株式会社シベスピ 従業員ブログ

シベスピの社員ブログ。技術・想い・経験沢山書いていきます!

自己紹介+α

こんにちは。7月に入社しました、大場です。
まず軽く自己紹介をします。

1994年生まれの東京都葛飾区出身。
中学高校は女子校という外見は華、内面はおっさんの集いの中で過ごす。青春全てを勉学につぎ込んだ結果、勉学と殆ど関係がなかった情報セキュリティに興味を抱き、大学は晴れて理系(情報専攻)へ進学。
大学へ進学後初めて入った友達のグループがギャンブル、酒タバコ大好きパリピ集団だった為、影響を受けて碌に勉強をせずに大学生活を終了。徐々に性格も捻くれて変わったのはまた別のお話。
大学院入試を受け、合格したにもかかわらず結局進学せずとよく分からないことをやってました。
今思うと、大学内の貴重な講義をもっと真面目に受ければ良かった...勿体ない事をしたなと物凄く後悔しています。

そんな私も2018年5月に研修生として入社、7月に晴れて正社員になりました。


そろそろボロが出s...折角この記事を見てくださっているので少しはタメになるようなことをお話ししようと思います。

ITに関して何も業務を行った事がなかったので、未経験者として5月に研修からスタートしました。
研修内容は大まかに「SQL,java,webアプリケーション開発の3つをスケジュール内に終わらせる」といったものでした。
SQLは調べ方がたまたまよかったのか自分が想像してたペースより早く進み、スケジュールも前倒しで行えていました。
「お?これは幸先いいペースじゃん!₍₍ ᕕ(´ ω` )ᕗ⁾⁾」と内心ウキウキ&研修ライフもハレルヤと正直浮かれていました。(この時まさか崖っぷちに立つことになるとは知らずに...)

スケジュールを前倒しにしながらjavaの課題に入りました。
序盤は大学でプログラミングを少しやっていた恩恵もあり、前倒しをキープしながら進んでいました。
中盤に入ると、流石に序盤の様にやさしい(?)問題ばかりではなくなり、徐々に複雑な問題が多くなっていきました。
それに伴い徐々に雲行きが怪しくなり始めてきたものの何とか終了。

ホッとしたのもつかの間、ここから地獄を迎えました。
終盤は100問の問題を解くといったシンプル(ハード)なものでした。
java研修は課題に沿ったプログラムを制作していく形式だったので、元々プログラムを組むのが得意ではない私は、軽く心の中でショッカーの如く奇声をあげていました。
複雑な問題はそんなに多くないですが、何より量が多い...と思います。因みに私は量より複雑な問題にどっぷりと嵌り、前倒ししてた日数を全部捧げ、尚且つ遅れを発生させました。
きっとプログラム組む時に苦戦しない人はスラスラ解ける問題ばかりだったのでしょう...ぐぬぬ

java課題を終了した時には2日遅れでした。
ここは研修内で2番目に辛かった..._(┐「ε:)_


個人的に関門だったのは「webアプリケーション開発(以後鬼畜ラウンドと呼ぶ)」でした。
webアプリケーションを制作する為に必要なアプリケーションを聞いたことも触ったこともなかったので、本社に置いてある参考書を全部ひとり占めして問題に取り組んでいました。

「じぇーえすぴーって何?」「さーぶれっとって何?おいしそうな名前だなぁ」「びーん?また食べ物みたいな名前が出てきた」と最初に思うくらい知識が無い状態だったので、まずアプリケーションを動かしてみる事から始めました。
苦戦しながらも何とかアプリケーションを動かせるようになったので、「さて!課題を始めるか!」と意気込んでプログラムを制作していったら、動かない...。動いたとしても自分が想定していたのと違う動きをしている...。
自分で原因を調べても分からない事だらけの状態だったので、社員さんを沢山呼んで沢山質問をしました。(お忙しい中本当にありがとうございました...!)

鬼畜ラウンドでは、
プログラム作成→動かない→質問→プログラム再作成→動かない
の繰り返しでスケジュールもさらに遅れ始め、焦りと絶望と苦しみの3重苦に縛られてました。
一時期12日遅れをした時は「あ、もうこれ無理じゃん」と諦めモードに入りかけました。(メンタルもだいぶ削がれたのは内緒。)
けど、
「ご縁があって研修生になれたのだから、ここで諦めて正社員の道を閉ざすのは勿体ない。」
「もっと粘ればスケジュール内に終わらせられて無事に正社員になれるかも。もっとあがかないと。」
と自分に言い聞かせ、夜遅くまで残り運良く土曜日も出社できて、何とかスケジュール内に研修内容を終わらせました。


正直私みたいな完全未経験者にとってはこの研修は凄く苦しいと思います。(私だけだったらとても恥ずかしい)
もしかしたら私の様に「諦めよう」と思うことがあるかもしれません。
けど頑固なシミの様に粘れば何とかなります!
もし諦めかけた時、今苦労した分後は楽になると考えてみて下さい。
...ほら、頑張ろうという気持ちが少しでも湧きませんか?
湧いたならもう少し頑張ってみましょう( ・ㅂ・)و

締め方が分からないので無理やり終わらせます。
このブログを読んで、今後研修を行う予定の方に少しでもお役に立てられたならうれしいです!


最後に一言。
声を大きく高らかに言います。
もう二度と鬼畜ラウンドやりたくない!!