株式会社シベスピ 従業員ブログ

シベスピの社員ブログ。技術・想い・経験沢山書いていきます!

報連相を楽にしたい。

こんにちは、西川です。

8月に26歳になりました。
関西から上京してきて4年がたち、時の流れって早いなと感じます。
さて今回は報連相について思ったことをつらつらと書こうかなと思います。

報連相について

社会人になって真っ先に言われることに報連相があります。
意思疎通ができていないとトラブルが発生しやすくなりますし、仕事のスピードも遅くなります。
マイナスの結果を未然に防ぐことができるのが報連相です。すごい報連相
社会人1年目のときの私、報連相大事。って念じてるときありました。

大事だけど急に難しくない?

急に現場に配属されて知らない人が大勢いる中、すぐに出来るか。
社会人経験豊富な方であれば、緊張をすることなく、積極的にできるかもしれませんが、顔色伺ったり、相手の状況を見たりして二の足踏む方も少なくないと思います。
少なくとも私は出来ません。緊張しちゃいますし、急に言われてもできません。

ハードルを下げる

じゃあ出来るようにするにはどうするか。
報連相の前に何かを足して軽くしよう。
そこで行き着いたのが「雑談」でした。

報連相という硬いイメージに雑談という軽いイメージを足すことで報連相を軽いイメージに落とす。

なぜ雑談なのか

報連相をする相手との距離感を詰めることができます。
やっぱり見も知らぬ他人から話されるより、知ってる人からの話はお互いに心理的ハードルを下げることにも繋がります。
心理的安全をお互いに保つことができるのが雑談です。

知らない人と雑談するのもハードル高くない?

最初の一歩目だけが難しいです。
勇気を持って他愛もない話をしてみましょう。
大概相手も会話してくれます。
相手がそれで機嫌が悪くなったらそういう人なんだと別の人に切り替えていきましょう。
たまに無駄話するなという人がいますが、そういってくる人に碌な人はいません。
心に余裕のない人なんだなと暖かく見守りましょう。

最後に

報連相をすごい硬い感じで思っている人が多いなと思ったので私の思っていることを書いてみました。
気楽な感じでもいいんじゃないかなと思う私でした。