株式会社シベスピ 従業員ブログ

シベスピの社員ブログ。技術・想い・経験沢山書いていきます!

勉強時間の確保の仕方について

皆様お久しぶりです。神田です。

先日、基本情報技術者試験に合格いたしました。
自己採点後、合格できるか不安もありましたが合格出来て一安心です。

これから先も色々なことを勉強していく必要があるので、ここで安心ばかりしていられないですが、今回は基本情報技術者試験だけに限らない「勉強時間の確保の仕方」について2点書いていこうと思います。

1. スキマ時間を利用する

スキマ時間という言葉をご存知でしょうか?
さくっとで言うと「予定と予定の間に生じた短時間の暇」です。
「移動時間」や「待ち時間」がこれに該当します。

スキマ時間は5分・10分といった小さな時間ですが、1週間積み重ねると4~5時間といった大きな時間となります。
毎日ちょっとした時間に少しずつ勉強すれば、勉強時間を大きく稼げるわけです。

ちょっとした時間での勉強となるので、スマートフォンからアプリやウェブサイトを利用する勉強方法が主体になりやすいです。
しかし、1~2分のスキマ時間でも利用しようと根を詰めすぎると気疲れして継続が困難になりがちです。

そこで私は15分以上のスキマ時間だけを利用しました。
日常の中では「待ち時間」よりも「移動時間」がこれに当たると思います。
私は通勤時の移動時間を最も多く利用しました。

2. サードプレイスを利用する

サードプレイスとは「自宅」「職場(学校)」を除いた「第3の場所」です。

スキマ時間の話では日常の中で勉強時間を稼ぐことについて書きました。
スキマ時間の勉強方法には限りがありますので、休日に腰を据えて勉強をすることも大切です。
しかし自宅では集中するのは難しく有意義な勉強をするのは難しいものです。

自宅の中ではなぜ集中できないのか?
それはPCやゲーム機、漫画本といった自身の嗜好的な目移りするものが沢山あるからだと思います。
それならばそれらが無い空間に移動してしまえばよい、という考えです。

例えば「コンビニのイートインスペース」や「カフェ」です。
目移りするものが自宅より圧倒的に少ないため、かなり集中出来るはずです。
私の体験的には、スマートフォンは自宅に置いてくるか、一時的に機能をロックするアプリ等を利用すると更に集中できました。

当然ですが『店舗に迷惑をかけないことが重要』だと思います。
店舗によっては食事以外の利用をお断りとしている場所もあります。
しかし勉強スペースとして利用することに理解を示している店舗もあるので利用するならそのような店舗を選びましょう。
また利用する際は商品を注文してなるべく静かに利用し、混雑帯は避ける等の配慮も必要だと思います。

手帳のはなし

新しい手帳

2019年用の新しい手帳を買いました。
あわせて、だいぶ古くなっていた手帳カバー(透明)と手帳に留めるゴムバンドも新調しました。
手帳そのものは学生の頃から使っているものと同じシリーズですが、2018年から大好きな歌手とのコラボデザインを使っています。
今回のデザインは海辺の街の航空写真です。点在するえんじ色の屋根が可愛らしく、とても気に入っています。
2018年と同じであれば、どこかにマスコットキャラクターが隠れているはずなのですが、まだ見つけられていません。

前置きが長くなりましたが、今回は手帳を使った予定・タスクの管理方法についてお話したいと思います。
あくまで自己流です。ご了承ください。

手帳の使い方

3色ボールペンのルール

黄緑色・茶色・オレンジ色の3色ボールペンで手帳の中の情報を管理しています。
赤色・青色・黒色の3色でないのは私の目に優しい色を選んだ結果です。
私が決めた3色ボールペンのルールはこれだけ。
1.仕事の予定は黄緑色で書く。
2.プライベートの予定とその他のメモは茶色で書く。
3.予定の取り消しはオレンジ色で二重線を引く。
もっと沢山の色を使って複雑なルールを設けていた頃もありましたが、最近はこれに落ち着いています。
シンプルなので、せっかく決めたルールを忘れることもありません。

ドラフトとしてのマンスリーページ

マンスリーページとは、1か月のカレンダーが見開きで印刷されているページのことです。
私はシフト勤務や遠方で仕事をしている友人が多く、友人たちの勤務予定や帰省の予定が決まるまでは予定を確定できません。
だいたいは何日か候補があって、各々が調整をしてから本決まりになります。
そんなときの予定の調整にマンスリーページをドラフトとして利用しています。

仕事や会社関連の予定は決まってすぐにグループウェアのスケジュールに登録し、手帳のマンスリーページと週間レフトページに転記しておきます。
(週間レフトページの使い方は後述します。)
するとマンスリーページ上で自由に使える日時が見えてきます。
プライベートで仮予定が発生した場合は、都度記入し、本決まりになったらグループウェアのスケジュールと週間レフトページに転記するという具合に手帳のマンスリーページを使っています。
本決まりになった予定だけを残し、仮予定はオレンジ色の二重線で消しておきます。

日々のタスク管理としての週間レフトページ

週間レフトページとは、見開きの左側がウィークリー、右側がフリースペースになっているページのことです。
私は週間レフトページを日々のタスク管理に利用しています。

見開き左側の週間ページにはグループウェアのスケジュールを反映します。
見開き右側のフリースペースは左側の週間ページとあわせて1週間単位に分割し、予定として大きくは表れない日々の細々としたタスクを記入していきます。
たとえば、その週の金曜日に提出しなければいけない書類があるとします。
金曜日に[書類提出]の予定を記入し、月曜日に[書類に記入する]というタスクを記入しておきます。
これで提出の直前に「今日提出なのに準備ができていない!」なんて事態を防ぐことができます。
私はそこまで細かい管理が必要ではないので週間レフトタイプのページを使っていますが、時間単位でタスク管理が必要な人は、バーチカルタイプのページがある手帳を選ぶといいかと思います。

日記帳みたいな巻末フリーページ

私が使っている手帳には、巻末に50ページ強のフリーページがあります。
全ての手帳に該当するかはわかりませんが、だいたいの手帳にはフリーページがついているのではないでしょうか。

タスク管理とは直接関係無いですが、考え事をまとめたり、気になったことを記録したりするためのメモにフリーページを使っています。
気になったことや思いつきは忘れないように記録しておき、あとで専用のノートに反映します。
仕事で受けた指導や指摘についても記録します(ひとり反省会をやります)。
読みたい本や読んだ本、これ観たい!と思った映画や舞台のタイトルが記録されていることもあります。
大好きな歌手のライブが決まった喜びが書き込まれていることもあります。
フリーページに何かを記入するときは日付を一緒に記入します。
日付を記入するので、備忘録と言うよりは日記帳のようになります。

終わりに

以上、手帳による予定・タスク管理方法についてお話しました。

最近は手帳の話題になると、「アプリやツールの方が優秀だから手帳はいらない」と言われることが多いです。
確かに、アプリやツールはリマインダー機能がついていたり、複数人で予定を共有できたり、手帳にはない機能がたくさんあります。
(アプリやツールについては、私も便利に使わせていただいています。)

手帳以上に便利なものは沢山ありますが、タスク管理が苦手な人にこそ、手帳を使ってほしいと考えています。
タスク管理に手帳を使うことで基本的な[タスク管理方法]が身につくと考えているからです。
手帳には仕事の予定、プライベートの予定、日々のタスク(と日々の覚え書き)が集約されていきます。
手帳をつけるのが習慣になると、ある予定を完了するまでに今日は何をする必要があるのか、また、週当たりどの程度のタスク量であれば漏れなく消化できるのかが感覚として身についていくはずです。
手帳にこだわらず、ノートにその日・その週・その月にやるべきことをタスクとして書き出し、完了したタスクは二重線で消すだけでも上記の感覚は実感できるはずです。
タスク管理が苦手な人(や忘れ物が多い人)は一度手帳によるタスク管理を取り入れてみてはいかがでしょうか?

大墨のプロフィール

出身

 生まれも育ちも東京都足立区

生年月

 1992年11月

経歴

元々コンピューターに興味があり、ぼんやり情報系の大学に行こうかな~、と考えていた時、友人に誘われ「入るとノートパソコンが貰える!」というゆるっゆるのモチベーションで某大学の情報系学科に入学。


某『艦をこれするゲーム』にドハマリし、1年目にしてドロップアウトしかけるものの、ゼミの教授や周囲の協力もあり、何とか4年で卒業&内定が決まる。

2年半ほどエンジニアとして働くも、単調な作業しか振られず嫌気が差しはじめ、また、一番歳の近い社員が10個上だったり、上司が超絶体育会系だったりと元々居心地の悪さを感じていたため2017年9月末で退職。


最初の1ヶ月で就職活動が上手くいかず、とりあえず1ヶ月ほどゆっくり休もうと思い、、気づいたら半年が経過。高校のオタク友達から唐突に受け取った「結婚したよー^^」という報告にヤバみを感じ、2018年の春に就職活動を再開。再開後1社目に受けたシベスピに拾っていただき、現在に至る。

余談

本ブログでよく技術的な記事を投稿されているISKさんとは以前からの知り合い。初めて会社で会った時は、お互い目ん玉が飛び出るほど驚きました。いやぁ、偶然ってあるもんなんですねぇ・・・。

趣味

漫画(割と雑食)
カードゲーム(DMとMTG)
映画鑑賞(アクションものばっかり)

一言

運は悪い方です。もうガチャなんてこりごり!

磯野のプロフィール

自己紹介

こんにちは、10月に入社しました磯野です。簡単に自己紹介をします。
出身 :山梨県
生年 :1995年
趣味①:バンド(弾き、聴き、見ます)
趣味②:美味しいものを食べること(好きな食べ物はたくさんですが、嫌いなものはありません)
趣味③:料理の写真を美味しそうに撮ること(「胃に訴えかける写真」を目指しています)

経歴

中学時代

「将来はこの仕事がしたい」という具体的な目標はありませんでしたが、人前で話す役割が多かった事が影響してか「絶対向いてるよ!」と周りの先生方に推され教職を意識し始めました。また、所属していた陸上部で筋トレ漬けの生活でした。

高校時代

世界史の先生に大変お世話になった事もあり、大学は社会科教員免許が取得できる事と、社会科全般が面白かった事から法学部を目指します。また、引き続き陸上部で筋トレ漬けの生活でした。

大学時代

東京の大学に進学しました。
高校時代から楽器に少し手を出していた事もあり、軽音サークルで毎月ライブをして音楽漬けの生活を送ります。
高校時代までの流れからそのまま教員を目指そうかなと意識しながらも、大学4年次の教育実習で学校運営がしたい訳ではない事に気付いてしまいました。結果として並行して考えていた学校向けの商社に就職します。

社会人

その後は毎週のように担当エリアへの営業で朝4時、5時ぐらいに山梨を出発し長野、岐阜、三重、滋賀あたりに車で繰り出す日々を送っていました。早朝のドライブは気持ちいいです。それからオービスの場所を覚えました。
前の会社では大学時代からアルバイトをしていましたが、業務を一通り覚えたところでその会社で働く自身の将来的なビジョンを描けなくなり、加えて思うところもあったので決断は早いうちにと思い、転職を決意しました。

転職、そしてシベスピと出会う

学生の頃から比べて仕事観が大きく変化した結果、前職は営業でしたが未経験のITの世界を志望しました。その理由は今後生きるのに必要なスキルだろうと思ったからと、前職のオペレーション的な業務では無い「自身の手で何かを作り出せること」が楽しみだったからです。そして「人柄の良さ」をテーマに考え、シベスピにたどり着きました。その後2ヶ月間の研修を辛うじて通過させて頂き、今に至ります。また、生まれて初めて同じアダ名の方に出会えました。

余談

意図した訳では無いのですが、何の因果か両親と同じ業種になりました。実家に帰ったら晩酌がまた少し盛り上がりそうです。

はじめまして、マコトです。

苗字はいつか変わるかもしれないため、
マコトです。
2018年10月入社です。

みなさまの顔は大体覚えました。
早く名前を覚えて、一致させたいです。

自己紹介

真面目な性格であり信号は無視しない。
走ることが嫌いなため、
部活動のテニスではサービスエースで点を稼ぐ。
経験したアルバイトは、
ディ○○ー・マク○○ルド・宇○百貨・く○寿司・花屋の派遣・工場の派遣。
旅行先でも知らない人に道を尋ねられるし答えるし、
あとで誤情報を伝えたと気付いたら捜しに行く。
こだわりは強いが喧嘩をした事はない。
自分と他人を比べないし、他人と他人をも比べない。
私の笑顔で世界(狭め)を平和にしたい。
いつも「今が一番楽しい」と思っている。

趣味(義務)

※順不同

  1. LIVE参戦(いまは月2程度。気になったら行く)
  2. 1.に伴う節約遠征
  3. 1.に伴う音源・グッズ収集
  4. 2.とは別の一人旅
  5. フラダンス
  6. 植物(今年は苔に夢中)
  7. ペットのウサギを見る
  8. 宝塚観劇
  9. 香水(武蔵野ワークス様様)
  10. 散歩(ポケGO)
  11. ロリィタ(にわか)
  12. 可愛い古着探し
  13. 裁縫(欲しいものは自分で作る)
  14. Twitter
  15. 鶏むね肉の下ごしらえ

飽きっぽいため、なかなか続きません。
それでも好きなことは、いっぱいです。
いつかは趣味の延長で仕事をしたいと思っています。

目標

  1. 何者にもならない
  2. 夏と海が似合うおばあさん
  3. 太く長く120歳

内気で陽気な私ですが、
よろしくお願い申し上げます。

システムエンジニアのデスクって?

こんにちわ新入社員の小川です。

10月からめでたく、シベスピに正社員として仲間入りしました小川です。♀

 

前職 事務、前前職 美容のお仕事、専門学校も美容、大学は美術系という経歴から、現在。

パソコン、システムとひたすら睨めっこするお仕事に。

何事もチャレンジ精神を大事にしてます。

欠点は一貫性のなさです。

 

デスクって人間性がでるよね

前職の事務から、自分のデスクができはじめたわけですが、

デスクってほんとに十人十色。

 

書類やら本やらつみあげてるひと、レッドブル、コーヒーの空き缶がやたらある人(心配)、めちゃめちゃ整理整頓されててものがない人。

私はぬいぐるみが3体に、ゴミ箱、パソコン高くするためのヤンジャンと空き箱、文房具いれ、除菌ウエッティ、パソコンにディスプレイに電話、引き出しに巨大カービィのぬいぐるみポーチをつりさげ、完全装備でした。

 

現在は大人しくしております。

大人になりました。

 

システムエンジニアのデスク、綺麗

業種が変わるとデスクの雰囲気もガラッと変わるわけで、

システムエンジニアになった現在周囲にぬいぐるみやフィギュアはみあたりません。

やたら綺麗!ものが少ない!

 

色が、、ない。

まず、男性率やっぱり高い。

 

そう思いながら見渡すと、魅力的な相違点にきがつきました。

 

なんか機械がすごい

よくみてみると、なんかみんなマウスやらキーボードやらちがう。

わたしのとちがう。

 

小川「なんですかそれ」

先輩H「ん?これ?自分の」

 

自分の、、?!

支給されているのに、、?

 

意識高い!!!

f:id:chivsp:20181102225618j:image

なんか、光ってる!

なにこの最先端感!

 

先輩H「これ、横のボタンにショートカットキー登録できるんすよ」

 

すご!

ほしい。

先輩H「やっぱ使いやすいし」

 

なるほど、エンジニアにとってマウスはお気に入りのコスメ的なあれですね。

これじゃないとやっぱってあるんですね。

 

先輩I「私も自分のですよ。自宅用と本社用と仕事先用に三つあります。キーボードも自前です。」

小川「えっ、、」

 

3つ、、?キーボードまで?

私もヒートテックは三つくらいもってる。

 

f:id:chivsp:20181102230254j:image

カッコイイ、、!

 

お二人ともLogicoolでした

人気なんでしょうかLogicool

 

エンジニアの人はマウスにこだわりあるのか、、

 

小川「あ、Kさんもマウス、持参してるんですか?」

大先輩Kん?いや、これもらったやつ

小川「でもやっぱこだわりとか、あるんですか?」

大先輩Kん?ないよ!

小川「、、お、おうちではなに使ってるんですか?(きっとハイテクなんだろう)」

大先輩Kん?マウス使ってないよ

 

 

弘法筆を選ばずって事ですね!

 

※必ずしもみなこだわりがあるわけではないようです。

 

おまけ

ちなみに私はおうちではマック。

f:id:chivsp:20181102232018j:image

すーぱーそに子カービィかわいい。

 

 

 

 

「判断」

こんにちは。11月に入っても、いまだ汗が止まらない古谷です。

今回は「判断」について、自分がどのように「判断」して失敗しているのかを書いてみようと思いました。

日常を考えると朝起きてから寝るまで判断しっぱなしです。
特に仕事では判断ミス、判断するタイミングを失敗して胃がきりきりすることが多くあります。どのような場合に失敗するのか振り返ってみました。

いざ書こうと思った時に、「判断」と「決断」はどう違うのだろうと気になりました。
調べてみると
判断:物事の真偽・善悪などを見極め、それについて自分の考えを定めること。
決断:意志をはっきりと決定すること。
どちらも決定するのですが、材料を集めて見極め考えを定める方にします。

1.材料を見落とす

判断する際には、判断する材料を並べて考えるのですが、そこで材料を見落としていては正しい判断ができるはずがありません。まずは落ち着いて判断する材料を集めるのがスタートになります。

2.材料の選択が間違っている

こちらも同様ですが、そもそも今回判断するにあたって必要のない情報に左右されて決めることになってしまい、失敗につながります。

3.そもそも判断していない

過去の経験上から同様の内容と決めてかかり、材料を見直すことなく決めてしまう。
他人の意見をそのまま採用してしまい、自身で考えることを放棄して決めてしまう。
期日が迫り、材料を集めずに決めてしまう。


他にもまだまだありそうですが、「何故そうしたの?そう思ったの?」と聞かれた際に答えることができない場合は3.の何も考えずに決めてしまった場合が多いですし、
そもそも立場的に知りえない情報や経緯などがあり1.の見落とした状態で判断を行い、正しい決定ができない場合もあります。あってはなりませんが、気分的、相性によって判断が鈍る場合もあるでしょう。

仕事では報告、相談して決めることが多いですが、無責任な丸投げにならないよう、どのようなプロセスで考えに至ったのかを説明できるようにする必要があります。
落ち着いて判断ができていれば、説明できますので、正しい、誤っているにかかわらず、まずは判断ができるように心がけようと思います。