株式会社シベスピ 従業員ブログ

シベスピの社員ブログ。技術・想い・経験沢山書いていきます!

JJUG CCC 2017 SPRINGに行ってきました。

暑がりかつ汗っかきにはつらい季節が始まり、最近はワイシャツの脇汗への心配が耐えない、どうも内田です。

5月20日(土)にベルサール新宿グランドで開催された、JJUG CCC 2017 SPRINGに行ってきました。
www.java-users.jp

Javaのこういったイベントには初めて行きましたが、一言で言うと、超楽しかったです。

いろいろ気づきや、発見等もありましたので、今回は、イベントの感想を書いていきたいと思います。

立ち見、満室当たり前、本当に聞きたいものは逃さない工夫が大事

まずびっくりしたのが、行きたいセッションの部屋にたどり着くまでがとても大変でした。
そりゃ1000人以上が参加していればそうなるのも当然で、セッション終了後の廊下は大混雑。
そしてすぐ、立ち見、満室となり、違うセッションへの参加が促される。
私が聞きたかったセッションは連続して同じ部屋で開催されるものが多かったのため、席とりにはそこまで苦労しなかったのですが、次行く際にはそこを踏まえてスケジュール組みたいと思います。

本やネットでは知れない、生の声が聞ける

こういったイベントに参加して何が良いって、やはり現場の生の声が聞けるところだと思っています。
技術のお話はもちろんですが、新しい技術を選択するときに上にどう説明するか等もチラッと出てきたりして、本では知れないことがところどころにあるのがとても素敵。

グロースエクスパートナーズ(株) の大中さんのセッションの中のエピソードがまさにそうで、
非エンジニアのお客様(偉い方)から「Java8にするとどんなメリットがあるの?」と聞かれた際の回答を紹介されていて、聞いて大爆笑してしまいましたが、まさに偉い方(要は管理者)にはクリティカルな回答だな。と思いました。
(もしそういう場面に遭遇したら使わせていただきます!)

Java8移行は怖くない~エンタープライズ案件でのJava8移行事例~

技術だけではない。見せ方、話し方の勉強にもなる

どのセッションもそれは素晴らしかったのですが、私が今回聞いた中で特に素晴らしい、会社の仲間にぜひ見てほしいと思ったのが、株式会社リクルートテクノロジーズのCHIIIA12さんのこのセッションでした。

新卒2年目が鍛えられたコードレビュー道場 #jjug_ccc #ccc_l3 // Speaker Deck

スライドの作り方、内容、話し方、すべてにおいて新卒2年目でこんなにできるの!?すごい!と素直に驚きました。
最初のつかみもばっちりで、コードレビュー道場のきっかけは「クソコードすぎる」とのすごい先輩の一言から始まり、また、そのすごい先輩は別チームだったのにもかかわらず、どうしても教えてもらいたいからと業務外で教えを乞い、きちんと成長していくある種のストーリーになっており、構成的にもとてもわかりやすかったです。

またところどころくすっと笑えるポイントも用意してあり、私は「Utilクラスは甘え」のところで大爆笑してました。

そして何よりも、勉強したくなる

こういったイベントで良いことは、いろいろな方のお話を聞き、刺激を受けた後、もっと勉強しよう!したい!と思えることだと思っています。
今回私が思ったのは、今までの他言語の経験でなんとかJavaのプログラム書いてるけど、ぜんぜんJavaのこと知らないな。ということ。

知れば楽しい。知らなければ楽しくない。だったら知らなきゃもったいない!ってことで、俄然勉強する気になりました。

やっぱり、エンジニアって楽しいですね。