が競馬をよく研究しているという感じが出ていますので、是非一度ダウンロードして遊んでみてください。

高野のプロフィール

皆様初めまして。

2月に入社しました。高野と申します。
宜しくお願いします。

プロフィール

生年月日:1996年3月
出身地:埼玉県
趣味:将棋と料理が好きです。料理は週2~3くらいでしています!
好きな食べ物:砂肝とつぶ貝(食感が大事です)

経歴

ずっと埼玉で暮らしていました。海もなければ、高い山もなく、都会でもなかったので25歳になった今でも、田舎に行っても都会に行ってもすごく感動してしまいます。
前職はパン屋に勤めていました。中学のころからパン作りが趣味で、美味しいパンを開発したくて、その道に進みました。
仕事の中で一番楽しかった思い出が商品開発なのですが、風のうわさで、開発したパンがまだ店頭で売られていると聞きました。
コロナに勝ったらすごいなと思ってます。

シベスピの研修を受けて

シベスピでは未経験者で採用になった方には、2か月間の研修を受けて頂いてます。
ですので、私もしっかり研修を受けました。

研修では"Java""SQL""HTML/CSS""JavaScript"の言語を使用します。

名前は聞いたいことある!という方でも、特にJavaSQLは練習問題をたくさん解きながら、慣れていくことからスタートしますので、安心してください。

ただ、”楽”ではないです。
プログラミングスキル以外にも、必要となるスキルがあったりもしますが、他の方も書かれている内容なので私は割愛します。

私も最後の最後まで、合格できるかどうかの瀬戸際を走ってました。

途中諦めかけましたが、様々な方に支えて頂き、時に厳しく、時に優しくして頂いたおかげで、無事合格することが出来ました。

現在は入社して1か月が経ちましたが、上司の方に教わりながら、業務を行っています。
まだまだ未熟なので、一層努力して頑張っていこうと思っています。

一言

太陽に当たりたい