株式会社シベスピ 従業員ブログ

シベスピの社員ブログ。技術・想い・経験沢山書いていきます!

【採用】シベスピ社員との交流会実施!!【告知】

日頃からブログを読んで頂いている皆さま、並びに本日初めてブログを見た方、初めまして!
採用チームブログ担当の本多と大畠です。

新年を迎えて弊社も従業員数が見事(!)20名を迎えることができました!
成長を続けている今、さらなる発展をすべく今回から私たち採用チームによるブログ活動は始まりました。

その活動第一弾として、弊社では来月に交流会を開かせていただきます!

概要

**************************************
【シベスピ社員と交流してみませんか?】
シベスピでは、2月17日に当社社員との交流会を企画しています。

社員の生の声が聞ける!会社の人の雰囲気が分かる!
実際に働いてみたアレコレ…など、知りたい事何でも聞いてください!
お茶菓子をご用意してお待ちしております。

日程:2月17日 (土曜)
時間:10 時 00 分 ~ 14 時 30 分 で開催中
   ※時間内であれば、いつでも入退場可
開催場所:東京都豊島区池袋2-43-3 田村ビル4F
   ※池袋駅西口から徒歩5分ほどで到着出来ます
参加方法:事前予約等の行為は一切不要!当日本社まで足をお運びください!
**************************************

気軽に社員からリアルな話が聞ける!

転職サイトや説明会では見れない(聞けない)会社の内情。
実際に現場で働いている社員と直接交流を取って頂くことで、転職にまつわる不安や悩みに真剣にお答えします!

■求人サイトからどんな会社なのかまだイメージがついていらっしゃいませんか?

■シベスピで働いている社員はどんな人たちなのか気になりませんか?

■そもそも、IT業界ってどんな所なのか知りたくありませんか?

経験者、未経験者は問わず、どなたでも自由に参加することができます。
当日は軽食を用意していますので、気軽にご来社ください。
社員もこれから仲間になるかもしれないメンバーなので、求人広告からは分からないリアルな話に、社内の雰囲気など、なんでも正直に答えちゃいます!

社員一同(若手から社長まで)、皆様のご参加をお待ちしております!
奮ってご参加ください!


以上!採用チームからのお知らせでした!

岡崎のプロフィール

自己紹介

出身地:千葉県
生年月日:1983年7月28日
趣味:カラオケ

経歴

私は、社会人1年目から約13年間、汎用機(COBOL)の開発エンジニアとして経験を積んできました。
10年以上も経験しているとCOBOLに関しては、マスタークラスであると自負していますが、先の将来を見据えたときに、スキルがCOBOLだけではエンジニアとして価値が低いと感じていました。

自分自身のエンジニアとしての価値を高めるため、オープン系(Javaなど)の開発エンジニアとしての経験を積める新環境を求めて、現在の㈱シベスピに入社しました。
入社してすぐC#の開発環境の経験が積めるプロジェクトに参加でき、新しいことばかりの環境で充実しています。

一言

シベスピ盛り上げます!!

スキルアップ(成長)三原則

以前夕会でスピーチした内容ですが、全体的にあまり理解されていなかったのと、理解していなかったメンバーにスポ根マンガの話に置き換えて説明したら「凄く良く分かりました!」って言われたので、、、私もマンガは好きですし、伝わってこその内容でもあるので名作スポ根『ピンポン』『スラムダンク』の名言をはさみつつ記事化しておきます。
再度振返ってもらえればと思います。

スキルアップのポイントおさらい

スキルアップのポイントを簡潔にまとめると以下の三点です。

1.実践(業務)外で理解を深める。
2.実践において「1.」で深めた理解を相対者(顧客・上長・部下)に合わせて実施・応用させる。
3.実践内容についてスキルが有って理論的側面を理解して自分に適切な助言をくれる人を1人か2人見つける。

次から各ポイントの詳細を解説します。

1.実践(業務)外で理解を深める

我々の業務に当てはめれば「良い本を読んで、自分で考える時間を設ける。」「良いソースコードに触れて、何故良いのかを考え・理解する。」などかと思います。
それが身に付いたかどうかを確認する意味での「資格の取得」は手段として有ります。

『何百万本もうってきたシュートだ』(流川)
⇒準備を超える成果などありませんね。

『優劣を明確にするために試合が存在する』(ドラゴン)
⇒実践(業務)はあくまで準備の結果を表す場です。

2.実践において「1.」で深めた理解を相対者(顧客・上長・部下)に合わせて実施・応用させる

3.実践内容についてスキルが有って理論的側面を理解して自分に適切な助言をくれる人を1人か2人見つける

「2.」「3.」は相互にリンクが強いので合わせて解説すると、

色んな人の意見を聞いて、
色んな人の意見を参考にして、
自分が良いと思う情報を取捨選択して、
色んな人のスキルを盗もう
と考えている人で「凄いな!」と思った人は1人もいません。
悪い典型です。
そういった人はそもそも自分に合った良い情報を取捨選択できるという良く分からない勝手な自信を有していますが、
それが出来る人は人に教わらなくともスキルアップ出来る人です。
「スキルを盗む」とかではなく「より深く理解を深める」ことが必要です。

実践外でどれだけ理解を深めて、
実践でどれだけそれを反映させて、
適切に評価を受けて独りよがりにならないか。それが肝要です。

『君の意思は信じている とりあえず日本一の高校生になりなさい』(安西先生
『よろしく ご指導ご鞭撻のほど…』(流川)
⇒意志を持つことも大事。しかし指導者の声に素直に耳を傾け、独りよがりにならないように客観視して軌道修正することはもっと大事。


結局知識だけ得ても、独りよがりでは通用しない。
自分の理屈だけで行動してしまうので、表面上の理屈は分かっていても、
相対者の感情が追えない。
相対者の思考が追えない。
そういった人はどれだけ理論が正しくても、
相手の要望・要求とかけ離れてしまえば良いシステムなど構築できません。
どれだけ賢くても、相手に合わせることが出来ない人間には良いシステムは作れません。
社長が我々をサービス業だという所以がこの辺りにあります。

まとめ

まとめは繰り返しにもなりますが、
実践外で理解を深めて、
実践で深めた理解をうまく相手に合わせて応用させることが大事です。
それをするに当たっては、
自分で考えること、
自分で考える力を身に付けること。が肝要です。
だからシステム部長はいつも「考えろ」と言うんですね。

その後は、実践あるのみです。
実践を「準備を披露・反映する場と捉えて楽しみながら」ひたすら実践です。
エンジニアの皆さんに置き換えると、コードを書いて書いて書き倒すことです。
指示を的確に理解して、重要性を理解できるまでテストしてテストしてテストすることです。
シニアエンジニアの皆さんに置き換えると、顧客業務を想いながら設計に没頭することです。
エンジニアにコードレビューなどを実施して、人にモノを教えることで再確認する自身の不足などを発見・補って、更なる成長の糧にすることです。

『基本が大事!! だろ?ゴリ』『その通りだ』(花道・ゴリ)
⇒先輩は粘り強く、後輩を信じて指導する。後輩はその期待に全力で応える。

『あんたはオイラに飛び方を教えてくれた』(ペコ)
⇒上長はドラゴンになる位の気持ちで部下(ペコ)を実践指導する!


そして最後に、
本当に信頼できて「この人が言う事は間違いないんだ」という人に質問・相談することです。
自分と同レイヤーの人に質問・相談することは無意味です。
何故なら間違った答えが返ってくる頻度が高すぎるからです。
うちの社長とシステム部長は「個人の能力で100人月のシステム開発を成功に導ける」人です。
業界にいてリーダーなどを任されるようになると強く感じますが、なかなか居ない稀有な人材です。
私は自信を持って、
「実践内容についてスキルが有って理論的側面を理解して自分に適切な助言をくれる人を1人か2人」
として紹介が出来ます。
但し、エンジニアの皆さんとではスキルに開きが大きすぎて今は皆さんが適切な助言を受けても理解できないことも多いと思います。
ですので弊社はピラミッド型の組織を用意しています。そして十分に指導が行きわたるように、1人の上長に部下2人、という体制を取っています。
まずは同レイヤーではなく上長に質問・相談するところから始めましょう。
そして上長がうまく説明できなければ更に上長へエスカレーションすれば良いのです。
その行動の中で上長は『本当に信頼できて「この人が言う事は間違いないんだ」という人』になろうと努力し、
その努力と助言を受けた部下も成長を実感し、単純に役職の上下では無い相互成長の作用が生まれると思っています。

『愛してるぜ ペコ』(おばば)
⇒苦しくても苦しくても、逃げるより前に進むことの方がずっとキミを幸せにする。

『お前を超える逸材がここにいるのだ…!!』『しかも 2人も 同時にだ……』(安西先生
⇒社長や部長にこんなコメント吐かせたいですね!


以上です。

部長の小言①

昨年システム部の面談を行った時に気付いた事を、何回かに分けて書こうと思います。

第一弾は「仕事をお願いされた時に必ず決めて(確認しておかないと)おかないと駄目なこと」についてです。
結構当たり前なことではあるのですが、当社はまだまだ若いメンバーが沢山いるのでこの辺りも意識していないんだなーと面談で感じたので書こうと思います。

日々の仕事で上長、リーダー等から「これこれの仕事お願い」という場面があると思います。ここでちゃんと確認しなければいけないことが2点あります。
1点目は納期です。仕事を頼まれたら、必ずいつまでに終わらせば良いですかと確認してください。
2点目は伝えられた仕事の内容が具体的か、もし具体的でないなら、ゴール(仕事の完成状態)の認識に齟齬が生まれる可能性が高いので、齟齬が生まれないようにしつこいくらい確認してください。

この2点を確認してようやくゴールに向かって手段を考えることができます。手段を考えたら後は突き進むだけです!!

これは日々の仕事だけではなく、どの様な仕事でも当てはまると思います。大きなプロジェクトも必ず納期があり、納品物があります。納期は当然のことながら、納品物の齟齬がないかはしつこいくらい確認を行わないと、トラブルジョブの原因になったりします。
今まであまり意識していなく、お願いした人から2点が伝えられていなかったら、この記事を見た日から必ず聞くようにしてください。

(続)呪いの連鎖が止まらない

(続)呪いの連鎖が止まらない

前回、呪いの呪縛が解け、水槽が安定してきたと勘違いしていた佐藤です。

初めてのトリミング

シュリンプの話題に触れる前に、水草のお話しを。

水草って成長早いですね。。。。
あっという間に伸びてしまって、2,3週間に1度トリミングしないと密林のようになってしまい、シュリンプや魚たちが見えづらくなってきます。

なので、会社帰りにハサミを買って、トリミングを行ったのですが、
これが意外と難しい。(単に不器用なだけなのか・・)

折角なので、これまでポットに入っていた水草も、トリミングして、重しをつけて、植え替えてやろうと、あちこちいじりました。
水槽のコケも綺麗にして、水も3分の1ほど交換して、ってやっていると、気が付くと夜中の2時に。。。
早く寝ないと朝が辛くなる~と、その日はそこまでやって寝たのですが、次の日から・・・

やらかしてしまった。

また、毎日のように1匹、1匹とお亡くなりになってしまう。。。
土を少し掘り返したからなのか、水を足すときに入れたコケ防止剤がダメだったのか、
水草につけた重しのせいで水質変わったのか・・・
いくつも思い当たる節はあるけれど、、、、

なんだこれ!

がっくりしながら亡くなったエビの救出(放っておくと魚が食べちゃう)を行っていたら、
なんとお腹が黄色いシュリンプがいるではないですか!

もしや、これは噂の抱卵ってやつですか?

f:id:chivsp:20171222125457j:plain

ついに、減るだけじゃなく、増える日が来たのか!

何てしみじみと、考えていると、そもそも、タマゴってこんな色してるものなのか?って疑問が湧いてきました。
もしかしてやばい病気だったらどうしよう・・・なんて、不安になってきたので、調べてみました。

なるほど、色は変わっていって、生まれるまでは2~3週間らしい。

怖いよ~ 怖いよ~

呪いの連鎖はこの母エビには回ってこないで~なんて、考えながら見ているのですが、
少しずつ呪いも止まってきて、お亡くなりになる頻度も下がってきた(単に個体数が減っているだけかも)のですが、
また何かあったらと、水槽の手入れが怖くて出来ない。。。

水草は伸びきってるし、コケもいっぱい生えてくるし(><)
何とかしなければと思いつつも、水足しだけの日々になってる。。。

早く生まれてくれー!!

次回は、生まれた後のことが書けるといいな。

※これまで40cm水槽を使っていたのですが、水質をもっと安定させるために60cm水槽を購入しちゃいました。。。
 水槽の大きさ換えると、台や機材も買い替え、買い足ししないといけなくて、妻に内緒で買ったので、届くのが怖いです。。。

Hirokiのプロフィール

出身地

埼玉県

生年

1984

趣味

サイクリング、登山、ゲーム

経歴

小さい頃から何かを作ったり組み立てるのが好きでした。
将来の夢は大工さんとか考えてましたが、小学校5年生の時に初めてパソコンと出会い、そこからどんどんのめり込んでいきました。
中学校でもインターネットやプログラミングが出来る環境があり、BASICでプログラムを組んだりしてよく遊んでいました。
今思えば良い環境に恵まれていたなあと思います。

そんな流れもあってか高校、専門学校も情報系のところに進学しました。
在学中は、勉強はそこそこに自作PCを組んでみたり、サーバーを立てたり、ホームページを作ったり、プログラミングをしたりといった日々を送りつつ卒業し、IT会社へ就職しました。

就職後は、研修→短期間の自社プロジェクトを経て某大手の工場への出向となりました。
出向先へは乗り換え3回、片道2時間~2時間半という過酷な通勤を1年半ほど経験し、気持ちが萎えてきたところで退職しました。

その後は、別の業界を経験してみようと思い、IT業界を離れEC業界へ転職しました。
10年ほどEC業界で楽しく刺激的な毎日を送りつつ、途中に結婚→育児と人生の転機を迎えたところで今後のことをよく考えるようになりました。(遅)

今の仕事は楽しいけれど誰でも出来るような仕事だし、このまま続けてもどうかなと思い、未練もあったIT業界へ戻ろうと転職を決意。

転職活動をしていたとき、佐藤さんに面談からどうですか?とお声かけを頂いたのがきっかけで、入社することになりました。

一言

ギャンブルはあまりしませんが、仮想通貨おいしいです。
よろしくお願いいたします。

今年も一年、ありがとうございました(一年の振り返り)

クリスマスを終え、年の瀬となり、残すところは年越となったわけですが、個人的には、も~いくつ寝ると~31歳~と何とも言えない気持ちと戦っています。どうも、内田です。

今回は一年の締めとして、今年の振り返りをしたいと思います。

1月

前年の1月には社員数4名でしたが、あれよあれよと仲間が増え、9名となってのスタートでした。
また、ちょうど1月から、転職ブースで出会い、まさかの研修前に左手を骨折し、片手で研修をスタートして前倒したのにもかかわらず、両手に戻った瞬間遅延するという、シベスピの伝説の研修生、船場さんの研修もスタートしました。
そんな仲間をもっと増やそう!と、1/28には@typeさんの転職ブースにも出展しました。

伝説の研修生、船場さんの研修についての記事はこちら。
chivsp.hatenablog.com
chivsp.hatenablog.com
chivsp.hatenablog.com

2月

2月にはシベスピワークアウト部が開催されました。
終了後の飲み会では、ジョッキが持てない!翌日には、ドアが開けられない。椅子に座れない。ただただ苦痛!とグループチャットに絶痛絶苦が入り乱れ、参加者全員が地獄のような苦しみを味わいつつも、なぜかまたやりたいと人気の部だったのですが、あれよれよとフェードアウト。来年こそは本格的に実施したいところです。
また、飲み会でサーバー作りたい!とかPC組み立てたい!とかの話をしていたところ、佐藤さんの「それ会社を良くする会の中でやろうか」という鶴の一声で会社を良くする会の中に、「サーバー作ろう会」が発足されたのも2月でした。

3月

伝説の研修生、船場さんが入社し、社員数が10名となりました。
この月は佐藤さんと、松下さんの誕生日だったので、せっかくだから、もらったことのないプレゼントをしよう!と、佐藤さんには社名+名前入りのだるまを。松下さんには、どっきりでバズーカクラッカー4本+取締役の写真がプリントされたチロルチョコをみんなでプレゼントしました。
また、翌月には組織改編が控えていたので、大泉さんにお世話になっていた3名でトロフィーをプレゼントしました。
トロフィーとだるまについては、会社に飾ってありますので、シベスピに遊びに来られたら是非見て下さい!
余談として、佐藤さんにだるまをプレゼントした際、「だるま欲しかったんだよね。何でわかったの?」と聞かれた時には、心の中で「わかるわけないですよ!」と突っ込んだのは秘密です。

4月

4月にはシベスピ初の新卒入社である松本さんや、シベスピの仏と言われている鎌野さん、そしてすごく優しいのに何故かのちにブラックマネージャーと呼ばれる黒田さんが入社されて、社員数が13名となりました。
この月には組織改編があり、今まで取締役の下は並列だった組織が、今やシベスピの特徴となる上司1人に対して部下2人の組織に変わり、初めて部下を持つ方が続出しました。
イベントとしてはお花見がありました。唐突の誘いでも業務都合でこれなかったメンバーを除き、ほぼ全員が参加したお花見となりました。
また、このブログを始めたのもこの月でして、記念すべき第一弾は佐藤さんの記事でした。とりあえず、プロフィールだけでも書いてください。とお願いしたところ、いまだにこれを超えるプロフィールは現れない!というぐらい佐藤さんの生きてきた歴史が垣間見れる記事を書いてくださりました。
そんな佐藤さんとこの月に入社した三名(黒田さん・鎌野さん・松本さん)のプロフィール記事はこちら。
chivsp.hatenablog.com
chivsp.hatenablog.com
chivsp.hatenablog.com
chivsp.hatenablog.com

5月

5月にはシベスピのリーダー以上に向けた研修が始まりました。シベスピの名前の由来である「chivalrous spirit(=男気; 義侠心; 男伊達)」から名づけられた、その名も男気研修!
そのほかにも、サーバー作ろう会のメンバーで買出しとして秋葉に行き、色々なパーツを買い、何故かヨドバシ秋葉の屋上でゴルフの打ちっぱなしをし、最後には少数のメンバーで18禁的なゲームを他のメンバーにプレゼントしようと探しに行ったりしました!
また、シベスピ社員は必須取得科目となっている基本情報技術者試験の合格発表もありまして、その結果、何故かボーリング大会となり、本多さんがそのことについて記事にしてくれています。

そんな本多さんのブログの記事はこちら。
chivsp.hatenablog.com

6月

6月は社員全員で健康診断がありました。個人的には、30歳となり、初めてバリウムを飲み、ぐるぐる回る機械が面白くてテンションがあがった健康診断でした。
一部のメンバーは健康診断に向けて節制をはじめ(若いのに。。)終わった瞬間、結託してラーメン二郎に行くぞー!と身も蓋もない話をしていたのが印象的でした。(そういう私は終わった後、蒙古タンメンで有名な中本に行っているので、何も人のことは言えないのですが。。)
そして、イベントとしてはBBQがありました!
シベスピのイベントは家族や恋人も連れてきてOKとのこともあり、色々な方が参加されたBBQとなりました。また、BBQで燻製やったら面白いだろうと燻製もしていたのですが、そこでの発見はチータラを燻製したらおいしい!でした。
他にも、シベスピ4人目の未経験者研修卒業生である、上田さんの研修開始もこの月でした!

7月

7月は厳しいといわれているシベスピの研修をまさかの前倒しで終わらせたトリオ(徳永さん・SBさん・大畠さん)の研修が開始した月でした。
また、会社を良くする会の中の研修チームが、研修刷新として新研修内容作成し、その内容をメンバーに解くよう依頼したのもこの月でした。
その他にも、研修を終わらせたメンバーのスキルアップを目的とし、コードを浴びるように書いて、書けるようになって欲しい!という想いの元、iskさんがSimpleCode100という研修を始めてくれたのもこの月でした。
内容としては、100題の10分程度で書けるプログラムを書いていくという内容なのですが、この問題が素晴らしく、未経験者研修にも取り入れようとなったほどでした。(そもそも100題考えるだけでもすごいと個人的には思っています)

8月

8月は経験者二人(小崎さん・鈴木さん)と研修を経た上田さんが入社し、社員数が16名となりました。
夏季休暇を取得する方が多く、お土産をたくさん頂く月となったわけですが、7月に会社を良くする会の研修チームから依頼された新研修内容が9月期限ということもあり、社内でちらほら残って実施しているメンバーもいて、現場が違うメンバーに質問しあう姿がたびたび目撃された月でした。
採用媒体のインタビューでも度々言うことではあるのですが、違う現場でそこまで交流がなくとも、聞ける、答える、そういった環境があるというのは、シベスピのとっても良いところだと思っています。

この月に入社したメンバーのプロフィール記事はこちら
chivsp.hatenablog.com
chivsp.hatenablog.com

9月

9月は7月に研修を開始したトリオ(徳永さん・渋市さん・大畠さん)と経験者の山田さんが入社し、社員数が20名となりました!
イベントとしては社員旅行がありまして、今年はフィリピンのマニラに行きました。初の海外組も多く、慣れない英語で苦しみつつも、全員でカジノに行ったり、マリンスポーツに行くメンバーがいたり観光をするメンバーがいたりなど、さまざまな思い出ができた社員旅行でした。
個人的な感想としては、現地のスーパーでつまみとして、これは安全だろう!とサラミを買って食べたのですが、先に食べていた松本さんを見る限り行けるんだなと口にした瞬間、口に合わな過ぎて吐いたのがとっても印象に残っています。(松本さんの体を張った罠でした。。)

この月に入社したメンバーのプロフィール記事はこちら
chivsp.hatenablog.com
chivsp.hatenablog.com
chivsp.hatenablog.com
chivsp.hatenablog.com

10月

10月はメンバーの旅立ちもあり社員数が19名となりました。
そして、期が変わったということもあり、組織変更で役職が上がったメンバーがいたり、グループが変わったメンバーがいたり、会社を良くする会の会の変更などがありました。
今期の良くする会は、採用・広報・スマホアプリ作ろう会・サーバー作ろう会の計4つ。新設されたスマホアプリ作ろう会のメンバーはなんと、良くする会内最多の6名!どんなアプリができるのか今から楽しみです!
そういう私は広報とサーバーでして、サーバーをLEDで光らせることを夢見てます!(夢は叶えるもの!)

11月

11月は秋だ!府中だ!競馬祭り!が開催され、予定の合ったメンバー(10人くらい?)で東京競馬場に行きました!
初めて競馬場に行くメンバーもおり、みんなで新聞片手にワイワイとパドックを見たり、コースの内側の出店でラーメンを食べたり、いつもは聞けない上司の熱い声援を聞いたりと、とても楽しいイベントでした。
また、11月はJJUGというJavaのイベントにも私と松尾さん・船場さん・大畠さんで行きました!時期的にもちょうどJava9がリリースされた直後だったので、Java9で追加された機能の話を聞いたり、ディープラーニングの話を聞いたりととても面白いイベントでした。JJUGに行った際のことについては、松尾さん・船場さん・大畠さんでブログにまとめてくださっています!
chivsp.hatenablog.com

12月

12月は夕会後に第二回!シベスピ麻雀大会を実施しました!(第一回はいつ実施したか忘れてしまいました。。)
ほぼほぼ初心者のメンバーも参加し、教えてもらいつつワイワイと卓を囲む姿が見受けられ、一部のメンバーは朝まで死闘を繰り広げていました!
また、12月は毎年恒例の納会がありました。今年はしゃぶしゃぶ!
その他にも、業務報告会でディベートが開始されたり、最終営業日の本日は串カツパーティーが実施されるなど、イベント盛りだくさんの月となりました。

締めとして。。

転職ブース等を実施した際に、いくらその場でアピールしても、そのあとにシベスピのことを知ってもらう手段が少なすぎる!と、4月からこのブログをはじめました。
基本的にメンバー全員に記入をお願いしているのですが、中には文章を書くのが苦手なメンバーもいて、四苦八苦しながら記事を書いてくださっているのを目撃することもあったのですが、そんなメンバーの協力のおかげで、本日で6800PVを迎えることができました。
去年の1月から社員数も10名増え、どうしたらこんな面白いメンバーが集まるのだろうというぐらい、シベスピは濃いメンバーばかりですので、来年もそんなシベスピのことをもっともっと知ってもらえるよう、ブログを続けていきたいと思いますので、何卒、よろしくお願いいたします。