株式会社シベスピ 従業員ブログ

シベスピの社員ブログ。技術・想い・経験沢山書いていきます!

女性社員が少なすぎる問題を目前にして、女性目線でシベスピを語ってみる。

こんにちは。女性社員2人のうちの1人である内田です。
最近の悩みとしては、女性社員がぜんぜん増えない!ということでして。。
システムエンジニアで女性ってただでさえ少ないのは分かっているのですが、何故増やしたいかといえば、女性にこそ、シベスピもとい、システムエンジニアを薦めたいという気持ちがあるからです。
その気持ちを今回は書きたいと思います。

まず、私の悔しかった経験

前職での経験では在りますが、部が立ち上がるときに、リーダー的な役割を担う人材選定がありました。
上の役割にはまったく興味がなかったのですが、なんとなく、名前にはあげていただいたみたいなんですね。
その中で後々ではありますが、「女は無い」というのを聞いたことがあります。
まぁ年齢もありますし(結婚等する可能性)、小さい会社で業務を続けていく上では、選択基準のひとつとして、結婚しそうな年齢かどうかって大事になるだろうとも思いますし、そもそも人格がーとかもあったと思いますし、複合的に見ての結果だと思うので、そこに対しては上司の判断が正しいと思うのですが。。

もし、女性だからの一存で蹴られていたら、悔しいなぁと思うのも事実で。

これは前職の採用でも見たことがあって、女性×年齢×結婚・出産って判断基準にはなるんだろうなーと、なんとなく思っていました。

そんな中で、まさに結婚してもおかしくない年齢でシベスピに入ってみた。

私がシベスピに面接を受けにいったのが29歳でした。
まさに!人によっては結婚を考えている年齢!
勿論、そういったこともありますし、そもそもキャリアチェンジですし等、色々考えれば内定をもらえたら奇跡だなーぐらいに思っていたので、「ええええ、本当に?いいの?」と思っていた記憶があります。

当然、最初に踏み込んだことを聞く勇気も無かったので、後々「いやいや、年齢的に見ても私雇うってギャンブルというか無くないですか。」と聞いたことがあります。
そしたら、返ってきた言葉が自分の想定を超えていて、「そんなの、時短だろうがなんだろうが、部下にやらせるようにすればいいじゃん」と。
もう、今まで見てきたものとは大違い!というのが本音でして。おんなじ地球ですよね。と思いました。はい。

ありえない!と思ったことは続く。

雇っていただけただけで、万万歳!しかも、やりたかった言語の現場イエーイ!その上、会社を良くする会楽しいー!となっていた中で、人数も増え、組織というものが出来ました。
役職としては、エンジニア・シニアエンジニア・リーダー・マネージャー・部長(リーダーとマネージャーはエンジニア・シニアエンジニアみたいに実際役割分かれていますが。。)

最初、組織図的にはこうなります。といわれたのを見て、「まぁ、未経験者がエンジニアだとすれば、いってもシニアエンジニアだろうな」と思っていたわけですよ。
もちろんスキルや経験とかもありますし、年齢っていってもやっぱ私は過去の経験上、男性の年齢と女性の年齢って判断基準において対等ではないと思っていたので、周りに比べれば数年、歳が上だろうが、リーダーってことは無いだろうなと。

そしたら、まさかのリーダー2人のうちの1人に。(私と組織変更の4月に入ってきた鎌野さんの2人)

「ええええ、本当に?いいの?(2回目)」
(むしろ、想定外すぎてなんで私なんですか!?と聞いたのは秘密です)

女性にこそ、シベスピもとい、システムエンジニアを薦めたい理由

ここまで読んでいただいた方は、もうお分かりだと思いますが、
シベスピは女性×年齢を考慮したところで関係なく、もしそういったことで悩んでる方がいたら是非面接でも交流会でもきていただきたいと思っています。
これは、エンジニアだけに限らず、ジョブチェンジや新卒の方も含め、そう思います。
前職は社内でジョブチェンジという女性の方もたくさんいて、私もその1人だったのですが、将来を考えたときに、やっぱ手に職があるというのは強いんですよね。
しかも、エンジニアは勿論覚えることも多く、努力も必要ですが、その分の見返り(という名のお金)は当然あります。

一番いいたいこと

女性のエンジニアで、女性だからと役職に就けない?転職したいけど、年齢的に足を止めている?是非!1度話を聞きにきてください!
ジョブチェンジや就職先を探している女性!エンジニアとか別に勉強したことも触ったことも無いけど、手に職は就けたい。シベスピにはそんな仲間がたくさんいます!是非!1度話を聞きにきてください!

最近アクアリウムにはまっている面白い社長が迎えてくれます。指名があれば、もちろん私も参加します!
悩んだら、シベスピに相談だ!ってな感じで、面接なんていわなくても、最近TwitterもはじめたのでDMでもブログ横の問い合わせフォームでもいいので、連絡を頂けたらと思います。

一緒に、楽しく生きましょう!