株式会社シベスピ 従業員ブログ

シベスピの社員ブログ。技術・想い・経験沢山書いていきます!

【サーバー作ろう会】CentOS7でGit・GitLabのインストールと日本語化

0.はじめに

 こんにちは! サーバー作ろう会です。
 サーバー作ろう会でサーバーにGitLabを導入したのですが、その復習も兼ねて実施した手順をまとめてみようと思います。
 サーバー作ろう会での導入環境はXenServerにCentOS7を載せていたのですが、復習時はVirtualBoxにCentOS7を入れて実施しました。
 どちらも問題なく導入できました。次からが手順です。

1.Gitのインストール

(1)インストールするGitのバージョンを確認
 以下のサイトでGitのファイルが配布されています。
 
 https://mirrors.edge.kernel.org/pub/software/scm/git/
 
 今回はこの中で、git-2.17.0.tar.gzのファイルからインストールを進めます。

(2)CentOSにログイン
 インストール作業を行うため、今回はrootでログインします。
 本来であれば、rootではなく作業用ユーザーでログインし、sudoで作業を実施する方が好ましいですが、設定等が面倒なので今回は割愛してます。
 
 なお、作業はTera TermからCentOSを起動しているサーバーに接続し実施しています。
 サーバーは設定・インストールをほぼ何もしていない状態です。
 ネットワークの設定で、ipアドレスは設定しています。
※Tera Termは以下のような画面でコマンドが入力できるツールです。
f:id:chivsp:20180518122016p:plain

(3)Gitのファイルダウンロード
 wgetコマンドでファイルをダウンロードします。
 ダウンロード先は、この時参考にしていた資料と同様に「/usr/local/src/」にしています。
 
 実行コマンド:
  ※1 以下のコマンドの中で、「git-2.17.0.tar.gz」の部分はダウンロードしたいバージョンにします。
  ※2 インストール時の確認については省略していますが、[y]で進めています。

# wgetコマンドが使えるようにwgetをインストールします。
yum install wget
# 作業用のディレクトリに移動します。
cd /usr/local/src/
# Gitをダウンロードします。
wget https://www.kernel.org/pub/software/scm/git/git-2.17.0.tar.gz
# ダウンロードしたファイルが「tar.gz」で圧縮されているため、解凍します。
tar xzvf git-2.17.0.tar.gz

(4)Gitのインストール
 makeコマンドでGitをインストールします。

 実行コマンド:

# tar.gz解凍後のディレクトリに移動します。
cd git-2.17.0
# Gitのインストールに必要なツールをインストールします。
yum -y install curl-devel expat-devel gettext-devel openssl-devel zlib-devel
# ファイルのビルドに必要なツールをインストールします。
yum install gcc
# ファイルをビルドします。
make prefix=/usr/local all
# ビルドしたファイルをインストールします。
make prefix=/usr/local install
# profileの反映をします。
source /etc/profile

 
(5)インストール状況確認
 インストールされたGitのバージョンを確認します。

 実行コマンド:

# Gitのバージョンを表示する。
git --version

2.GitLabのインストール

(1)インストールするGitLabのバージョンを確認
 以下のサイトでGitLabの日本語化パッチが配布されています。
 
 https://github.com/ksoichiro/gitlab-i18n-patch
 
 今回は、日本語化対応がされているv9.1.4のインストールを進めます。
 
(2)CentOSにログイン
 「1.Gitのインストール」の続きで、引き続きrootで実施します。
 
(3)GitLabのインストール
 
 実行コマンド:
   ※1 OSがCentOS7なので、「el7」のものをインストールしています。
   ※2 GitLabインストール時はパッケージの署名がなくエラーとなるため、
      「--nogpgcheck」を付けて実行します。

# 作業用のディレクトリに移動します。
cd /usr/local/src/
# インストールに必要なパッケージのインストールをします。
curl -s https://packages.gitlab.com/install/repositories/gitlab/gitlab-ce/script.rpm.sh | bash
# GitLabをインストールします。
yum install gitlab-ce-9.1.4-ce.0.el7.x86_64 --nogpgcheck

(4)ブラウザからGitLabに接続
    
 実行コマンド:

# GitLabの設定を反映する。
gitlab-ctl reconfigure
# firewallの設定をする。
firewall-cmd --add-port=80/tcp --permanent
firewall-cmd --add-port=443/tcp --permanent
firewall-cmd --reload

 コマンド実行後、IEで画面を開くと以下のような画面が表示されます。
 ※画面を開く場合は、ブラウザでURL「http://「IPアドレス」/」を入力します。
  作業中の環境でIPアドレスは「192.168.56.101」を設定しています。
f:id:chivsp:20180518122025p:plain
この画面でパスワードを設定し、rootでログインのうえヘルプを開くと、GitLabのバージョンを確認できます。
f:id:chivsp:20180518122038p:plain

3.GitLabの日本語化

(1)日本語化パッチの適用

 実行コマンド:

# patchをインストールする。
yum install patch
# unzipをインストールする。
yum install unzip
# 作業用のディレクトリに移動する。
cd /usr/local/src/
# 日本語化パッチをダウンロードする。
wget https://github.com/ksoichiro/gitlab-i18n-patch/archive/master.zip
# ダウンロードしたファイルはzipで圧縮されているため、unzipで解凍する。
unzip master.zip
# GitLabのディレクトリに移動する。
cd /opt/gitlab/embedded/service/gitlab-rails
# 日本語化パッチを適用する。
# ※1 今回は「v9.1.4」を適用しています。
#    日本語化パッチは「/usr/local/src/」で解凍しているため、パスも「/usr/local/src」からとなっています。
patch -p1 < /usr/local/src/gitlab-i18n-patch-master/patches/v9.1.4/app_ja.patch

(2)日本語化の状況確認
  
 実行コマンド:

# GitLabの設定を反映する。
gitlab-ctl reconfigure

コマンド実行後、IEで画面を開くと以下のように日本語化された画面が表示されます。
※キャッシュクリアが正しくできていないと英語のままのため、注意です。
 キャッシュクリアをしてから画面を開きましょう!
f:id:chivsp:20180518122051p:plain

以上になります!