株式会社シベスピ 従業員ブログ

シベスピの社員ブログ。技術・想い・経験沢山書いていきます!

自分ってどんな人だろう

こんにちは。鈴木です。
まだシベスピには鈴木さんが私一人なので鈴木と名乗れますが、鈴木さんが増えたらどう名乗っていこうかと悩み中です。
きっと「○○な鈴木」みたいな感じで名乗ることになるでしょう。そしてこの○○に入れられる言葉が問題でした。
この○○はどんな言葉になるのかを考えてみると、「第三者目線で自分の特徴を表す言葉」になってくると思います。
私自身の特徴を表す言葉を考えみると……むむむ! ロクな言葉が思いつかない!

○○に入る言葉の意味

サービス業は特にですが、お仕事をするにあたっては信用・信頼がとても大事です。
その信用・信頼はこの○○に現れてくると私は考えています。
例えば、私がこんな鈴木さんだったらどうでしょう。
「なんでも任せられる鈴木さん」
「勤勉な鈴木さん」
こんな感じの鈴木さんなら、一緒に仕事していても嫌じゃないですよね。
むしろ一緒に仕事したい!

逆に、不名誉な感じの鈴木さんを上げてみます。
「お休みの多い鈴木さん」
「頑固な鈴木さん」
「普段何をしているかよくわからない鈴木さん」
こんな感じで実際に呼ばれたことがあります。
今振り返ってこの頃の自分を思うと、一緒に仕事したくないですね!
(今はお休みの多さは克服し、頑固さも和らいだと思うのですが、何をしているかわからないっていうのは……難しい)

良い言葉を得るためには

自分を言い表す言葉というのは、これからの行動によって良い内容にも、悪い内容にもなっていきます。
私を表す言葉はもちろん、好感の持てる良い内容であって欲しいです!
そのためには、どうすれば良いでしょうか?
きっと一朝一夕で変わるものではありません。
「なんでも任せられる鈴木さん」は、任せられたことを一つひとつ間違いなく達成していくことで、その実績が積み重なってようやくなれるものでしょう。
「勤勉な鈴木さん」も同じで、毎日の真面目な姿勢を見せていることで、いつか呼ばれるようになると思います。
色々考えてみた結果、大事なことが2つあると思いました。

第一に、「目標を持つこと」
無意識に良い行いを続けていければ素晴らしいですが、それが出来る人はなかなかいません。
意識的に、自分がどうありたいかを踏まえて行動に表していく必要があります。

第二に、「見せること」
どんなに勤勉に働いていたとしても、誰も見ていないのでは「(自称)勤勉な鈴木さん」にしかなれないでしょう。
それでは寂しいですよね。

終わりに

自分がどう名乗っていこうかを今回考えてみた結果、
私は「みんなの味方の鈴木さん」を目指そうと思いました!(頼りにされたい!)
これから頑張ります。